FC2ブログ

何処かに何かを

『何処かにある何かを探して』、そんな気分でさすらう。分かり切っている事は今日も変わりなく順調で、リアルタイムで更新されてゆくトレンドは今日という日を歴史に刻み付けようとしているようにも見えてくる。雲がそこそこ薄く掛かる空の青はどこか透明な色にも思える。


どこからか風が流れてくるようなイメージの曲をBGMに車を走らせる。出来るだけ遠くに行こうとしても、多分目的地を僅かに越えるくらいだろう。やっぱりルートは決まっていて、穏やかな休日の時間を気にせずに過ごせる、ちょっとの『時』を景色と一緒に吸収する。



語り部のいない世界はこういうものなのかも知れない。流れてゆく時と景色、移り変わり、気付けば『ここ』までやってきてしまっている。『ここ』で隣に乗っていた人が、指さした。その人にとって思い入れのある場所だという事で、僕は記憶させられた。その記憶が妙に主張してくるけれど、それ以上に何かを感じるという事もない建物は、それでも目印になっているかのよう。



こんな風に坦々と過ごしているうちに秋は曖昧になってゆく。秋というよりは早い冬。冷え冷えする朝に、からっと晴れる日。情緒を感じている自分をまた遠くで見ているような自分があって、たぶんそれが何かを探しているんだろうなと、そう解釈するのが正しいと感じる。親しい人の言葉から今の心境に相応しいものを取り出してくるようにちょっとだけはっきりしたものが過る。



全てがこの世界にあるとは思わない。けれどこの世界はすべてである。無茶苦茶なようであって、結構まともな意見だろう。少なくとも可能性が広がっているように感じられる今という時、それが忘れていた何かを取り戻させる。



朝僕はこう思ったのだ。


『帽子を買いに行こう』


いつか誰かと一緒にその店を訪れた時、帽子を買いそびれてしまった事があった。『似合わない』と言われたからだけれど、今ならもしかして似合うようになっているかも知れない。少し大きな頭に合う帽子は意外と少ない。



思い付きのようでいて、ずっと欲しかったものを買いに行くようで。




少なくとも僕の中の何かは変わり始めている。今の僕にはそれが頼もしく思えている。そのあと、もしかして上機嫌な僕は何処かに何かを探しに行くかもしれない。
スポンサーサイト

頼もしい何か

どうなってもいいのかなって思える。ただ状況によっては厄介や面倒に出くわさなければならなくなるけれど。…という、本当に気楽な言葉の意味を真面目に考えたりしているとお昼だなと気付く。今日はラーメンで良いだろうなと思うのならば、それは決して悪い判断ではないとこの頃気付いた。


今の職場に期待するのは申し訳ないような、自分に近しい存在を何処かに探している。そう言ってしまえばそれが全てなのかも知れない。けれど頭のどこかで、そういう人が居たとしても自分はその存在に気付かぬままでいるんじゃないだろうか、という想像がぼんやり浮かんでくる。自分の代わりは幾らでもいるというのは理想化された世界のお話で、現実には自分は自分で居ることが求められ、安易に自分を放棄してはならないという事もいつしか納得できるようになっている。



ラーメンはつけ麺がいいなと思うような素直さで、出来るのなら一緒に居ても疲れない人がいいなと妄想気味にその姿を思い浮かべる。出来るのなら自分でいるのが自然であるような、そんな誰かが居さえすれば何もこんな面倒くさい努力をしなくて済むだろうに。



店内の空気は澄み渡っている。あれだけの熱量のある食べ物にも関わらず「熱」を感じさせないヒンヤリした空調で、待っている間も自分に集中できる。こんな時にうっすら顔を覗かせる「迷い」はむしろ、人間性の証明ですらあるのかも知れない。それでもつけ麺を選ぶのは、そういった類の迷いを吹き飛ばしたいからでもある。



僕はこの店に、この一杯に何を期待しているのだろう。自分の選択が間違っていない事?期待に応えてくれる存在があるという事?今日の後半も乗り切らせてくれる事?



言葉にして言い表すのは相変わらず野暮ったい。哲学的ですらあるその言葉はレンゲに掬われた少量の液体の味で消し飛んでしまう。それで結構、それの何が問題なんだ?



実際、僕はこの店のラーメンが好きだ。それは贅沢というよりも、自分に求められているクオリティーを出し続ける為の確認作業ですらある。



『もし自分がこの一杯で奮い立つならば、僕は何かが出来る』



うっすらと気付き始めている物事の困難さ。当たり前のことを当たり前にこなす自分でいる事は、それほど容易ではない事。どこかに人知れぬ危うさがあって、それを何とか言葉巧みに乗り越えているという事。程度の違いこそあれ皆そんなもんなのだろう。



そんなややこしい事を考える自分でも、素直に思う。『ここにあってくれてよかった』。いわば自分の存在意義だってそれに近いんじゃないだろうか。シンプルに居てくれてよかったと思われたい。ただ、自分としては思われているだけで続けてゆこうと思えるかどうか、それは難しい話だと思う。何かを期待している。それが何かは、出会ってみないと分からない。




それでも店を出る時の「ごちそうさまでした」には偽りがない。それは紛れもなく「ご馳走」で、僕は少なくとも何かを感じたのである。何か、とても頼もしい何かを。

憧れと空

心なしか空が青く見える。大した違いがないような気もするが、思わず目を留めてしまうような何かはそこにあるのかも知れない。日程通りにこなしているのに、なぜか変わらない日常と言うよりは小さな変化が日々積み重なってゆくように感じられるこの頃。フィルターなしのダイレクトな知らせが証明するように、日々色んな事が起こっていて、自分にとってはそうではなくても誰かにとっては大きな事が日々起こっているのだと想像し始めると、いずれ自分にも何かがあるんじゃないかなという風に思えてくる。


健全な思考なのかも知れない。前みたいに傍観者気取りでいられなくもなって、当事者として議論に巻き込まれ、ぼんやり眺めていてもどうすべきかを問われ続ける事が当たり前になってきている。


<自分にはそんなにはっきりした事が言えないよ>


と弁明するとしても、誰にそれを伝えたらいいのか分からない。この青い空に募る想いは多分そういう心を受け止めてくれそうだからだとは感じる。代わり映えもしない立場でもこの青に惹かれる今だけは少しだけ違う所にいるようにも感じられているのだろうか。



そんなときメールの短い着信音が響く。


『すまん今日はちょっと遅れる。店で待っててくれ』


今日は久しぶりの友人と飲みだ。ひたすら時間がないという事は皆共通しているかのように錯覚しそうなほど何かに追われている中で、その時間を楽しみにするのもきっと悪い事ではあるまい。同じ趣味の人々が集まる居心地の良い店に出向いて、後で『ちょっと飲み過ぎたかなぁ』と反省するかしないかくらいまで飲んでその時だけは自分も息巻いてみせて、それでバランスを取るように何かを取り戻している。



決して作業に追われる毎日が嫌なわけではない。相応に必要とされ、何かを学んで、ときどき感謝もされる。ただそれは今こうして気楽な歩みで昼間の街をうろついている自分とは違う人間のようにも思えてくる。




多分どっちが『本当』だという事ではない。時と場合と目的に応じて己を管理している薄っすらとした奴が結構しっかり働いてくれているような、そんな気さえする。そいつが時々今の自分を使ってバランスを取っているのだ。


<今日もしその話を「あいつ」に話したらどう思うだろうか>


一瞬浮かんだ面白い想像に思わずにやけそうになる。結構難しい言い回しも『乙なものだと』グイっと一飲み受け止めてくれる友人に人知れず感謝しつつ、また空を見上げる。



【むしろ最新のCGというものを見たから…】


ふっと浮かんだその言葉の続きを辿ろうとして「ああ」と実感した。実物と比べられる程になった最新の技術を褒めるべきなのか、それとも圧倒的な、もしかすると信じられないほどの澄んだ青を提供する『リアル』に感服するべきなのか。



こんな空がいつもあったら何にもいらないのかもな、なんて変なことを考えそうになった。そこでもバランスを取るようにショーウインドウに映り込んだ想像とは違う妙に気怠そうな表情を見て、


「こんなもんかな」



と呟く。たぶん、どこか憧れていた表情の何割かは疲労感で、別に作るつもりだったわけではない目の下の隈で、すっかりその表情に心が飲み込まれそうになっている、冴えない頭なんじゃないかと、ただ思った。




何にしても、それも悪くはない。きっと薄っすらとした奴が使い分けてくれるだろう。


それでも、この時感じたものは忘れたくないなと思った。

情熱の行き場

どうしようもなく。それはどうしようもなく本当の情熱で、だからこそ何も纏わせることのできない言葉があって。挫けそうになるたびに、僕はまだ何かを信じている心の中をありったけの力で解き放つように叫んでいた。



<そんな自分も本当だけど、こうしてダラダラ過ごしてる>




昨晩友人と行ったライブの事を思い出しつつ半ば余韻に浸りながら、あれだけ叫んだのはいつ以来だろうかと考え始める。もはや体力が尽きてただ布団に転がっているだけのオブジェと化した男は、このいつまで続くか分からない弛緩をできるだけ長く味わっていたいと思っている。友人と好きなバンドが同じで、たまたま地元に近い会場に都合よくやってきた上にファンクラブでもないのに運よくチケットがゲットできたんなら、参戦しない方がいろいろ間違っているだろうなと感じた。夜の会場の独特の一体感でもはや自分の存在すら意識していない解放感は何物にも代えがたい。黒歴史にしがちな青春時代に熱く語り合った友人が同席したことで、一層特別な感情が沸き上がったのを覚えている。



『昨日のことだもんな。話をしたら彼女も行きたかったって言ってるよ』


『あんまり好きじゃないって言ってた記憶があるんだが』


『最近ヒットした曲をネットで見つけて、結構いいねって言ってた』


『今度連れて行ってあげたら?』



寝っ転がりながらスマホでやり取りしていると直に会った時とのテンションの違いを感じて変な気持ちになる。「彼女」の話が出てきたところで、少し気分が代わってきて、

「そろそろ何とかしないとなぁ」


と小さく声が漏れた。自分的には大きな決心を要する問題。実際のところ友人とバカ騒ぎして熱い語らいをしている一面とは全く違う、未だにナイーブな感性で迷いに迷っている気持ちの行く末を見守るように生きているような具合。異性で気になっている人がいるということなんて別に大したことでもないのに、殊僕についてそういう事があるならそれは秋空に桜の花びらが舞うような場違い感が漂う。それが良いことなんだという了解はある。だが、だからといってそこでどうしたらいいのか、相談もできないまま相談しないまま、それゆえ運よくおあつらえ向きの状況がやってきた場合には運命だと思って決心をしようと思っている。


「なにを馬鹿な…」


上記のような気持ちがあったとしても決意には至らず、自嘲気味にため息をつく僕。『職場恋愛は気まずそうだな』というぼんやりしたイメージで日々その人に惹かれてゆく己の気持ちを誤魔化している。たぶん、相手にはこちらが気があることすら感じさせてないだろうと思う。



そんな僕でも参ってしまうのは、おそらく相手がそれほど意識はしていないけれど「少し頼れる先輩」という体でそこそこ頼ってくる時の視線である。女の武器というわけではなく、ただ素直に信頼しているという事を隠さないでいる視線が僕にとっては微妙に心地の良いもので、できることならもう少し接近していたいという気分にさせる。尤も、これまでくそまじめに生きてきた性格が邪魔をしているのか、あるいは冷静に判断させてくれているのか、『相手の意図、期待することをなるべく正確に理解しようと努めよ』という誠実さが…誠実さへの努力につながってゆく。この前辛うじて、仕事で一緒に外出している時にその場の流れで昼食を取ったくらいの親しさだろうか。



「女心」について、ネットや一般論で聞きかじっているくらいではどうもよく分からず、むしろ先入観を持たないほうがいいんじゃないかと考え始めると…




そんなことを考え始めるループでいつも通りわけがわからなくなってきたところで、現実に立ち返る。どうせ仕事場でしか会えないのだから、一石二鳥的に明日の仕事に備えるのがいいんじゃないかと思い始めた。と、僕はそこで職場で使うステーショナリー、要するに文具の一つを紛失していたことを思い出した。無ければ無いで、どうにでもなりそうだけれど、あったらあったでストレスがない。そんな絶妙な「欲しさ」の文具を今敢えて買いに出かけるか…それはこれまた非常に悩ましい問題である。



結局、色々な都合を考えて買いに出かける事にした。




準備万端のつもりで家を出てすぐガスの元栓を閉め忘れていたような気がして戻って確認するという、僕の「あるある」を繰り返す。結局しっかり閉めていて、気を取り直すようにまた外に出たのだが、その微妙なロスによってなのかどうかは分からないものの近くの踏切に差し掛かったところで遮断機が下りる。



<「運が悪い」というよりは「間が悪い」だよな…>



精神衛生上、最近そう解釈することにしているけれど優柔不断な自分にとって「タイミング」というのは本当に大切な要素で、タイミングが良いからついでにやってしまうという事もなにかと多い。もちろん「万事が塞翁が馬」であって、近視眼的にみれば間が悪くとも結局は…という事もあるのかも知れない。




それが証明されるようなことが起こるとは思っていなかったといえばそうだ。



何の因果だろう。本当にどういう事なんだろう。こんな偶然があってよいものか。僕は駅前で『職場の後輩』、『気になっている人』、その他諸々の呼び方を巧みに使い分けている当の、その人に出会ったのである。


「晃先輩!!」


「弥生さん!!」


お互いに気付いたタイミングがほぼ一緒だったのでなぜかこんな対面になってしまったけれど、休日で私服姿の弥生さんを見るのは新鮮といえばそうである。あーだめだ…もう…




そのあと「仕事中」という枠がないために、僕自身どういった対応をしたらいいのかわからずところどころしどろもどろになるのをなんとか取り繕って、「文具」を探しているということをなんとか伝えた。明らかに様子が違うのを怪しがって、


「先輩、今日なんか変ですよ。ふふ」


と笑われてしまう。


「そりゃあ、弥生さんに会うと思ってなかったから準備が…」


「何を準備する必要があるんですか?」


「えっと…それはその…」


こういう受け答えだけでも墓穴を掘ってしまいそうなので、


「あ、今日はどっか出かけてるんでしょう(見ればわかる)?近く?」


とやや強引に話を振る。


「えっと、私今日友達と約束してたんですけど、なんか来れなくなっちゃったみたいでこれからどうしようかなって思っていたところなんです」



「ほぅ…」


「そういえば私も文具見に行きたいような気もしますし、ついて行ってもいいですか?」



「え…?」



「だめですか?」



「だめだという事はないと思うよ」



こうなると一緒に文具を見に行くのが自然だろう。むしろここで断るほうが何か殊更に断る理由があるように思われてややこしい。


「じゃあ行きましょう!」


とどこか上機嫌で駅の中に入ってゆくときに、彼女がすっとスマホを取り出したかとおもったらちょっと困惑しているのが見えた。


「どうかした?」


「あの…非常に申し訳ないんですけど、友達、なんとか来れることになったみたいです…」


「あ…そうなんだ…ざ」



『残念だね』という言葉が出かかって、彼女にとって全然残念じゃないなと思いなおす。と思いきや、



「約束だったので…残念です…」



とお世辞ではなく本当に残念そうな様子を見せる弥生さん。僕の頭はここで「少なくとも用事がなければ一緒に出掛けてもいいと思っていた」、「いけなくて残念だと思っている」という情報を整理しつつ精査し、残念なのは残念なのだが、それほど悪いことでもなかったと結論を出していた。



「じゃあ、今度何かの機会があったらどこか出かけようね」


このセリフを僕は「何かの機会はそうあるもんじゃないけど」というニュアンスで言ったつもりだった。社交辞令ともまた違うけれど、期待しないような感じ。ところが…



「そしたら、来月とかどうですか?先輩が出かけるところとかぜひ教えてください!」


という具体的な提案なので、ますます混乱してくる。混乱したまま、


「う…うん。分かった。来月の予定は開けとく」


と答えてしまった。それは果たしてどこまで本気の事なのだろうか、自問自答しつつ予定だった文具を買いに移動する。痒いところに手が届くようなステーショナリーを扱っているそこそこ有名な専門店までやってきて、気もそぞろに文具を選んでいるとスマホにメッセージが入る。



『ライブさ、来月も近場であるらしいんだけどさ、どうよ?』



僕はこの返信ほど悩ましいものはないなとこの時思うのであった。それはある意味で語っていたすべてが凝縮されている選択でもあって、、、



<まさか彼女をライブに誘うっていう、アクロバティックがあったりするのだろうか?>



などと不思議なこと考えていたのだった。

掌のワインディングロード 36

その日タラちゃんは朝から引っ越しの準備を始めていた。


日曜日だった前日は競馬の開催が東京に移っていたので出掛けなかったけれど、私達はいつもの様にテレビの中継を観ながら一日の半分以上を過ごした。ところで「私達」とは言ったけれど、競馬の中継はずっと見続けていなくてもレースの時だけ集中すればいいのもあって、私は司会者と解説者がやり取りしている声をBGMのようにしながら積読になりはじめていた書籍を一つ一つ消化していっていた。


来週に実家に戻る予定だったタラちゃんは既にあのお店のバイトも辞めていて、それならばと率先して朝食を用意してくれていたり生活リズムを朝型に戻そうという努力をしているらしかった。その意味もあって月曜日の朝から準備を始めたというのもあるのだろう。


私は感心しつつもなんだか寂しい気持ちになってしまって、それを紛らわせるように昨日の読書の続きに勤しんだ。勇次もちょっとぼんやりした様子で新聞を読んでいる。するとタラちゃんの部屋から、


「あ、これいいな!!」


という弾んだ声が聞こえてきて、すぐにタラちゃんが何かを持って私の前にやってきた。


「どうしたの?」


と私が訊くとタラちゃんは嬉しそうに、


「この3冊の本、ぜんぶ競馬の小説なんですけど聡子さんに読んでもらいたいなって思って」


と言って私にその3冊の小説を手渡してくれた。


「ありがとう。興味があったの」


それぞれのタイトルをちらっと見たところでも全然聞いたことのない作家が書いたものらしく、背表紙の文を読んでも3冊とも違う視点から競馬の世界を描くものであることが分った。勿論嬉しいのだけれど、


「また積読がふえちゃった」


と私は苦笑い。すると勇次がこちらを向いて、


「聡子がまだ読まないんなら、俺が先に読もうかな。いいだろ、タラちゃん?」


と確認した。「もちろん」とタラちゃんは頷いた。そしてタラちゃんはまた自室に戻り、準備を再開したようだ。



時間は過ぎて私がその中の小説の一つに手を付け始めた日、引っ越しの業者さんが家にやって来た。それほど荷物は多くなかったので手際よくあっさりと片付いてしまったタラちゃんの部屋。何か忘れたものがないかどうか三人でアパートの中を確認して、勇次が一言。


「どうやら大丈夫みたいだな」


続けてタラちゃんが、


「ええ。本当に今までお二人にはお世話になりました。何だか名残惜しいです」


「それは私もだよ。勇次だってそう」


まもなくタラちゃんを見送らなければならなくなる。私はその前に何か伝えたい事がないか、必死に考え始めた。そうしていると三人で暮らした時間が走馬灯のように頭を駆け巡るのを感じた。春、夏、秋、冬、そして春…でもそう思い出しているうちに私はちょっと可笑しくなって笑い出してしまった。


「どうしたんですか?聡子さん」


『こういう心配そうな表情のタラちゃんを観るのも今度会った時までになってしまいそうだな』なんて考えながら私は説明した。


「うん、なんだか三人の思い出って春も夏も秋も冬も、ほとんど競馬だったなぁって思って」


「そうだよな。そればっかりじゃないんだけど、タラちゃんと一緒に過ごしていると競馬が中心になっちゃうのかもしんないな」


そう言った勇次と二人で笑いあう。タラちゃんはそれを聞いて何か複雑そう。


「僕としては、結構色んな事に挑戦したつもりだったんですけどねぇ。というか、僕はお二人と平日の午前にコンビニ行くのか行かないのかでやり取りしていたような、当たり前の事が思い出されるんですよね」


「まあそう言えばそうね。だって私達、三人で生活してきたんだもん」


そこでタラちゃんはこんな事を言った。


「僕が良かったなって思うのが、これからはお二人の新しい生活が始まるって事ですね」


これまでの付き合いでタラちゃんが何を言わんとするのかがちょっと分ってくるよう。そう、今日はタラちゃんの門出であって、私と勇次の新しい出発でもあるのだ。


「あんまり変わんないと思うぞ、たぶん」


勇次は気の利いたことを言ってくれないけれど、もしかすると照れ隠しもあるのかなと思ったり。そんなやり取りをしているととうとう別れの時がやってきた。


「じゃあ、僕そろそろ行きますね。実家で待たせてあると思うから」


「うん。行ってらっしゃい」


私はこの時、自然と「行ってらっしゃい」という言葉が出てきたとに少し驚いていた。言い直そうかなと思ったけれど勇次が、


「行ってらっしゃい」


と続けてくれたのは三人の関係性を表わすものなんじゃないかなと思ったりした。



タラちゃんが玄関から外に出る。見送りに出た私は今どんな言葉を掛ければいいのか、この時咄嗟に思いついた。


「じゃあ」


と言って向こうに歩いてゆくタラちゃんに向かって、


「タラちゃん!今日のダービートライアルの、何だっけ、そう青葉賞の本命を教えてくれないかな?」


とわざと大きい声で言った。タラちゃんは嬉しそうな表情で一度こちらを振り向いて、


「今回は騎手なんですけど、『もしかしたら』内山騎手がやってくれるかもしれません!自信はあります!!」


そう教えてくれた。再び歩き出したタラちゃんを私達は姿が見えなくなるまで見送った。そして勇次が一言。


「内山騎手のって5番人気だぞ。来るのかな?」


「じっくり観戦しましょう」


私はそう言ってリビングに戻るとまた読書を再開した。テレビから流れてくる解説の声を聞きながら。



(完)
プロフィール

なんとかさん

Author:なんとかさん
ナンセンスな物語を書くつもりです。リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
普通のカウンター
投票
無料アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR