FC2ブログ

トップページ

「なんとかさん」という名で活動しています。主にナンセンスな物語を公開しています。

作品紹介:


ナンセンス物語


郵便受けの愛   ★曲がる鼻   ★バードとボーン   ★お気に召すまま

くだらねぇ   ★いろどりじゅーす   ★おもめのしょうせつ   ★じんにん

さんぷる   ★みゃーみゃー猫魂   ★   ★でたらめフレーム

理性の悲鳴   ★トリック   ★もっと前に   ★のっぺりサンドイッチ

ある色   ★吹き出し   ★切実なチョコレート   ★ピーマンと玉ねぎのワルツ

ちょこれゐと ゐず びゅうてぃふる   ★デリケート   ★わらいばなし   ★けっかい

かびんとほこり   ★夢VS夢   ★あれとこれ   ★怪獣が

五雷食堂のカレーライス   ★短絡的思考の見本   ★疎遠な仲間達(酔っ払い?)   ★ごった煮

そうあれる瞬間   ★かちろん   ★流行らないそう   ★お約束

とことんなつ   ★扇子   ★難扇子   ★フラジャイルに囚われて

り婦人   ★ようせい   ★人力にゃんこ   ★熱さまし

流れるもの   ★あてなし   ★ノスタルジックな人形劇   ★猫のような人

じょうけんはんしゃ   ★吠える獣   ★蛇年に   ★王様は過剰装飾

ネコ話 その1   ★もしもし亀さん   ★つくしんぼう   ★おち

すりこみのーと   ★オンリー   ★だんでぃずむでいらいと   ★あめらんこりー

切れない包丁   ★張り出しケンジ   ★だきあわせベッドタウン   ★飛べるねとべる

背中で語るな   ★要素はよそう   ★話にならない話   ★虚しさの奏でる音

まっさらな   ★さるディニーニャ   ★禁じに近似   ★無内容の

はんてい   ★私という君   ★ぜんひてい   ★シーディー対いーえふ

類型A   ★何とも言えない味   ★ガラクタの町   ★あれれ

顔に酢   ★あそびたいのさ   ★オチない   ★「意味がない」という事の体験

関係ない関係   ★いやな食事会   ★ガムの思い出   ★ぐにゃにゃするもの

ありがとう畑   ★にゃんにゃんこにゃんこ   ★正気の沙汰   ★余白に込めた思い

何だ乱打   ★らいふ ゐず ちょこれゐと   ★激しく無駄な、エトセトラ   ★苺の友達

ちょっとだけメッセージ   ★アツい子   ★我々が住んでいる世界に、住んでいる、我々とは呼びたくない我々

ちょこれいと まいんど   ★ねこかわさんの動画   ★そばの蕎麦屋   ★ぐちいんふるえんす

けちょんけちょん   ★TNTな毎日   ★足りてますか?エナジー   ★馬鹿者どもの共演

ぷりいずぷりいずへるぷみい   ★ちょこれーと・りたーんず   ★ねこかわさんの動画(後)   ★気分爽快

父親として   ★「そうかい」感   ★食にまつわるエレキテル   ★迷惑行為

めんどめんど   ★超絶   ★ぎりぎりに虹   ★失敗

手に入れた経緯   ★かのデリバリーを待ち   ★都合をつけてボルドネス   ★はしごして、おくのほそみち   ★楽しく踊る


ガララシリーズ:

憂いのガララ   ★流離のガララ   ★魅惑のガララ   ★眠りのガララ

お嬢様の退屈   ★運命のガララ   ★ガララの里   ★ガララ対策委員会

ガララ輸送計画   ★ガララの明日   ★ガララの旅   ★安らぎのガララ

完結


そらまちたび

                                       

完結



徒然ファンタジー

                           10   11
12   13   14   15   16   17   18   19   20
21   22   23   24   25   26   27   28   29
30   31   32   33   34   35   36   37   38
39   40   41   42   43   44   45   46   47
48   49   50   51   52   53   54   55   56
57   58   59   60   61   62   63   64   65
66   67   68   69   70   71   72   73   74
75   76   77   78   エピローグ

完結


登場人物紹介



ステテコ・カウボーイ

                                          

完結


ナンセンセンス物語(ナンセンスなんだか意味があるんだかよく分からない物語)



てつがくねこ   ★秋晴れ   ★けんりのねこ   ★ぶんがくねこ

隠れた王子   ★体験   ★あんばらんす   ★こけしに焦がれる

何でもない日   ★安眠枕   ★猫通り   ★盛るミス

こうこつねこ   ★黒い羽根   ★保管   ★タンジェントの嗤い

ねこつんでーれ   ★動きだした時   ★政治口調   ★グローバルマン

任意の戦い   ★焼き肉の日   ★擬態男子   ★ハッピーアイランド

けいさんねこ   ★かしょうねこ   ★ぐるめねこ   ★最高のパスワード

てれびねこ   ★運命はなんぞ   ★嫉妬して猫   ★春へ

別の世界で   ★ねこせらぴー   ★捧げられた変奏   ★肩慣らしに捧げる不届きものの賛歌

素敵なダイアログ   ★魔法使いメリーちゃん   ★固形物と供に   ★夕陽の答え

雪のない夏   ★いなかのまじゅつ   ★風のない日   ★微妙なステージ

いじわるにっき   ★リマーク   ★ここまで来た   一つの道

貴方へ   ★さがして   ★憧れと空   ★頼もしい何か


境界の店

境界の店   白い猫   現実とファンタジー   猫との戯れ   ニアミス   成長
進展   起りはじめる事   桜咲く   衝撃   コンサート終わり   朝河氏
『大宮望』   N市観光   一日の終わり   絵をめぐって   朝河氏の帰還
大掃除   「そら」   繋がる世界


完結



掌のワインディングロード

                                                                                                33   34   35   36



完結




物語: 「ATJ あなざー」

                                                                     

完結



小説: 「淡く脆い」

                              
                              
                     


完結


あとは日記を時々書いています。


twitter @nonsensky
YouTubeのアカウント
スポンサーサイト

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

囚われに

間違いとすら言えない選択の向こう。朧げな記憶と夢の中の情景がまだ導いている。囚われている何かから抜け出すのも何かへの囚われのようであって、絶え間なくやってくる現実に花の名前さえ通り過ぎてゆく。胡乱な話で、迂闊な想いで、疎んじてさえいる乾いた日々に、それでも瑞々しいエキスのような悪戯な心が、演じさえする。


儚いもの。間に合わせの言葉では干からびてしまう。それが幻想ではないなら、散りばめられた祝福だ。そう言い聞かせるように、心は跡を追う。そんな事。

面倒臭さと

もはや何と言っていいか分からない心境。全ての感情を客観的に捉えつつ、それでいてまとめ上げるような気力が自分にある事に驚いている。


色んな矛盾や理不尽を感じつつも、それでも誠実でありたい気持ちは無くならない。フェイクのような言説が自分を苛むかのように巡ってきても、結局自分の能力を出し切って、可能な限り意識的である事が自分にできる限られた事のようでもあり、フェイクの奥に潜んでいて、さらに言えば折り畳まれさえしている熱い部分を自分で感じていたい。


それが真実であるような気もしている。全てではないかも知れないけれど少なくとも気の遠くなるような自分との約束があって、それがしかも相対化されてしまうほどの何かがあって、困惑があって、それでも本気でいたくて。



結局はその面倒臭い真実に誠実に向き合うかどうかなのだ。その上でその時々で出せる最善を続けてゆく。

保留から

自分が今居る地点というべきなのか、何かがあっての位置関係からくる今の地点
と詳しく言うべきなのか、ともかくそういう何かが意識される。すごく完成され
ているようであって誤差の範囲で取り逃がしがあって、時々それが析出してくる
感じ。



総合的な視点で言えば「こうだ」という雰囲気、解釈がある。けれど個々の具体
的な情報や例からそれを導けるかというと酷く技術的になってしまいそうでもあ
る。


『予定調和』というよりも、論理的に考えてゆくとある結論に達するという意味
での必然がそこにはあるような気がする。おそらく真実の姿からの解釈の『ブレ
』があって、情報としても日々精査されてゆく中で削ぎ落されたものがぴったり
はまってゆくと「こうだ」という全体になるのかなとも思う。




むしろその「こうだ」という方を前提として行動してゆく意識はある。そこは既に
動き始めていて、否定というよりは『保留』の部分がちょっとずつ流れて行ってい
るという感じ。

とさえ

失われやすいものを留めようとしている。それ自体難しい事で、失われやすいものを感じる側からそれを取り逃がさないようにする強い想いが湧き上がってくる。


実際、その想いがそのまま失われやすいものを表現しているようでもある。郷愁とも新鮮さとも違う、捉えどころのないしっとりとした夢のような、そんな休日の午前を過ごした。



距離感がそのまま言葉になる。難しさの前で、それでも何かにしようとする、言葉になり得なかった情熱。そう言ってしまえばそうで、本当はもっと何かになるはずだった、とさえ思えて。
プロフィール

なんとかさん

Author:なんとかさん
ナンセンスな物語を書くつもりです。リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
普通のカウンター
投票
無料アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR