トップページ

自己紹介:

「なんとかさん」という名で活動しています。主にナンセンスな物語を公開しています。

作品紹介:


ナンセンス物語


郵便受けの愛   ★曲がる鼻   ★バードとボーン   ★お気に召すまま

くだらねぇ   ★いろどりじゅーす   ★おもめのしょうせつ   ★じんにん

さんぷる   ★みゃーみゃー猫魂   ★   ★でたらめフレーム

理性の悲鳴   ★トリック   ★もっと前に   ★のっぺりサンドイッチ

ある色   ★吹き出し   ★切実なチョコレート   ★ピーマンと玉ねぎのワルツ

ちょこれゐと ゐず びゅうてぃふる   ★デリケート   ★わらいばなし   ★けっかい

かびんとほこり   ★夢VS夢   ★あれとこれ   ★怪獣が

五雷食堂のカレーライス   ★短絡的思考の見本   ★疎遠な仲間達(酔っ払い?)   ★ごった煮

そうあれる瞬間   ★かちろん   ★流行らないそう   ★お約束

とことんなつ   ★扇子   ★難扇子   ★フラジャイルに囚われて

り婦人   ★ようせい   ★人力にゃんこ   ★熱さまし

流れるもの   ★あてなし   ★ノスタルジックな人形劇   ★猫のような人

じょうけんはんしゃ   ★吠える獣   ★蛇年に   ★王様は過剰装飾

ネコ話 その1   ★もしもし亀さん   ★つくしんぼう   ★おち

すりこみのーと   ★オンリー   ★だんでぃずむでいらいと   ★あめらんこりー

切れない包丁   ★張り出しケンジ   ★だきあわせベッドタウン   ★飛べるねとべる

背中で語るな   ★要素はよそう   ★話にならない話   ★虚しさの奏でる音

まっさらな   ★さるディニーニャ   ★禁じに近似   ★無内容の

はんてい   ★私という君   ★ぜんひてい   ★シーディー対いーえふ

類型A   ★何とも言えない味   ★ガラクタの町   ★あれれ

顔に酢   ★あそびたいのさ   ★オチない   ★「意味がない」という事の体験

関係ない関係   ★いやな食事会   ★ガムの思い出   ★ぐにゃにゃするもの

ありがとう畑   ★にゃんにゃんこにゃんこ   ★正気の沙汰   ★余白に込めた思い

何だ乱打   ★らいふ ゐず ちょこれゐと   ★激しく無駄な、エトセトラ   ★苺の友達

ちょっとだけメッセージ   ★アツい子   ★我々が住んでいる世界に、住んでいる、我々とは呼びたくない我々

ちょこれいと まいんど   ★ねこかわさんの動画   ★そばの蕎麦屋   ★ぐちいんふるえんす

けちょんけちょん   ★TNTな毎日   ★足りてますか?エナジー   ★馬鹿者どもの共演

ぷりいずぷりいずへるぷみい   ★ちょこれーと・りたーんず   ★ねこかわさんの動画(後)   ★気分爽快

父親として   ★「そうかい」感   ★食にまつわるエレキテル   ★迷惑行為

めんどめんど   ★超絶   ★ぎりぎりに虹   ★失敗

手に入れた経緯


ガララシリーズ:

憂いのガララ   ★流離のガララ   ★魅惑のガララ   ★眠りのガララ

お嬢様の退屈   ★運命のガララ   ★ガララの里   ★ガララ対策委員会

ガララ輸送計画   ★ガララの明日   ★ガララの旅   ★安らぎのガララ

完結


そらまちたび

                                       

完結



徒然ファンタジー

                           10   11
12   13   14   15   16   17   18   19   20
21   22   23   24   25   26   27   28   29
30   31   32   33   34   35   36   37   38
39   40   41   42   43   44   45   46   47
48   49   50   51   52   53   54   55   56
57   58   59   60   61   62   63   64   65
66   67   68   69   70   71   72   73   74
75   76   77   78   エピローグ

完結


登場人物紹介



ステテコ・カウボーイ

                        


ナンセンセンス物語(ナンセンスなんだか意味があるんだかよく分からない物語)



てつがくねこ   ★秋晴れ   ★けんりのねこ   ★ぶんがくねこ

隠れた王子   ★体験   ★あんばらんす   ★こけしに焦がれる

何でもない日   ★安眠枕   ★猫通り   ★盛るミス

こうこつねこ   ★黒い羽根   ★保管   ★タンジェントの嗤い

ねこつんでーれ   ★動きだした時   ★政治口調   ★グローバルマン

任意の戦い   ★焼き肉の日   ★擬態男子   ★ハッピーアイランド

けいさんねこ   ★かしょうねこ   ★ぐるめねこ   ★最高のパスワード

てれびねこ   ★運命はなんぞ   ★嫉妬して猫   ★春へ

別の世界で   ★ねこせらぴー   ★捧げられた変奏   ★肩慣らしに捧げる不届きものの賛歌

素敵なダイアログ   ★魔法使いメリーちゃん   ★固形物と供に   ★夕陽の答え

雪のない夏   ★いなかのまじゅつ   ★風のない日   ★微妙なステージ

いじわるにっき   ★リマーク   ★ここまで来た   一つの道

貴方へ   ★さがして


境界の店

境界の店   白い猫   現実とファンタジー   猫との戯れ   ニアミス   成長
進展   起りはじめる事   桜咲く   衝撃   コンサート終わり   朝河氏
『大宮望』   N市観光   一日の終わり   絵をめぐって   朝河氏の帰還
大掃除   「そら」   繋がる世界


完結



掌のワインディングロード

                                                                                                33   34   35   36



完結




物語: 「ATJ あなざー」

                                                                     

完結



小説: 「淡く脆い」

                              
                              
                     


完結


あとは日記を時々書いています。


twitter @nonsensky
YouTubeのアカウント
スポンサーサイト

テーマ : オリジナル小説
ジャンル : 小説・文学

自然に肯定している部分

意識をして「こう」と思う方向とか側に動いているから感じる事ですが、意識を
することなく自然にそのように肯定していて気持ちが入っている事についての安
定感が頼もしいなと思います。好きで歌詞がイメージしやすい曲を歌っている時
には無理をしなくても声が出たりしますが、更に言えばアーティストの生き方に
対するリスペクトがあったりするとスッと入ってゆけるという例があります。



案外気持ちというのは表面だけのものではなく、奥にある蓄積されたもののが自
然に顕れていると考えるのも正しいのかも知れません。とはいえ表面にある自然
には入ってゆけない部分こそが新鮮であり表現したい実情であるのも確かで、作
品としては『そこに表現されている内容』に向き合うのが正解でも、自分のその
内容対する意識も当然あるわけですし、それを考えないようにというだけでは上
手く行かないのかもなと思います(場合によっては「役者」になってしまうでし
ょう)。



「こう」と思う方向に向かおうとするというのも一つの意志ですし、逆に特に意
識はしていないでする場合には素朴といえるのですが、「こう」と思う方向に動
いてきた結果や効果というのはどこかに刻まれていると思うのです。はっきりと
ではなくても、そうしなかった場合には辿り着けなかった事に思い至ったりとか
。そういうものを大事にするというのもいいのかなと思います。


追記:


『ナンセンセンス』で書いたこととも繋がってきますが、「感覚的に動く」というのも
「意識する」わけです。意識の方は意外とはっきりと「言語」で理論的に捉えられ
るものを好むというかそちらの方が再現性は高いと思うのですが、では「感覚」と
ざっくり言ってしまってそこに任せるべき事とまだ意識してなるべく確実にしようと
する部分を上手く協調させられないか、という…

そういうのも含めて意識的にやろうとするとギリギリ『意識』できるような感じですね。

選ぶことと選ばないこと

「ある方向性」とか、「こう」と思うイメージに合致している何かを選択したり、逆にそこから遠いものを倦厭したりという意思表示や選択は間接的にですが何かを近付けているのだろうと思います。


前者については中々合致するものはない場合が多いですし、常にそういうものを意識的に探すのも難しくあります。そもそもそういう選択にしても間接的にしか思われないですが、更に後者となればもはや無意識的にやっている事でしかないのかも知れません。



できる範囲で、そうする気持ちがある程度に合わせて意識的に選んでみるというのが現実的でしょうね。そして恐らくはこういうこと自体を忘れてしまうたびに自分に想起させるような定期的な何かが必要なのでしょう。

活かし方

体力というよりは意欲がポイントになっている事があります。もちろん体力があるに越した事はないのですが、能動的に動き続けられるかが重要な事については体力が有り余っていてもやる気になれないと動き出せない場合もあります。


意識的、能動的に「こうだ」というイメージの方向に動き続けているのを習慣にしてみるからですが、さすがに疲労してくるともはや意識に上らせる事も難しくなってきます。この場合には体力がポイントなのかも知れません。


イメージを取り戻させ易くする工夫まで考えてゆくともう殆どできる事は全てやっているなという感じがありますが、そうして用意するものがどこからかそれ自体作品的になってゆきます。今のネット環境とかスマホのような文明の利器があるからこそ情報が維持しやすくなっている面があるのだとしたら、活かし方の模索はしていけるように思えます。

真実と思うことに

時折凄味を感じる事があります。人と接していてとか創作物を見て、ここまで「迫って」ゆけるものなのかと。けれど一方で自分も必死に追ってきたものはありますし、作品であれこのようにしてであれ、ギリギリの線で続けているような時もあります。


真実に対して誠実である事と、あくまで良識を失わない事を続けて行った場合に遭遇する理不尽の中に実は内容があると感じます。もしかするとまるで違う前提で動いているようなこともあり得るのか、と思いたくなるほどの理不尽さがあって結局それをどう解釈するのかで世界観すら違ってきますが、良識から始める事を放棄したとしても上手く捉えられるとは限りません。むしろ解釈から考えられる可能性の否定を通じてしか迫れない領域があるんじゃないかと思うのです。


実際のところ知りたいことについては、知らないままでも生きて行けるのが割と本当のところで、何はともあれ生きて行けるなら良いという事がある意味の真実なら、もしかすると当人としては知らないままに無意識的に処理して他者が受け取っているものの中に何かの真実が積み重なっているのかもと、、、それは果たして妄想でしょうか、或いはただ考えすぎのレベルのことでしょうか。何にしても真実だと思っている事は表面上は取り繕えてもどこかには現れてしまうものです。
プロフィール

なんとかさん

Author:なんとかさん
ナンセンスな物語を書くつもりです。リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
普通のカウンター
投票
無料アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR