トップページ

「なんとかさん」という名で活動しています。主にナンセンスな物語を公開しています。

作品紹介:


ナンセンス物語


郵便受けの愛   ★曲がる鼻   ★バードとボーン   ★お気に召すまま

くだらねぇ   ★いろどりじゅーす   ★おもめのしょうせつ   ★じんにん

さんぷる   ★みゃーみゃー猫魂   ★   ★でたらめフレーム

理性の悲鳴   ★トリック   ★もっと前に   ★のっぺりサンドイッチ

ある色   ★吹き出し   ★切実なチョコレート   ★ピーマンと玉ねぎのワルツ

ちょこれゐと ゐず びゅうてぃふる   ★デリケート   ★わらいばなし   ★けっかい

かびんとほこり   ★夢VS夢   ★あれとこれ   ★怪獣が

五雷食堂のカレーライス   ★短絡的思考の見本   ★疎遠な仲間達(酔っ払い?)   ★ごった煮

そうあれる瞬間   ★かちろん   ★流行らないそう   ★お約束

とことんなつ   ★扇子   ★難扇子   ★フラジャイルに囚われて

り婦人   ★ようせい   ★人力にゃんこ   ★熱さまし

流れるもの   ★あてなし   ★ノスタルジックな人形劇   ★猫のような人

じょうけんはんしゃ   ★吠える獣   ★蛇年に   ★王様は過剰装飾

ネコ話 その1   ★もしもし亀さん   ★つくしんぼう   ★おち

すりこみのーと   ★オンリー   ★だんでぃずむでいらいと   ★あめらんこりー

切れない包丁   ★張り出しケンジ   ★だきあわせベッドタウン   ★飛べるねとべる

背中で語るな   ★要素はよそう   ★話にならない話   ★虚しさの奏でる音

まっさらな   ★さるディニーニャ   ★禁じに近似   ★無内容の

はんてい   ★私という君   ★ぜんひてい   ★シーディー対いーえふ

類型A   ★何とも言えない味   ★ガラクタの町   ★あれれ

顔に酢   ★あそびたいのさ   ★オチない   ★「意味がない」という事の体験

関係ない関係   ★いやな食事会   ★ガムの思い出   ★ぐにゃにゃするもの

ありがとう畑   ★にゃんにゃんこにゃんこ   ★正気の沙汰   ★余白に込めた思い

何だ乱打   ★らいふ ゐず ちょこれゐと   ★激しく無駄な、エトセトラ   ★苺の友達

ちょっとだけメッセージ   ★アツい子   ★我々が住んでいる世界に、住んでいる、我々とは呼びたくない我々

ちょこれいと まいんど   ★ねこかわさんの動画   ★そばの蕎麦屋   ★ぐちいんふるえんす

けちょんけちょん   ★TNTな毎日   ★足りてますか?エナジー   ★馬鹿者どもの共演

ぷりいずぷりいずへるぷみい   ★ちょこれーと・りたーんず   ★ねこかわさんの動画(後)   ★気分爽快

父親として   ★「そうかい」感   ★食にまつわるエレキテル   ★迷惑行為

めんどめんど   ★超絶   ★ぎりぎりに虹   ★失敗

手に入れた経緯   ★かのデリバリーを待ち   ★都合をつけてボルドネス   ★はしごして、おくのほそみち


ガララシリーズ:

憂いのガララ   ★流離のガララ   ★魅惑のガララ   ★眠りのガララ

お嬢様の退屈   ★運命のガララ   ★ガララの里   ★ガララ対策委員会

ガララ輸送計画   ★ガララの明日   ★ガララの旅   ★安らぎのガララ

完結


そらまちたび

                                       

完結



徒然ファンタジー

                           10   11
12   13   14   15   16   17   18   19   20
21   22   23   24   25   26   27   28   29
30   31   32   33   34   35   36   37   38
39   40   41   42   43   44   45   46   47
48   49   50   51   52   53   54   55   56
57   58   59   60   61   62   63   64   65
66   67   68   69   70   71   72   73   74
75   76   77   78   エピローグ

完結


登場人物紹介



ステテコ・カウボーイ

                                          

完結


ナンセンセンス物語(ナンセンスなんだか意味があるんだかよく分からない物語)



てつがくねこ   ★秋晴れ   ★けんりのねこ   ★ぶんがくねこ

隠れた王子   ★体験   ★あんばらんす   ★こけしに焦がれる

何でもない日   ★安眠枕   ★猫通り   ★盛るミス

こうこつねこ   ★黒い羽根   ★保管   ★タンジェントの嗤い

ねこつんでーれ   ★動きだした時   ★政治口調   ★グローバルマン

任意の戦い   ★焼き肉の日   ★擬態男子   ★ハッピーアイランド

けいさんねこ   ★かしょうねこ   ★ぐるめねこ   ★最高のパスワード

てれびねこ   ★運命はなんぞ   ★嫉妬して猫   ★春へ

別の世界で   ★ねこせらぴー   ★捧げられた変奏   ★肩慣らしに捧げる不届きものの賛歌

素敵なダイアログ   ★魔法使いメリーちゃん   ★固形物と供に   ★夕陽の答え

雪のない夏   ★いなかのまじゅつ   ★風のない日   ★微妙なステージ

いじわるにっき   ★リマーク   ★ここまで来た   一つの道

貴方へ   ★さがして   ★憧れと空


境界の店

境界の店   白い猫   現実とファンタジー   猫との戯れ   ニアミス   成長
進展   起りはじめる事   桜咲く   衝撃   コンサート終わり   朝河氏
『大宮望』   N市観光   一日の終わり   絵をめぐって   朝河氏の帰還
大掃除   「そら」   繋がる世界


完結



掌のワインディングロード

                                                                                                33   34   35   36



完結




物語: 「ATJ あなざー」

                                                                     

完結



小説: 「淡く脆い」

                              
                              
                     


完結


あとは日記を時々書いています。


twitter @nonsensky
YouTubeのアカウント
スポンサーサイト

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

ステテコ・カウボーイ ⑮

満ち足りている。多分、真実なのだろう。世の中的にはこの上ない幸運の中にいる自分で、その不思議とも奇妙とも言える生活で何かを取り戻しつつあるこの頃で、自分はそれで良いんだろうなと思える時間や雰囲気が続いていって、平凡にも早川家での家事を義務のようにこなしている今は、「間違いではないな」と感じている。


だけど、それが正しいのかどうか、あるべき姿なのかどうか時々自信がなくなる。立ち直った自分の心から自然に生まれてくる気持ちは、だからこそ消し去ることが出来ないのかも知れない。


「何かをしなきゃいけないんだと思います」


夕食の時、僕は落ち着いた調子で話し始めていた。早川さんは箸を進めながらそれを静かに聞いていた。そして反応がないのかなと不安になりかけるタイミングでこう言った。


「多分、君がそう感じるからそうなんだろうね」


その一言で<ああ、早川さんはこれだけで分かるものなんだな>と言い知れぬ安心感を覚えつつも、何かその雰囲気を終わらせてしまうかもしれない言葉を僕は続けていた。


「今のままでもいいなって思えているんです。でも、だから…つまりそう思えるくらい恵まれてるって分かっちゃったから、『普通だったら』どうするのが本当なのか、浮かんできてしまうというか、その、」


なんとか彼女に正確に伝えようともがいていると不意に「ストップ」という仕草の手が視界に入って来た。


「いいよ。分かってる。そうなって欲しいとどこかで思っていなければ私は君を思いやれていない」


早川さんはそう言った。もうこれでお互い伝えたい事は伝えたような気がする。その先はひどく現実的な話があるだけで、要するに『仕事』をどうするかとかこれから何処で生きてゆくかとか、基本的すぎるところに僕が立ち返ったという事なのだ。僕は静かに頷いて、大分作りなれた甘い卵焼きに箸を伸ばす。すると早川さんが思いもかけない言葉を放つ。


「一つだけ君に言っておきたい事がある。エゴかも知れないけれど、金成くんがただ見栄とか、世間的を気にしての判断で何かを選ぶのだとしたら、私としてはそれを素直によろこべないよ。ああ、これは完全なエゴだね」


「エゴですね」



それは捉え方によってはかなりの事を意味しているのかも知れない。このタイミングでそれは『エゴ』を押し付けていると言っても過言ではない。でも、僕の中にこの生活を自らの意志で選ぶ理由があるのか、それはこのタイミングでこそ真剣に考えなければならない事である。


「じゃあ、僕も『エゴ』で本気で考えます。それで良いでしょうか」


「うん。それでいいと思う」



この期に及んでも早川さんは早川さんだった。僕は漫画家というものをよく知らなかった。才能があるからそれができる人がそれを続けているという考えがどこかにあったような気がする。けれど自分の意志でその険しいように見える道を進んで行く姿は、そういう事ばかりではなくて、何か自分との戦いを常に行っている人達なんじゃないかと、そんな風に捉えるようになっている。



『漫画』というものに何かを込める。自分を持っているからこそ、自分の作品の続きを作ってゆける。僕はこれまでの生活でそんな人の何かになれたのだろうか。



「もし、取るに足りないことを取り除いて、ただ自分が望むように生きるとしたら…」


夜中、窓の外から星空を眺めて自分に問いかける。早川さんは作業に没頭している頃だろう。


『ネットで作品への評価も可視化されるようになって、やり難くなるのか、やり易くなるのか、人それぞれだろうね』


早川さんはいつかそんなことをぼそっと呟いたような気がする。早川さんの場合はどちらだったんだろうという事を今更ながらに考える。


<この生活を続けてゆくなら、僕はどうするべきなんだろう>


いつしか僕は『甘え』ではなく、自分の意志でこの生活を真っ当なものと思えるような何かが出来ればいいんじゃないかと考え始めた。


「でも、ここにいる理由は何だ…?」


考えても考えても分からない。多分、このまま朝日が上っても分からないままだろうなと思った。



☆☆☆☆☆☆




翌日、僕はいつものように朝食を作りながら早川さんに何気ない口調を意識して告げる。


「早川さん。一晩考えましたけど、やっぱり仕事はしなきゃって思ってます」


「そうか。確かにそれはそうだね。色々な例外はあるけれど、金成くんの立場ならそうだろう」



何となく早川さんの声は諦めを伴っているように聞こえた。だからこそ僕はもっと何気ない口調で続ける。


「でも、ここで生活はしていたいんですよね。これは僕の完全な『エゴ』ですけど」


「うん…え…?」


何か自分はこの上ない爆弾発言をしているような気がする。


「え、?どういう事?ん…ごほ」


らしくなく非常に動揺しているらしい早川さん。むせてコーヒーを喉に詰まらせてしまったようで、ちょっと申し訳ない気持ちになる。


「あ、ごめんなさい。えっと、でも世間体とか常識だとか取っ払って考えてゆくと、ここで暮らしてゆくのもありなんだなって思うんですよ」



「ほぇ…?それはどういう…」



「うんとですね、僕らの世代だと『ルームシェア』って結構普通なんですよ」



という建前をあろうことか僕はここで有意義に使わせてもらった。


「あ、そういえばそういう設定を今度使おうと思ってたところなんだけど…でも…」



早川さんでさえも常識的にそれは何か奇妙なものに思えるに違いない。


「ダメですかね…」


「いや、ダメじゃないというか…ただ世代的になんか変な感じはするもので…」


「ただですね必ずしもそれだけではないというか、そう呼ばれるもののままかというと、まだ不明っていうか…」


「なんだいそりゃ?え…?」


「すいません、僕の口からはこれ以上お伝えすることはできません。まあ生活を続けていれば色々感情が生まれてくるというのは、少女漫画では王道ですよね」


「   」


絶句した後、目をきょろきょろさせて何か不安そうな表情になる早川さん。



結局僕は居候というよりは「ルームシェア」という形でこのまま同居人として生活を続けてゆきつつ、人並みに仕事を始めることにした。もしかするとそれまでよりも漫画のネタを提供するという意味では成功しているかも知れない。編集者である吉河さんが訪れた時にこれまでとはちょっと違った様子を感じ取ったらしく、


「金成さん、仕事なさってるんですか?」


と驚きの表情で僕を見ていた。仕事と言ってもバイトからだから激変はしないのだが、曲がりなりにも「アシスタント」という位置として理解していた吉河さんにとっては意外だったのかも知れない。そして、



「俊くん、コーヒー頼む」



と僕の下の名前を自然に呼んでいる早川さん…『可換環』という漫画家さんの雰囲気の変化をもしかすると感じ取っているのかも知れない。



(完)

単純に見えて

出来るかぎりの事をしていたいと思って過ごしています。「こう」と
思う方向に動くように続けてきた事がいくつかありましたが、色々難
しいという事が分かってくると『次善』というような判断で出来るか
ぎりの事をしてゆくという方針に自然になっていくようです。


こういう時代になって敢えてまだブログで書いてゆく理由はだんだん
とぼんやりしてきそうになるものの、少なくとも書いている間は「そ
の方向に進んでいる」という気がしてきますし、今の自分が『進める』
と感じていること、そしてそういう自分が『ある』という事が何より
の証明になっている事を感じるという話なのです。



相変わらずタイミングと巡り合わせで「行けそうで行けない」というの
と「行けてしまった」という事がある日々です。もう少し何かができて
いれば何かを繋いだかも知れないと思ったり、(物理的に精神的に)そ
うにしかならないという事が実感されたり、作品ができるのもある種の
「必然」なんじゃないかと思えてくることもあります。




テンションというのは意外と嘘をつきません。気合が入ったままでいら
れるなら可能なのだとしても保ち続けるのは容易でなかったり、保ち続
けられない、或いは保つ必要性がない事に思い至ったり…



保ち続けられないのか、必要性がないという判断なのか、その辺りは難し
いような気がします。そもそもそのテンションを「保とう」というのも理
由があってのものならば、理由がなくなれば起こらない意志です。



だんだんと自分の態度が決まってきています。単純に見えて結構、紆余曲
折の末という、そんなものなのでしょうか。

こちらで

気付いた時には何かを選んでしまっていて、今日が分岐点になったような気がします。方向性は決まったと思います。

粘り

微妙に何かを掴んだような気がします。自分と思う自分で動いてゆくという事に対して、生理的な次元から考えていって、「動かす」という事の何かに思い至りました。


粘れるところまでは粘ります。
プロフィール

なんとかさん

Author:なんとかさん
ナンセンスな物語を書くつもりです。リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
普通のカウンター
投票
無料アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR