FC2ブログ

トップページ

「なんとかさん」という名で活動しています。主にナンセンスな物語を公開しています。

作品紹介:


ナンセンス物語


郵便受けの愛   ★曲がる鼻   ★バードとボーン   ★お気に召すまま

くだらねぇ   ★いろどりじゅーす   ★おもめのしょうせつ   ★じんにん

さんぷる   ★みゃーみゃー猫魂   ★   ★でたらめフレーム

理性の悲鳴   ★トリック   ★もっと前に   ★のっぺりサンドイッチ

ある色   ★吹き出し   ★切実なチョコレート   ★ピーマンと玉ねぎのワルツ

ちょこれゐと ゐず びゅうてぃふる   ★デリケート   ★わらいばなし   ★けっかい

かびんとほこり   ★夢VS夢   ★あれとこれ   ★怪獣が

五雷食堂のカレーライス   ★短絡的思考の見本   ★疎遠な仲間達(酔っ払い?)   ★ごった煮

そうあれる瞬間   ★かちろん   ★流行らないそう   ★お約束

とことんなつ   ★扇子   ★難扇子   ★フラジャイルに囚われて

り婦人   ★ようせい   ★人力にゃんこ   ★熱さまし

流れるもの   ★あてなし   ★ノスタルジックな人形劇   ★猫のような人

じょうけんはんしゃ   ★吠える獣   ★蛇年に   ★王様は過剰装飾

ネコ話 その1   ★もしもし亀さん   ★つくしんぼう   ★おち

すりこみのーと   ★オンリー   ★だんでぃずむでいらいと   ★あめらんこりー

切れない包丁   ★張り出しケンジ   ★だきあわせベッドタウン   ★飛べるねとべる

背中で語るな   ★要素はよそう   ★話にならない話   ★虚しさの奏でる音

まっさらな   ★さるディニーニャ   ★禁じに近似   ★無内容の

はんてい   ★私という君   ★ぜんひてい   ★シーディー対いーえふ

類型A   ★何とも言えない味   ★ガラクタの町   ★あれれ

顔に酢   ★あそびたいのさ   ★オチない   ★「意味がない」という事の体験

関係ない関係   ★いやな食事会   ★ガムの思い出   ★ぐにゃにゃするもの

ありがとう畑   ★にゃんにゃんこにゃんこ   ★正気の沙汰   ★余白に込めた思い

何だ乱打   ★らいふ ゐず ちょこれゐと   ★激しく無駄な、エトセトラ   ★苺の友達

ちょっとだけメッセージ   ★アツい子   ★我々が住んでいる世界に、住んでいる、我々とは呼びたくない我々

ちょこれいと まいんど   ★ねこかわさんの動画   ★そばの蕎麦屋   ★ぐちいんふるえんす

けちょんけちょん   ★TNTな毎日   ★足りてますか?エナジー   ★馬鹿者どもの共演

ぷりいずぷりいずへるぷみい   ★ちょこれーと・りたーんず   ★ねこかわさんの動画(後)   ★気分爽快

父親として   ★「そうかい」感   ★食にまつわるエレキテル   ★迷惑行為

めんどめんど   ★超絶   ★ぎりぎりに虹   ★失敗

手に入れた経緯   ★かのデリバリーを待ち   ★都合をつけてボルドネス   ★はしごして、おくのほそみち

楽しく踊る   ★立て掛けて窓際   ★よく分からない絆   ★吉岡家の食卓~肉喰いジルバ~

安定C


ガララシリーズ:

憂いのガララ   ★流離のガララ   ★魅惑のガララ   ★眠りのガララ

お嬢様の退屈   ★運命のガララ   ★ガララの里   ★ガララ対策委員会

ガララ輸送計画   ★ガララの明日   ★ガララの旅   ★安らぎのガララ

完結


そらまちたび

                                       

完結



徒然ファンタジー

                           10   11
12   13   14   15   16   17   18   19   20
21   22   23   24   25   26   27   28   29
30   31   32   33   34   35   36   37   38
39   40   41   42   43   44   45   46   47
48   49   50   51   52   53   54   55   56
57   58   59   60   61   62   63   64   65
66   67   68   69   70   71   72   73   74
75   76   77   78   エピローグ

完結


登場人物紹介



ステテコ・カウボーイ

                                          

完結


ナンセンセンス物語(ナンセンスなんだか意味があるんだかよく分からない物語)



てつがくねこ   ★秋晴れ   ★けんりのねこ   ★ぶんがくねこ

隠れた王子   ★体験   ★あんばらんす   ★こけしに焦がれる

何でもない日   ★安眠枕   ★猫通り   ★盛るミス

こうこつねこ   ★黒い羽根   ★保管   ★タンジェントの嗤い

ねこつんでーれ   ★動きだした時   ★政治口調   ★グローバルマン

任意の戦い   ★焼き肉の日   ★擬態男子   ★ハッピーアイランド

けいさんねこ   ★かしょうねこ   ★ぐるめねこ   ★最高のパスワード

てれびねこ   ★運命はなんぞ   ★嫉妬して猫   ★春へ

別の世界で   ★ねこせらぴー   ★捧げられた変奏   ★肩慣らしに捧げる不届きものの賛歌

素敵なダイアログ   ★魔法使いメリーちゃん   ★固形物と供に   ★夕陽の答え

雪のない夏   ★いなかのまじゅつ   ★風のない日   ★微妙なステージ

いじわるにっき   ★リマーク   ★ここまで来た   一つの道

貴方へ   ★さがして   ★憧れと空   ★頼もしい何か   ★何処かに何かを

なっしんぐ   ★ナイーブな曇り   ★そんな世界を   ★こんなコーヒーのCMがあったら

だけど、それは   ★花火を見に


境界の店

境界の店   白い猫   現実とファンタジー   猫との戯れ   ニアミス   成長
進展   起りはじめる事   桜咲く   衝撃   コンサート終わり   朝河氏
『大宮望』   N市観光   一日の終わり   絵をめぐって   朝河氏の帰還
大掃除   「そら」   繋がる世界


完結



掌のワインディングロード

                                                                                                33   34   35   36



完結




物語: 「ATJ あなざー」

                                                                     

完結



小説: 「淡く脆い」

                              
                              
                     


完結


あとは日記を時々書いています。


twitter @nonsensky
YouTubeのアカウント
スポンサーサイト

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

もうすぐ

<何をしたものか>とほんの少し思う朝。猫に触れ合いたさが昨夜くらいから高まっていて、いつもとは違う場所とデバイスと体勢で書いている。名前を呼ぶと尻尾を振ってくれるという意思疎通でも、それが妙に嬉しい心境もある。低気圧と高湿度ゆえの身体の反応鈍さも関係するのか、普段より思い浮かぶことが少ない。


面白いこととか良いものは探せばあると思っていても、この気力でたどり着けるところにあるのかどうか…という発想は確率論とか期待値として捉えてもいいもので、漠然と欲する「良いもの」は遠くに分布してそうな感覚である。すると身近な愛猫に視線がついつい行ってしまう。それでいいんじゃないだろうかと思う一方で、それだけでは何か物足りなくも感じてしまう。


今日は暦で「処暑」と呼ばれる時期らしい。秋はもうすぐというところで、気持ちを盛り立てるということではないのかも知れない。それでも気持ちはまだ外に向けていたい心境である。


不思議な

許された柔らかい心地を味わう。今日はおそらくそんな日である。いつの間にやら厚い雲が空を覆っていて、気のせいなのか静かに感じられてくる。先ほど車で買い物に出かけた時に掛けていたパスピエの『ネオンと虎』という曲の印象がじっくりと残る。



目には見えない何かの存在が、その存在を感じさせていると言いたくなるような心地。雰囲気と言えばそれまでだけれど、物理的にそこに在る物だけになってしまうと多分感じ難いだろうなと思う。『印象に残っている』それ自体がもう、一つの存在であるかのよう。



そんな事を考えつつ、今という時に向き合う。実際は『何かを見出そう』としているのかも知れないけれど、ひどく曖昧なものに思えてくる。本当にそうなのかも知れない。



本当のところは「希望なのか、不安なのか」ひどく曖昧なものだと思う。それでも、そういう世界でこそ意味を持つ何かが自分には見えているというのも不思議な話である。

数を

予報では天気が目まぐるしく変わるという事だったと認識しているのだが、今のところ晴れ間が少し見えると曇るという具合にどちらかというと曇りがちという印象。蝉はまだ幾らかは元気に鳴いていて、早いところでは学校も始まっているというニュースをこの間見た。


朝起きてから無意識に『朗報』を探している自分がいる。良いこともあれば悪いこともあるのが世の常だけれど、その日に自分の努力で蓄積できるくらいの意欲は欲しいし、手っ取り早く流れてくる良いニュースがあればと思う事は多い。けれど即座に良さを理解できる情報だけではなく、きちんと自分の思考を加えたうえで『良い』と判断できるくらいの粗さの情報の中を探すのが理想と言えば理想だ。



そういうレベルの話になってくると労力は必要で、そのエネルギーはどこからという込み入った論理になってくる。日常的な事ではこの辺りの意識で行けるところを『最善』としておくのがよいと思っている。



自分が出来る事で「作品」として良いものを出して行ければいいだろうし、時々だけれど求められているとすればそういう事なんだろうなと感じたりする。何より自分の中にあるこの『能動的』に『試行』を繰り返す力は確かに『数』を打たせていて、それなりに頼もしいと思われることがある。自分の為にもこれは大事だと思う。

火曜のよう

午後になって雨が降り出す。夏もそろそろ終わりなのかなと思う時期で、少し前に花火を見に行った事が一番夏らしい事だったのかとも思う。うまい具合にモチベーションを上げてゆければもう少し何かができそうな感覚はあるものの、インプットのバリエーションを増やしたいところ。



「微妙な日」と言えばそうかも知れない。書店に行って目に留まる本も何となくじめっとしているというか、一言で言ってしまえば爽やかさがない。ともすれば「引きずられそう」な空気というか致し方なさがあって、それを一旦認識した上で何処かに活路を見出していけるのなら理想である。



★★★★★



続きが思い浮かばないまま時間が過ぎて、いつの間にか雨が止んでいる。甘いものを少し摂取して、勉強をするのが一番いいかなと感じた。


追記:

色々読んでいるうちにこれは『想像力が広がり難い』という状態なのだなと気付く。それはそれで実際に見ているものを鑑賞するには丁度いい。この天気で妙に『天気の子』が気になってきたり、映画館の雰囲気が恋しくなっている。
プロフィール

なんとかさん

Author:なんとかさん
ナンセンスな物語を書くつもりです。リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
普通のカウンター
投票
無料アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR