FC2ブログ

新・猫話17(ごはん)

過去にも何度か書いたり呟いたりしたことがありますが、猫に餌…ご飯をあげる時間は家では決まっていますがけっこう特殊かも知れません。


朝…というか深夜の3時に一回目。そして昼の3時に2回目。夜の8時に三回目というのがここしばらくの食事です。そもそもこれでいいのかを問い直したくなるタイミングなのですが、どうも深夜3時に食べたくなる「花」と「マタロウ」に合わせてゆくとそこは外せなくなり、結局お腹がすき始める時間にあげてゆくうちにこうなってしまっています。比較的夜は静かな猫達ですが、花がやってきた頃にどうも夜に活動的になって、枕元に立って髪を噛んで引きちぎって人を起こすような事をおぼえてしまってからというもの朝の3時のご飯の為に寝ぼけながら一階に降りてご飯をあげなければならなくなりました。


分量についても気にしなければなりません。「マタロウ」がノルウェージャンが入っているのでもともと大きくなってしまうのですが肥満気味で、更に盛ってあると他の猫のまで食べてしまいます。なので、数回に分けて少量ずつというペースであげることを意識していますが、結果的にこれもこのタイミングになってしまう原因といえばそうですね。「ハッピー」についてはごはんについては優秀で、自分で食べる量を管理しているようなところがあります。ただ、キッチンに人が立っているとおやつの「鰹節」をねだる事がありますし、人間の食事中にも何かを訴えるような鳴き方をするようになりました。



無視するのが一番なのかも知れませんが、猫は自分に目を向けさせる、注目させる方法は幾らでも知っています。鳴き声も段々と凄いものになってゆくのでどうしても無視するわけにはゆかず、仕方なく食事を中断しておやつをあげたりという事も最近増えています。もちろん猫は人間とは違っていて、自分の食べたい時に食べるという事が出来ないので、どうしても「ねだる」という事に行きついてしまうのでしょう。



ちなみに与えるものについてはすっかり決まってしまっていて3匹とも同じです。餌代もそれほどいかない印象ですね。
スポンサーサイト

新・猫話16(観察)

猫を観察してゆくと大体は目の形で興味があるのか、眠いのかという事は分かってきます。人間と共通している部分ですし、猫は別に偽らないので「じっと」こちらを見続けるような「花」と、何かを訴えているような目をする「マタロウ」、睨みつけるというか静かにこちらを見ることがある「ピー」で『意思』の違いのようなものも分ってきます。


猫としては「花」が一番分かり易いと思います。興味があるものにすぐに反応してずっと観察し続けて他のものがあまり目に入らなくなっている状態になり易いですね。5歳になる「マタロウ」はそろそろ惹きつけられたままという瞬間は少なくなって、集中し切っては居ないように感じます。「ピー」は殆どの事に無関心というか、動じなくなっています。性格もそこから分かる面がありますね。「ピー」は静かに過ごしていたい歳ですし、「マタロウ」はちょっと冒険したい。「花」はとにかく常に動き回っていたい。


あとは『距離感』も面白いですね。人間との距離感です。具体的には人懐っこい(…ただし家人に対して)「花」はかなり接近して頬や鼻を近づけてきます。「マタロウ」はそこから一歩引いたところで寛いで、時々ベッタリと甘えてくることがあります。「ピー」は自分のペースを守りたいからかいつも定位置で寝ていて、時々「ここに居るぞ」と自己主張しているような気もします。



猫は幾らかの単語を理解していると思いますが、やはり何かの行動が伴って確信になるというのか言葉だけでなくこちらの態度を観察して行動を決定しているようにも感じます。こちらもそういう事を分った上で何を望んでいるのかを掴もうと思うとやはり観察が必要になってきます。こういう事は人間の方でも無意識に了解していたりして、色々考えて判断するよりも感覚的にというか直感的に「こうするのがいいのかな」と思った事をした方が意外と上手く行くような気がします。

新・猫話15(押入れ)

人間は『秘密』とか『謎』とかに惹かれる面を持っています。『好奇心猫を…』という諺があるように、そういうものを追い過ぎて危い感じになる場合もありますが、日常の中にもちょっとした何かがないと好奇心も出てこないのかも知れません。で、猫の話となるとやはり猫にとって『秘密』とか『謎』と思えるような事はあるみたいですね。


具体的には【押入れ】です。



押入れは基本的に物で溢れかえっていますが、うっかり開けてしまった隙間から侵入して狭い所に隠れてしまったり、挙句の果てには人間が入るのが困難な屋根裏に長時間暮らしてしまったり…という事がありました。屋根裏の件は、本当に猫が見つからなくって非常に困りました。猫にとってはそこが居心地がいいのでしょうし、やはり隠れ家のような気分で楽しいのでしょう。だからこそ、うっかり開けてしまわないように注意し始めましたしそこで猫の本性を知ったような気持ちになりました。



ところで『秘密』とか『謎』が全く見えなくなってしまうと退屈してしまうものなのでしょうか、何かあると猫も押入れの前で頻繁に爪とぎをしています。そこが気に入っている『花』は特に時折ちょっと空いている隙間から押入れの奥を観ようとしていたり、ちょっと開けて置いて欲しいらしいですね。似たような事では『トイレ』もそうです。『トイレ』の中に居れるのはちょっとダメだなとは思うのですが、猫が気になるのも分かります。



ただ私としては、人間が外出している時に何処に出掛けているのか、とかそこで何をしているのかという事に対して『謎』を感じたりはしないのかなと思っていますが、猫の頭の回路の中では案外気にならないようですね。とにかく家の中の事が飼い猫にとってはほぼすべてと言ってよいのかも知れません。

新・猫話14(猫小説)

本日、少し前に購入していた『ジェニィ』という小説を読了しました。猫好きにはまるで自分が猫になったように感じるような素晴らしいお話なのですが、これくらいはっきりとではなくても小説に猫が出てくることは多いし、夏目漱石を始め、作家が猫を飼っていたという話はよく聞く話です。前に話したように猫と生活していると集中力が発揮されるようになります。うちでは「花」ちゃんがPCの前に立って作業に集中している時に視覚を遮ったりもしますが、書く間は孤独になりがちで、意識し過ぎない程度に意識させてくれる愛猫はある種丁度良いといえば丁度良いですね。


猫が描かれている小説を読むとどこか安心するような気もします。社会とか世の中というのはもちろん人間の世界ではありますが、人間だけではどうも行き詰って、息詰まってしまうような気さえします。人間同士のコミュニケーションが完璧だと逆に束縛されたりきっちりしていないといけませんが、猫との対話、スキンシップはわりとアナログでお互いに分らない部分があって当然でそこをどう工夫して一緒に生活するかという方向になるのです。『ジェニィ』のように猫の思考が分かるような状況ではありませんし何処まで擬人化して考えるかはありますが、私が思うに「花」が物凄い瞬発力で木にかけ上る時、


<この子はとにかく木に登りたかったんだな、あそこが好きなんだな>


という事が分かります。当初あぶなっかしいかった木登りも今では堂に入るというのか安定感も出てきていますし、木が傾斜しているお陰でしっかり降りてくることが出来るというのも「花」にとっては嬉しい事なのだと思います。実は木登りについてもそうですが高い所にジャンプしたくても身体が重くて出来ない『マタロウ』は、それを羨ましそうに眺めていますし、時々挑戦するのです。でも、やっぱりあぶなかっかしいわけです。



そういう場面でも猫が思っている事を想像する事が出来ます。おそらく『ジェニィ』は猫を惜しみない愛情で眺めながら、観察し続けた際に自然に浮かんだことを小説にしたのだと思います。それは多分飼主だったら自然に出来ることで、例えば今も「花」がこちらを見上げて耳を立てて少し左右に動かしたのを見て、


<あ、なんか不思議そうにしてるのかな?>


と思うようなことだと思います。猫話を続けていけば、そういうところも見えてくるのかなと思っていたりします。でもとにかくポール・ギャリコの『ジェニィ』は必読なので、それを強調したいです。

新・猫話13(楽しさ)

猫の相手をするのは先ずもって楽しいと思います。無邪気で必死に何かに夢中になる様子を見ているのは楽しいですし、かと思うと急に興味を失ったようになるのも独特でそこから猫らしさが窺われるような気がします。


楽しいと思えば餌をあげるのもけっこう楽しいと思うのです。猫に餌をあげる時は「ごはん」と必ず言うようにしています。「ごっは~ん」とか時々捻って「ごっへん」とか言ってこちらに惹きつけて、


「あ、『ごはん』なんだな」


と分った時の反応が良いですね。時間とタイミングからはっきりと『ごはん』を貰える時間だと理解しているんですね。この意思疎通からどうにかもっと詳しい事が分らないものなのかなと思いますが、やはり相手は猫。本能的にも必要だと思った事にしか反応しないのが基本なんですね。でももしかすると私が「眠る」場合にも「ねんね」と言っていますが、これも分っているのかも知れません。言葉が意味を持つという事を約束として分ってもらうには言った事をそのまま実行してみせると覚えてくれるのかなと思って例えば外出する際には、

「お留守番!」

と言ってから出るようにしています。家だけかもしれませんが外に生えている雑草…というか何かの草を欲しがることがあるのでその時は「くさ!」とはっきり言ってあげると玄関まで一緒についてきます。勿論名前にはしっかり反応します。ただ疑問なのが「ピー」です。どうも「マー」と呼んでも自分の事だと思うらしく、「マー」といっても「ピー」が返事したり。



猫と過ごしていると猫にとって世界がどう見えているのかどう感じているのか気になる事があります。そういう事も想像しながら接すると楽しみが広がると思います。
プロフィール

なんとかさん

Author:なんとかさん
ナンセンスな物語を書くつもりです。リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
普通のカウンター
投票
無料アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR