トップページ

自己紹介:

「なんとかさん」という名で活動しています。主にナンセンスな物語を公開しています。

作品紹介:


ナンセンス物語


郵便受けの愛   ★曲がる鼻   ★バードとボーン   ★お気に召すまま

くだらねぇ   ★いろどりじゅーす   ★おもめのしょうせつ   ★じんにん

さんぷる   ★みゃーみゃー猫魂   ★   ★でたらめフレーム

理性の悲鳴   ★トリック   ★もっと前に   ★のっぺりサンドイッチ

ある色   ★吹き出し   ★切実なチョコレート   ★ピーマンと玉ねぎのワルツ

ちょこれゐと ゐず びゅうてぃふる   ★デリケート   ★わらいばなし   ★けっかい

かびんとほこり   ★夢VS夢   ★あれとこれ   ★怪獣が

五雷食堂のカレーライス   ★短絡的思考の見本   ★疎遠な仲間達(酔っ払い?)   ★ごった煮

そうあれる瞬間   ★かちろん   ★流行らないそう   ★お約束

とことんなつ   ★扇子   ★難扇子   ★フラジャイルに囚われて

り婦人   ★ようせい   ★人力にゃんこ   ★熱さまし

流れるもの   ★あてなし   ★ノスタルジックな人形劇   ★猫のような人

じょうけんはんしゃ   ★吠える獣   ★蛇年に   ★王様は過剰装飾

ネコ話 その1   ★もしもし亀さん   ★つくしんぼう   ★おち

すりこみのーと   ★オンリー   ★だんでぃずむでいらいと   ★あめらんこりー

切れない包丁   ★張り出しケンジ   ★だきあわせベッドタウン   ★飛べるねとべる

背中で語るな   ★要素はよそう   ★話にならない話   ★虚しさの奏でる音

まっさらな   ★さるディニーニャ   ★禁じに近似   ★無内容の

はんてい   ★私という君   ★ぜんひてい   ★シーディー対いーえふ

類型A   ★何とも言えない味   ★ガラクタの町   ★あれれ

顔に酢   ★あそびたいのさ   ★オチない   ★「意味がない」という事の体験

関係ない関係   ★いやな食事会   ★ガムの思い出   ★ぐにゃにゃするもの

ありがとう畑   ★にゃんにゃんこにゃんこ   ★正気の沙汰   ★余白に込めた思い

何だ乱打   ★らいふ ゐず ちょこれゐと   ★激しく無駄な、エトセトラ   ★苺の友達

ちょっとだけメッセージ   ★アツい子   ★我々が住んでいる世界に、住んでいる、我々とは呼びたくない我々

ちょこれいと まいんど   ★ねこかわさんの動画   ★そばの蕎麦屋   ★ぐちいんふるえんす

けちょんけちょん   ★TNTな毎日   ★足りてますか?エナジー   ★馬鹿者どもの共演

ぷりいずぷりいずへるぷみい   ちょこれーと・りたーんず   ねこかわさんの動画(後)   気分爽快
父親として


ガララシリーズ:

憂いのガララ   ★流離のガララ   ★魅惑のガララ   ★眠りのガララ

お嬢様の退屈   ★運命のガララ   ★ガララの里   ★ガララ対策委員会

ガララ輸送計画   ★ガララの明日   ★ガララの旅   ★安らぎのガララ

完結


そらまちたび

                                       

完結



徒然ファンタジー

                           10   11
12   13   14   15   16   17   18   19   20
21   22   23   24   25   26   27   28   29
30   31   32   33   34   35   36   37   38
39   40   41   42   43   44   45   46   47
48   49   50   51   52   53   54   55   56
57   58   59   60   61   62   63   64   65
66   67   68   69   70   71   72   73   74
75   76   77   78   エピローグ

完結


登場人物紹介



ステテコ・カウボーイ

                  


ナンセンセンス物語(ナンセンスなんだか意味があるんだかよく分からない物語)



てつがくねこ   ★秋晴れ   ★けんりのねこ   ★ぶんがくねこ

隠れた王子   ★体験   ★あんばらんす   ★こけしに焦がれる

何でもない日   ★安眠枕   ★猫通り   ★盛るミス

こうこつねこ   ★黒い羽根   ★保管   ★タンジェントの嗤い

ねこつんでーれ   ★動きだした時   ★政治口調   ★グローバルマン

任意の戦い   ★焼き肉の日   ★擬態男子   ★ハッピーアイランド

けいさんねこ   ★かしょうねこ   ★ぐるめねこ   ★最高のパスワード

てれびねこ   ★運命はなんぞ   ★嫉妬して猫   ★春へ

別の世界で   ★ねこせらぴー   ★捧げられた変奏   ★肩慣らしに捧げる不届きものの賛歌

素敵なダイアログ   ★魔法使いメリーちゃん   ★固形物と供に   ★夕陽の答え

雪のない夏   ★いなかのまじゅつ   ★風のない日   ★微妙なステージ

いじわるにっき   ★リマーク   ★ここまで来た   一つの道

貴方へ   ★さがして


境界の店

境界の店   白い猫   現実とファンタジー   猫との戯れ   ニアミス   成長
進展   起りはじめる事   桜咲く   衝撃   コンサート終わり   朝河氏
『大宮望』   N市観光   一日の終わり   絵をめぐって   朝河氏の帰還
大掃除   「そら」   繋がる世界


完結



掌のワインディングロード

                                                                                                33   34   35   36



完結




物語: 「ATJ あなざー」

                                                                     

完結



小説: 「淡く脆い」

                              
                              
                     


完結


あとは日記を時々書いています。


twitter @nonsensky
YouTubeのアカウント
スポンサーサイト

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

できること

何というか、「成り立つ」ものは成り立つんだなと思います。意気込んでハイテンションを続けようとしても一時的だったりしますが、しっかりとした裏付けというのか支えになるようなものがあればもっと長くキープできると思います。


自分がこうある事によって何が出来るかは分からないものの、何がしかの事はそれで伝えているのだと思う事があります。前に進むしかない中で、前に何かがあると思えている自分を見出す時、それは言い過ぎなんじゃないかなと躊躇う部分もありますが、でも何かを形にしたいと思うのです。


出来る事と言えば続ける事。

みぶんるい

昔書いた事の中で、プロセスとフェーズの関係があったけれど、「不変の構造」と「動きうるフェーズ」というのが程度の差異ではなくて、質の差異だとすれば、という事を思ったりした。「不変の構造」はむしろ実物というよりは物理法則のレベルで固定されている事で、存在性に関わる。「動きうるフェーズ」も長い時間固定すれば構造のようにも見えてくるけれど、何かのきっかけで崩れてゆくものという事は変わらない。資本論でいう下部構造を「動きうるフェーズ」として見ると、そこが上部に比べて安定度は高いというべきかも知れない。「動きうるフェーズ」自体にも動きやすさの程度の差異があって、プロセスとしか思えないように動いているフェーズもあると思う。


一人の人間の中でこれを語るなら、肉体的には不変の構造に近いものと、限りなくプロセスに近いもののせめぎ合いであって、精神的には社会という構造なのかフェーズなのかという判断をしつつ、生というプロセスを進めてゆくという事になるだろうか。


大きいものというか、かなり固定されているフェーズに対してのレベルをプロセスの中で動かして行こうとする場合、例えば社会的に固定化された思考に対しての批判のような事だと、根源的でもあるのでやはり難しい。ただ実際にそういう出来事というのは起こっていて、アメリカの選挙結果からの変化などは「大きい」と思われる。では社会的なニュースにならないけれど、密かに進行している劇的な変化というのも当然あると思う。個人の中で当たり前だと思っていたものがいつの間にか失われたり変わっていたりというのも、別な意味で大きいものだろう。


常に「構造だ」とか「動かしがたい状況だ」という認識がある。それを本当にそうだと思った時から既に何らかのプロセスの中にあるとすれば、そうではない状況との差異の中で動いてゆくのだろう。動かせないと割り切ってその中でどう生きるかを追求しつつも、動かそうとしている面があるのだろうか。あとは動かしがたいと思っていたものが脆いと分かった状況で、どうするかもやはり対照的に進んでゆく。もうそこを離れるか、あるいは維持して行こうとするか。


一つだけ確かなのは「動かせない」のでなければいつかは崩れて行く事があり得て、そうなった場合結果的にプロセスとして進行していたという解釈が後から為されるということである。「動かせない」、「変えられない」と理解する事があるとすればそれもまた一つの知ではあるが、物理法則でないならばやはり相対的な知であるのかも知れない。


うん。


追記:


「問い」と「思考」を中心に考える場合の見方もあるけれど、その状況の中でどう行動してゆくのかは単純にどんなものが見たいとか、どういう世界にしたいのかがあってのものだろう。ただどちらにしても、生物としての在り方は外界を認識する事によって成り立っている部分が大きく、世界をどう認識しているかによって、どう動こうかという事が変わってくる。認識を動かすものが知だとするならば、知によって間接的にどう動いてゆくかも変わるだろう。

完結

最後は少しあっさりとした書き方になってしまいましたが、『掌のワインディングロード』完結です。

掌のワインディングロード 36

その日タラちゃんは朝から引っ越しの準備を始めていた。


日曜日だった前日は競馬の開催が東京に移っていたので出掛けなかったけれど、私達はいつもの様にテレビの中継を観ながら一日の半分以上を過ごした。ところで「私達」とは言ったけれど、競馬の中継はずっと見続けていなくてもレースの時だけ集中すればいいのもあって、私は司会者と解説者がやり取りしている声をBGMのようにしながら積読になりはじめていた書籍を一つ一つ消化していっていた。


来週に実家に戻る予定だったタラちゃんは既にあのお店のバイトも辞めていて、それならばと率先して朝食を用意してくれていたり生活リズムを朝型に戻そうという努力をしているらしかった。その意味もあって月曜日の朝から準備を始めたというのもあるのだろう。


私は感心しつつもなんだか寂しい気持ちになってしまって、それを紛らわせるように昨日の読書の続きに勤しんだ。勇次もちょっとぼんやりした様子で新聞を読んでいる。するとタラちゃんの部屋から、


「あ、これいいな!!」


という弾んだ声が聞こえてきて、すぐにタラちゃんが何かを持って私の前にやってきた。


「どうしたの?」


と私が訊くとタラちゃんは嬉しそうに、


「この3冊の本、ぜんぶ競馬の小説なんですけど聡子さんに読んでもらいたいなって思って」


と言って私にその3冊の小説を手渡してくれた。


「ありがとう。興味があったの」


それぞれのタイトルをちらっと見たところでも全然聞いたことのない作家が書いたものらしく、背表紙の文を読んでも3冊とも違う視点から競馬の世界を描くものであることが分った。勿論嬉しいのだけれど、


「また積読がふえちゃった」


と私は苦笑い。すると勇次がこちらを向いて、


「聡子がまだ読まないんなら、俺が先に読もうかな。いいだろ、タラちゃん?」


と確認した。「もちろん」とタラちゃんは頷いた。そしてタラちゃんはまた自室に戻り、準備を再開したようだ。



時間は過ぎて私がその中の小説の一つに手を付け始めた日、引っ越しの業者さんが家にやって来た。それほど荷物は多くなかったので手際よくあっさりと片付いてしまったタラちゃんの部屋。何か忘れたものがないかどうか三人でアパートの中を確認して、勇次が一言。


「どうやら大丈夫みたいだな」


続けてタラちゃんが、


「ええ。本当に今までお二人にはお世話になりました。何だか名残惜しいです」


「それは私もだよ。勇次だってそう」


まもなくタラちゃんを見送らなければならなくなる。私はその前に何か伝えたい事がないか、必死に考え始めた。そうしていると三人で暮らした時間が走馬灯のように頭を駆け巡るのを感じた。春、夏、秋、冬、そして春…でもそう思い出しているうちに私はちょっと可笑しくなって笑い出してしまった。


「どうしたんですか?聡子さん」


『こういう心配そうな表情のタラちゃんを観るのも今度会った時までになってしまいそうだな』なんて考えながら私は説明した。


「うん、なんだか三人の思い出って春も夏も秋も冬も、ほとんど競馬だったなぁって思って」


「そうだよな。そればっかりじゃないんだけど、タラちゃんと一緒に過ごしていると競馬が中心になっちゃうのかもしんないな」


そう言った勇次と二人で笑いあう。タラちゃんはそれを聞いて何か複雑そう。


「僕としては、結構色んな事に挑戦したつもりだったんですけどねぇ。というか、僕はお二人と平日の午前にコンビニ行くのか行かないのかでやり取りしていたような、当たり前の事が思い出されるんですよね」


「まあそう言えばそうね。だって私達、三人で生活してきたんだもん」


そこでタラちゃんはこんな事を言った。


「僕が良かったなって思うのが、これからはお二人の新しい生活が始まるって事ですね」


これまでの付き合いでタラちゃんが何を言わんとするのかがちょっと分ってくるよう。そう、今日はタラちゃんの門出であって、私と勇次の新しい出発でもあるのだ。


「あんまり変わんないと思うぞ、たぶん」


勇次は気の利いたことを言ってくれないけれど、もしかすると照れ隠しもあるのかなと思ったり。そんなやり取りをしているととうとう別れの時がやってきた。


「じゃあ、僕そろそろ行きますね。実家で待たせてあると思うから」


「うん。行ってらっしゃい」


私はこの時、自然と「行ってらっしゃい」という言葉が出てきたとに少し驚いていた。言い直そうかなと思ったけれど勇次が、


「行ってらっしゃい」


と続けてくれたのは三人の関係性を表わすものなんじゃないかなと思ったりした。



タラちゃんが玄関から外に出る。見送りに出た私は今どんな言葉を掛ければいいのか、この時咄嗟に思いついた。


「じゃあ」


と言って向こうに歩いてゆくタラちゃんに向かって、


「タラちゃん!今日のダービートライアルの、何だっけ、そう青葉賞の本命を教えてくれないかな?」


とわざと大きい声で言った。タラちゃんは嬉しそうな表情で一度こちらを振り向いて、


「今回は騎手なんですけど、『もしかしたら』内山騎手がやってくれるかもしれません!自信はあります!!」


そう教えてくれた。再び歩き出したタラちゃんを私達は姿が見えなくなるまで見送った。そして勇次が一言。


「内山騎手のって5番人気だぞ。来るのかな?」


「じっくり観戦しましょう」


私はそう言ってリビングに戻るとまた読書を再開した。テレビから流れてくる解説の声を聞きながら。



(完)
プロフィール

なんとかさん

Author:なんとかさん
ナンセンスな物語を書くつもりです。リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
普通のカウンター
投票
無料アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR