トップページ

自己紹介:

「なんとかさん」という名で活動しています。主にナンセンスな物語を公開しています。

作品紹介:


ナンセンス物語


郵便受けの愛   ★曲がる鼻   ★バードとボーン   ★お気に召すまま

くだらねぇ   ★いろどりじゅーす   ★おもめのしょうせつ   ★じんにん

さんぷる   ★みゃーみゃー猫魂   ★   ★でたらめフレーム

理性の悲鳴   ★トリック   ★もっと前に   ★のっぺりサンドイッチ

ある色   ★吹き出し   ★切実なチョコレート   ★ピーマンと玉ねぎのワルツ

ちょこれゐと ゐず びゅうてぃふる   ★デリケート   ★わらいばなし   ★けっかい

かびんとほこり   ★夢VS夢   ★あれとこれ   ★怪獣が

五雷食堂のカレーライス   ★短絡的思考の見本   ★疎遠な仲間達(酔っ払い?)   ★ごった煮

そうあれる瞬間   ★かちろん   ★流行らないそう   ★お約束

とことんなつ   ★扇子   ★難扇子   ★フラジャイルに囚われて

り婦人   ★ようせい   ★人力にゃんこ   ★熱さまし

流れるもの   ★あてなし   ★ノスタルジックな人形劇   ★猫のような人

じょうけんはんしゃ   ★吠える獣   ★蛇年に   ★王様は過剰装飾

ネコ話 その1   ★もしもし亀さん   ★つくしんぼう   ★おち

すりこみのーと   ★オンリー   ★だんでぃずむでいらいと   ★あめらんこりー

切れない包丁   ★張り出しケンジ   ★だきあわせベッドタウン   ★飛べるねとべる

背中で語るな   ★要素はよそう   ★話にならない話   ★虚しさの奏でる音

まっさらな   ★さるディニーニャ   ★禁じに近似   ★無内容の

はんてい   ★私という君   ★ぜんひてい   ★シーディー対いーえふ

類型A   ★何とも言えない味   ★ガラクタの町   ★あれれ

顔に酢   ★あそびたいのさ   ★オチない   ★「意味がない」という事の体験

関係ない関係   ★いやな食事会   ★ガムの思い出   ★ぐにゃにゃするもの

ありがとう畑   ★にゃんにゃんこにゃんこ   ★正気の沙汰   ★余白に込めた思い

何だ乱打   ★らいふ ゐず ちょこれゐと   ★激しく無駄な、エトセトラ   ★苺の友達

ちょっとだけメッセージ   ★アツい子   ★我々が住んでいる世界に、住んでいる、我々とは呼びたくない我々

ちょこれいと まいんど   ★ねこかわさんの動画   ★そばの蕎麦屋   ★ぐちいんふるえんす

けちょんけちょん   ★TNTな毎日   ★足りてますか?エナジー   ★馬鹿者どもの共演

ぷりいずぷりいずへるぷみい   ★ちょこれーと・りたーんず   ★ねこかわさんの動画(後)   ★気分爽快

父親として   ★「そうかい」感


ガララシリーズ:

憂いのガララ   ★流離のガララ   ★魅惑のガララ   ★眠りのガララ

お嬢様の退屈   ★運命のガララ   ★ガララの里   ★ガララ対策委員会

ガララ輸送計画   ★ガララの明日   ★ガララの旅   ★安らぎのガララ

完結


そらまちたび

                                       

完結



徒然ファンタジー

                           10   11
12   13   14   15   16   17   18   19   20
21   22   23   24   25   26   27   28   29
30   31   32   33   34   35   36   37   38
39   40   41   42   43   44   45   46   47
48   49   50   51   52   53   54   55   56
57   58   59   60   61   62   63   64   65
66   67   68   69   70   71   72   73   74
75   76   77   78   エピローグ

完結


登場人物紹介



ステテコ・カウボーイ

                  


ナンセンセンス物語(ナンセンスなんだか意味があるんだかよく分からない物語)



てつがくねこ   ★秋晴れ   ★けんりのねこ   ★ぶんがくねこ

隠れた王子   ★体験   ★あんばらんす   ★こけしに焦がれる

何でもない日   ★安眠枕   ★猫通り   ★盛るミス

こうこつねこ   ★黒い羽根   ★保管   ★タンジェントの嗤い

ねこつんでーれ   ★動きだした時   ★政治口調   ★グローバルマン

任意の戦い   ★焼き肉の日   ★擬態男子   ★ハッピーアイランド

けいさんねこ   ★かしょうねこ   ★ぐるめねこ   ★最高のパスワード

てれびねこ   ★運命はなんぞ   ★嫉妬して猫   ★春へ

別の世界で   ★ねこせらぴー   ★捧げられた変奏   ★肩慣らしに捧げる不届きものの賛歌

素敵なダイアログ   ★魔法使いメリーちゃん   ★固形物と供に   ★夕陽の答え

雪のない夏   ★いなかのまじゅつ   ★風のない日   ★微妙なステージ

いじわるにっき   ★リマーク   ★ここまで来た   一つの道

貴方へ   ★さがして


境界の店

境界の店   白い猫   現実とファンタジー   猫との戯れ   ニアミス   成長
進展   起りはじめる事   桜咲く   衝撃   コンサート終わり   朝河氏
『大宮望』   N市観光   一日の終わり   絵をめぐって   朝河氏の帰還
大掃除   「そら」   繋がる世界


完結



掌のワインディングロード

                                                                                                33   34   35   36



完結




物語: 「ATJ あなざー」

                                                                     

完結



小説: 「淡く脆い」

                              
                              
                     


完結


あとは日記を時々書いています。


twitter @nonsensky
YouTubeのアカウント
スポンサーサイト

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

ここまで

どうにかしようとする意志と、動く気になればそう動いてしまえる事による悩みというのが自分にはあったと思います。自己満足というものが、ぐうの音も出ないほどやれることは(あらん限りの工夫して)やったぞという納得によって得られるものであり、それは世界とか世とか理についての実感とセットになっているわけで、かなり深いレベルで何事かを、自分の中ではやったなという静かな喜びがあります。


と言いつつも、社会で生きるにあたって日々求められてゆくことはありますし、またその時々で出来ることも生まれてくるでしょう。


上手くは言えませんが、作品を書き続ける事に繋がってゆくのも真実かなと思います。かな?

馴染むかどうか

多分、何かの感覚的に不十分だと感じられる事があるから、というか非常に微妙な解釈を許す情報によってやや奇妙に揺れているところがあるというのをそのまま、でしょうか。


少し踏み込んでゆく、とも言い切れない感覚的な問題というか、それこそナンセンセンスとは違うけれど表現に含みを持たせて、そもそも感覚的に捉えた方が自然なのかも知れない作品があるんじゃないかなと思ったり。


その部分を「こっち」か「こっち」かで判断して進む場合には、時に別な観点から(揺り戻すように急に近く感じられて)振り返りつつ背景を知るとか長い道のりになり得るけれど。その先の方をある感覚の中では、と言いつつも、窮極的には感覚的に馴染むかという次元の問題にもなるんだろうなと思います。

きかい

昔見た夢のようなヴィジョンの事がふと思い出されました。かなり行き詰まっていた頃ですが、モノクロの世界である女性が微笑むように「機械になっちゃえばいい」と言ってきてドキッとして目が覚めたというか、はっとしました。


創作の事とかもそうですが、意味のある事とか価値のある事ってあんまり難しく考えないで、「機械」のようにやり続けていれば良いというのはある意味で本当でしょう。抵抗したくなる部分はありますが、自分の感情とか気分優先でやっていては有益ではない事もありますし、特に生産性とかは。


でもはっきりと自分が機械になったら、単純にそういう風に意味のあると思える事が無くなるんだろうなって思います。やりたいとも思えないし、やる意味を感じないからやらない。


明らかに作品を必要としているその自分の心で、作品を書きたいなと思う。というかその自分の心があるから作品が書けるというのは言い過ぎではないと思います。


それでも、あまり複雑になり過ぎずとにかく作品を書き続けられれば良いだろうなとは思うわけで、、、

「そうかい」感

『タリリ、リリナイ、タララ、ナイナイ』


そのアニメの中の絶妙に行き詰った場面で、突如覚醒して謎の呪文を唱え始めた主人公の少年。淡い光に包まれたと思いきや次の瞬間ドラゴンっぽい姿にメタモルフォーゼしているという、いかにもありがちな演出で視聴者である僕の心もにわかに踊り出したのを感じた。


「まあこうなったら安泰だろうな」


危機的状況からの大逆転は観ていて気持ちが良いもの。思わず心境が言葉になって出た。謎の集団に取り囲まれたままあえなく散ってしまうような展開は誰も観たくない。観たい人は嗜虐性が凄いと云うしかないとかいう要るのか要らないのかよく分からないフォローも、こうなったらもう事態を見守るしかないだろう。


変貌した主人公の必殺技と思われる大きく開いた口からの緑色の光線が雑魚っぽいキャラクターを焼き尽くす。悶絶しながら、


「くっそぉ…こんなところでえええ」


と断末魔の声を上げてその場に倒れ込んでしまった雑魚の姿を他のメンバーは冷や汗を掻くような顔で見つめている。<俺達もこんな風にあっけなく倒されてしまうのか…そ…そんな>という動揺が伝わる中集団の長と思われる人物はそこで、


『怯むな!!所詮はガキだぞ!!』



と団員を鼓舞し始める。普通ならここから無謀にも雑魚が挑んでいってほぼ全滅という感じになるんだろうと思い、まあそれも爽快感の要素とも言えるなと僕は思った。ところがどうもそこからの様子が『変』である。どういう風に『変』かというと、


『は?ガキでもあんな姿になったら誰でも逃亡するだろ?』


とどこかサブリーダーを思わせる強気のキャラが長に抵抗する。情けないがもっともだと思う。すると一人が「そうだ!」と言った瞬間に堰を切ったかのように他の団員がサブリーダーに同調し始める。その様子を忌々しげに見て、


『なんと情けない奴らだ!!』


と言ってしまったのが彼の運の尽き。


『そんならあんたが一人で戦えよ!』


という展開になってしまって半ばやけくそ気味に主人公に特攻してゆく長。勿論敵うわけもなく返り討ちにされて倒れ込んでしまう。そうなると余った人員は、逃げるが勝ちとばかりに一斉に森の向こうに…。



主人公が勝ったのは良いけれどどうも後味が悪い。呆気にとられてしまった僕は一度動画を停止して冷静にダイエットコーラを口に含む。<まあこういう演出も現代的でありなのかな…>と思い直したところで動画を再生する。



するとここで更に『変』な展開が…。


主人公が人間の姿に戻ったところまでは良かったのだが、何故か倒れていた2人の男がゆっくりと起き上がったのである。


「へ…?」


『へ…?』


主人公と僕の声が重なる。しかもあんだけ苦しそうに倒れたのに、やけに冷静に立ちあがったの見れば尋常ではない事が起っていると言うしかない。だが何故自分がぴんぴんしているか分らない男2人は見つめ合って首を捻っている。


『何で大丈夫なんだ?』


『さあ…?』


主人公もこうなると警戒した方がいいのか静観した方が良いのか分らなくなって身動きが取れない。


『とにかく大丈夫っぽいっすね。でも、また向かったところで同じように一時的に気絶させられたんじゃ勝ち目ないですし…』


部下らしい一言の後、面目をつぶされた長が重々しく頷いて、


『またあれを喰らったらとにかく苦しいのは確かだからな…』


と情けない一言。そして更に、


『それよりも問題は逃げたやつらの方だ。「吉岡」め…前から俺に突っかかってくると思ったらこんな時に謀反を起こしてきやがった』


とおそらくサブリーダーの名前を口にしつつ非難がましい事を言う。


『あ…そんな事があったんですね…』


真っ先にやられてその辺りの事情を知らない部下の男は『ご愁傷様です…』とばかりに気の毒そうな顔で長を見つめる。


『あ…あの…俺はどうすればいいですかね?』


この重苦しい沈黙に耐え切れなくなった主人公の少年が彼等に訊ねる。


『ああ、まあいいよ。ここからは大人の事情だ』


『いいか、坊主。幾ら道を踏み外したからって規律を乱すのだけはやめとけよ。逃げたやつは後でもっといやな目に合うんだから』


斬新な台詞を吐いて静かに歩いて森の中に消えていった2人の男を見つめている少年、と画面の外の僕。



後日僕はこのアニメを肴にして友人と語らい合っていた。



「いやね、ああいう現実的なところをファンタジー世界で見せられると確かに面白いんだけど、そりゃあねそれこそ子供の世界に大人が介入している極端な例だと思うんだよ。そもそも視聴者と製作者のメタファーというかさ」


「まあそうだけどテンプレートな悪役の方が不気味という解釈があるからな。バイ〇ンマンみたいに純粋に意地悪するだけの存在の方がもしかしたら異例だったんじゃないのかな?」



盛り上がったのは良いけれど、「爽快感」を売りにしているらしいこのアニメのコンセプトには疑問符を付けざるを得ないのであった。むしろ「そうかい」と言いたくなる感覚と、誰が上手い事を言えと。
プロフィール

なんとかさん

Author:なんとかさん
ナンセンスな物語を書くつもりです。リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
普通のカウンター
投票
無料アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR