FC2ブログ

そこで

ただ信じたいと思った。その想いが続く時間は何を齎してくれるのだろうか。祈りとしての言葉は何かの証で、けれど。「君」と語りかけようとしているこの先の僕と、君と、願うものが同じだというのなら、流れてゆく時間は形だけのものだと言い聞かせていいのかも知れない。


そこで、君は。
スポンサーサイト

いつか

わずかな時の記憶が、触れた温度のように続いている。何かがあった事は身体が覚えている。

今がある、その理由がどう考えてみても。


どこかに行く僕、その僕を





という事

何かを伝える事は出来ないかも知れない。それでも何処かに残ってゆくものとして、届けてみたい。多分それがナンセンセンスだ。

変えて

埋めるような言葉。解き放たれて、結んで、溢れる希望。満たしてゆくものは、姿を変えた「時」だろうか?

ならば言葉に変わるようなその時が、言葉の祈りで、そして歌い出すように。


ある

今思う事がもしかして全てかも知れない。「君にとってもそうであれ」と。
プロフィール

なんとかさん

Author:なんとかさん
ナンセンスな物語を書くつもりです。リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
普通のカウンター
投票
無料アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR