FC2ブログ

ナンセンスとそれから

物語を書くつもりです。リンクフリーです。

平日モード

Posted by なんとかさん on   0  0

雨天が続いている。福島県らしい緑の多い地区に住んでいて、雲の色で緑がより強調されているような感じにも見える。こんな天気でも猫は庭に出たがる。出さないと出さないで不満の鳴き声を発するので大して動こうとしない猫を見守りつつ玄関にて文章を考え始める。


都知事選の結果を受けて「まあそんなものだろうな」と感じたのは自分だけではあるまい。タイミングの問題というのは毎回考慮されるけれど、本当に去年と今は何もかも違うような気がしてしまう。


個人的に頑張ろうと思う部分があるが、そこも「頑張り方」がまず以前と違うような気がする。多くの事に想像力が要求される状況になってからは、


<この考えと、この想像は合っているのか(正しいのか)?>


という感覚が残り続け、理屈とか論理で考えればそうなってゆくのだろうという事についても『間』を実際に確認できないという事は『高度』なのは確かで、やはり身近なものに気持ちが向かってゆくようだ。活動に対してそれなりにレスポンスはあったりするわけで、そこで何かを再確認する…というような事も多くなったように感じる。『なんとかさん』という自分と普段の自分自身との微妙な違いがやや不思議な感じに思えている。



何にしても平日は平日のモードで積み重ねる。


スポンサーサイト



ゲームに

Posted by なんとかさん on   0  0

日々の生活の中に占めるゲームの割合と重要性が高まっている。これは個人的な話ではあるものの、ある程度それは共通するような気さえしている。


自粛しているという事ではなく、自分がどうにか出来る事ではない話題に意識を持って行かれるよりはゲームでハイスコアを狙うような方向に持ってゆくと捗る事も多いように感じる。メンタルを健康な方に保つという事を考えてゆく場合、『やり過ごす』という事を考える場合にもゲームというのはこういう状況だと武器でさえあるのかも知れない。



勿論、意識の『真面目な方』は別の時間に勉強を行っているし、時々創作の事も考える。そういうバランスがあってこそとは思うが、家庭でもふとした瞬間に議論になりがちという事を考えれば逆説的ではあるがゲームはポジティブなもののように思われる。




平常時…であるならそこで培われた価値観的に良くないと見做す考えもあるのはそうなのだが、『今』の状況下において思考をしてゆくとその価値観を変えても良いと思う。というよりも、真面目な側の読書も真面目にやってゆくと理系の方にシフトしてゆくし、自分みたいに英語の辞書を毎日10ページずつ読んでいったとしてもそれが健全な姿だろうか?



もっとも『今』という状況でさまざまな事を勘案してゆくとシンプルにゲームで良いという結論になるという事であり、状況が変わってゆけばまた違う事に取り組むという事にもなるだろう。


明日から

Posted by なんとかさん on   0  0

しとしと雨で少しゆったりした気持ちで動いている。とは言えそこそこ予定があるので割とメリハリがある。やはり書物から学んでゆく日々が続いていて、あるタイミングには何かが浮かんできそうな心模様になる。


入ってくる情報から日本というよりは世界での『どうにもならなさ』が目に付く。ある意味、人為ではどうにもならない事態があって、それとは対照的に相対的に『日常』を送っているという、考えれば考えるほどに不思議な気分だ。



身近な話題だと7月からコンビニなどでもレジ袋が有料になるという事を忘却しないようにしていたいのだが、同時に『マスク』も出掛ける際に一瞬忘れそうになるという事が何とも言えない感じである。膨れ上がるメモにしてもそうだが、目に付くところに配置しないと印象に残ってゆかない難しさは情報が多くなればなるほどそこに工夫が必要だと痛感する。


主題が…

Posted by なんとかさん on   0  0

『スカイ・ブルー』の為に地元二本松を扱ったブログを読み漁る。過去にそちらの話題に特化させた「スローペース症候群」というブログも更新していて、当時は定期的に検索して新しい情報を読むという事を行っていたが今回はまた違う趣旨で行っている。久々だけあって検索結果はかなり変化していて、さまざまなお店や企業のブログなどを含めればバリエーションが増えたような気がする。



今書籍で読んでいる「百代の過客」も凄まじい分量の日記を読んで書かれた作品だけれど、読む量が多くなると読んだ内容をそのまますぐにはインプットできている自信がなくなる。そもそもツイッターも含めれば日にどれだけの分量に『目を通している』か分からないくらいの情報の洪水だから、とりあえず作品の中に落とし込むには『睡眠』が必要である。



『情報の洪水』ではあるが、その情報の洪水を結び付けて正しい『像』を得ようとしている、そうせざるを得ない状況という風にも解釈できる現在である。調べる気になれば調べられそうだ、という事もある種厄介な話で、コロナ禍ではその能力はおそらく重宝されるだろうけれど、時々何かを見失いそうになる。




『主題は何なのか?』



そう問いたくなるのはあれこれやろうとしているのが本当の話だからだろう。


ないめん

Posted by なんとかさん on   0  0

やや肌寒い時間帯があるものの、むわっとするような熱を感じたりするのでやはり夏は近づいている。心の準備をしておいた事が概ねそれらしいという情報が入り、事柄としてよくはないけれど割とスムーズに自分の事に取り組めると思っている。


見方を変えれば『内面』の充実は最近著しい。静かな時間に自分と向き合う事で気付けたりする内容がともすると高度であったりもして、それがありつつで何かまたやれる事が見つかるという過程があるから、成長の一つと数えていいのだと思う。色々複雑な事は説明のしようがないし、『自分にとって意味がある』内容なので実際には書く必要もないのだけれど、結果として創作なりなんなりに取り組める時間が増えたりするという事が全体としてポジティブな事である。


実際問題、日記的なブログを書くのは毎日変わらず『にこやかな笑顔で挨拶を』というニュアンスに近いと思う。まあ猫の写真を撮ってアップロードするという事も好きな人が見ればそれはそれで価値を見出してくれるけれど、ネットの雰囲気も変わってゆく中で何か自分が出してゆけるものを出してゆくのは悪くない。


このカテゴリーに該当する記事はありません。