FC2ブログ

切れない包丁

切れない包丁を研いでいた時の話。

「盲腸が痛いちょう」

ヘリウムガスを吸ったような声で騒ぎ出したのは奇妙な生物ガンジス。ガンジスに盲腸があるのかどうかは分からないが、とにかく奴のペースに呑み込まれたら最後、預金通帳に手をつけられてしまうと思ったので私は冷静に包丁を見つめていた。


光っている。包丁が。


「盲腸になると、頭からモールス信号が出るんだ。多分、今頃伝説の魔法『たらこ三昧』の発動に向けて結社が準備し始めた頃だよ。いいの?放っておいて世界がピンチだよ」


ガンジスは例によって嘘八百を並べて私の注意を引きつけようとしている。


「あーあー…もう駄目だ。終わっちゃった。俺の盲腸で世界が滅んだな…世界が滅んでも俺は生きているから、盲腸取ってくれる人が居ないから、俺ずっと盲腸だ。困ったな、仕方ないから滅ぶ前に手術してもらおう。でもお金がないよ…あ、そういえば洋服箪笥の2段目に隠してある封筒にへそくりがあるんだっけ。よし、それで今夜は豪遊だ!!」


私は切れない包丁を見つめながらキレた。


「あ?てめぇ、盲腸治したいのか、豪遊したいのかどっちなんだよ。っていうか、へそくりなんてねぇよ。臍くり抜いてやろうか?」

「待ってよ。俺には臍なんてないよ!!それにその包丁じゃくり抜けないでしょ。早く研がなきゃ」

「だから研ぐのをお前が邪魔しているんだよ」

「そ、そんな事より、そろそろ『たらこ三昧』が発動しちゃう。結社が、あのイカサマ集団が…」

「それはお前の妄言だろう」

「妄言と違う…これは空想なんだ、三日三晩寝ないで考えた…君には分らないだろう、俺がどれだけ豪遊したかったか。豪遊したいから必死で設定を考えたんだよ。それをいとも容易く退けるなんて邪道だよ!!」


「いろいろ甘い。なあガンジス」

私は溜息をつきながら続けた。


「お前、いつになったら真面目に考えるんだ?お前はこの世界に来て何をするつもりだったんだ?」


それは常々私が考えていた事だった。この世界にガンジスがやって来てからも、奇妙であること以外に何の情報ももたらさなかったガンジスは研究対象としても中途半端な存在であり、いつしか世間からオカルト的な扱いを受け、この生物について真面目に考える者が居なくなっていた。というより、研究者はガンジスなどというデタラメな存在は生物というカテゴリーから抹消した方が、人類の繁栄を考えるうえで都合が良いという意味で、既に生物扱いされていなかった。最近では生命であるかどうかも不明であるという研究結果も出ているそうである。私も時々、これを観測しているのは私を含めて数名だけなのではないかという気がしてくる。突き詰めて考えれば、ガンジスを研究したところで人類や生命についての何かが深まるというわけではないし、言表にしてみてもただ妄言を垂れ流すだけと分ってからは、ガンジスに見えている世界がどうとか云々以前の問題だという事が判明したのである。


「…芳郎。お前はちゃんと俺に向き合ってくれるんだな。おじさん嬉しいよ」

「おじさんっていうか、お前この前「俺、生まれたばかりです」って言ってただろ。あと、私の名前は陽子だ」

「まあ聞けや。俺がこの世界にやって来た目的は『ない』し、この世界以前に居たところの記憶も『ない』。つまりだ、俺はつまり君らとなんら変わる事のない…ただのガンジスなんだ」

「いや、お前を調べれば調べるほど、お前がそうやって動いて喋っている事自体がオカルトなんだよ。説明不能なんだよ。分かるか?私は持て余し気味なんだよ。最近、バイトも忙しいし」


ガンジスはようやく真面目な顔つきになって、言った。


「そうか…。なあ?」

「なんだよ」

「俺って、何者なんだろうな?何処に行くんだろうな?」

「まあ、それについてはゆっくり考えるとしてだ」

「え?」

「お前、少し芸でも身につけたらどうだ?売れっ子になれば豪遊できるぞ。」

「…。でも俺センスねぇし…。俺、経験ねぇし…」

「そこだよな。お前見かけアレだけど、意外と感覚が普通なんだよな」

「マジ、俺、常識的なんですわ」



本当に、切れない包丁は使いどころに困る、と私は思った。
スポンサーサイト

あめらんこりー

ハウスキーパーは眼鏡を折り曲げて言った。

「あ、メランコリー」

その時、音もなく忍び寄ってきた不審者は頽れた機関車を舐め回しながら呟いた。

「明々後日にようこそ。ごきげんようこそ」

ハウスキーパーは、その奇行を見て、一瞬「奇行だ」と思ったが、口に出さないで冷笑した。

「僕がハウスキーパーになろうと思ったのは、庭に植えてある残念な木『ボルシチ』に少しばかりのお礼をしたかったからなのだ。分かるかい?僕が学生の頃、その木の根元に隠されていた秘宝『ゾンビの鳴き声』を発掘したお陰で、僕は卒業論文の題材が見つかって無事に卒業できた。こりゃあもう、お礼するしかないよね」

不審者はまさか自分に語りかけられているとは思わなかったので、「この人、独語の癖がある変人さんなんだ」と判断して相変わらず機関車を舐め回していた。ハウスキーパーは、この屋敷に飾ってある機関車に対して特段思い入れがあるというわけでもなかったから、舐め回されるままにして、そのまま語りを続けた。

「あーそういえば、ちょうど御屋敷に雇われた頃だったかな、この近所に住む『割り箸サエコ』という人が旦那様に熱心に暗号文を送ってくるという事件が起こったのは…。たしか、解読すると割り箸サエコのプロフィールが出てきて、そこに『機関車が大好きです』という文が書かれてあったような…」


不審者はもしかしたら自分が『割り箸サエコ』なのかも知れないと思い始めた。というのも、不審者が気が付いた時には『機関車を舐め回さないといけない』という事しか思いつかなかったからである。念のため、ハウスキーパーに訊いてみた。

「あの、私が『割り箸サエコ』だとでも言いたいんですか?」

ハウスキーパーは答えなかった。

「あの、『割り箸サエコ』ってどんな人ですか?」

ハウスキーパーは面倒臭そうに、部屋を掃除していた。

「あの、私、変ですか?」

ハウスキーパーは再び眼鏡を折り曲げて言った。

「あ、メランコリー」

だんでぃずむでいらいと

安らかな眠りへと誘ってくれる癒しのヴォイスを持つ僕の知り合いは、ミートボールが燦然と輝き始めるという曖昧な情景を思い浮かべて

「ミートボールくれないでいいよ、ミートボール♪」

というお得意の子守唄を唄うのだという。それとは関係ないが人口密度の高いエリアを避けて辺境までやってきてしまった僕は軽い気持ちで打ち上げた人工衛星「たま」の事を考えながら、ぼんくらと呼ばれた青年とともにひつまぶしを食していた。ぼんくらは

「そこから始めろというわけだ。そりゃあまるで王将で刃向うようなものだよ」

とあまり意味のない事をほざいた。本当にぼんくらだ。他に訊く人もいないから僕は訊いた


「借り物競争に出たためしのない人々がどうやったらラムネを一気飲み出来るかな?」

「もち米を中に入れてみたらいいんじゃないでしょうか?題してもち米サンシャイン作戦」

何言ってんだこいつと思ったので僕はキレ気味に言った。

「おい、それ、ほうれん草とどんな関係があるんだよ。僕が訊いているのはダイアモンドの相場がどうなっているかだよ!!」

「そんなの私に訊いて下さいよ」

「だから訊いているだろうが」

「私にはもう一人の私が居ます。それが答えてくれるでしょう」

その辺りで退屈し始めたので、昼飯にした。勿論ミートボール入りのお弁当。

オンリー

ダニーはワライダケを美味しそうに食べていた。

「それワライダケですよ」

と言ったらダニーは笑いながら

「君、面白いジョークを言うね」

と返すので、仕方ないから滅茶苦茶シリアスな顔で

「笑い事じゃないんです。猛毒なんです」

と言った。ダニーは真顔のまま苦笑いして

「ほう。猛毒だけに、もう毒に侵されていますか…」

と場違いな駄洒落を言って僕を凍りつかせた。それでもダニーはニヤニヤしながら

「ところで、ワライダケって食べるとどうなるんですか?」

と続けるので、僕は焦って

「笑ってあの世に逝ってしまいます」

と省略してしまったのがいけなかった。ダニーは「ハハッ」と高笑いして

「ほう。それは人生の勝者になれるということかね?」

と明らかに誤解してしまったようだった。早く誤解を解きたかったので

「ワライダケ イズ デンジャラス」

と慣れない英語で説明した。ダニーは

「オー、リアリィー?」

と少し真面目になったので、この調子だと思って

「ノーモア ワライダケ」

と叫んだ。だが僕が英語を使うのがよっぽど可笑しかったのだろうダニーは

「ノーモア ワライダケ」

と連呼しながら、苦しそうにずっと笑いこけていた。ワライダケは怖いなと思った。

すりこみのーと

その日は寒波が訪れていた。


陽子は丸く収まりそうな気がする痴話喧嘩を遠目に見つめながら、血色の悪い唇にリップクリームを塗った。そうして若干不慣れな手つきでビラを配る。ビラには「ゲーム半額」の文字が大きく印刷されていた。ゲームというものをあまりやらない陽子にとってゲームというものは暇潰し以上の何ものでもなかった。


テレビの影響から軽い気持ちでフルマラソンに挑戦するつもりだったが、練習初日に挫折した太郎には肉体的なというよりも精神的な限界があった。だが人一倍気持ちの切り替えが得意な太郎は次の日には早速繁華街に出掛けて何か面白そうな事を探すのであった。


太郎はふと、寒空の下ビラ配りをやっている女性に目が留まり、何のひねりもなく「寒そうだな」と思った。その女性に何かを感じたというわけではなく、ちょっとした気紛れで配り終われば温かい場所に帰れるんだろうなと想像した彼は、紙切れに興味は無かったがわざとそちらに向かって歩き出した。


「今日、ゲーム半額でーす!!はい、どうぞ」


太郎はゲームが人並みに好きである。手渡された紙に書いてある「半額」という字に惹きつけられ、彼は近くのショップに入店した。早々に斬新だなと思った。


「まさかゲームをいつもの半額で買い取るっていう意味だとは思わないよな」


陽子はノルマを終え、何事もなく帰宅した。

おち

気が付くと私は水色のドレスを着て絶壁の前に立ち尽くしていました。そしてありえない事ですが目の前に全身黒づくめの男の人が浮いています。しかも逆立ちをして。彼は言います。

「目覚めましたか、お嬢さん。ここから先は私がご案内しましょう」

私は不安になって言いました。

「あの…頭に血が上りませんか?」

彼は素早く答えました。

「昇りますとも!!ですから出来るだけ早く私に案内させて下さい」

「分りました。ところで、何処に案内してくれるんですか?」

「貴女がお望みの、不思議な事なら何でも起こる世界ですよ。」

「えっ?私そんなこと望んでましたっけ?」

「何を仰います。昨日私に頼んだじゃありませんか?『あぁーもっと刺激的な世界に行きたい』って」

私は昨日あったことを思い出しますが、そんな記憶はありません。というより私は自分が誰なのかもよく分りませんでした。

「私、その…記憶がないんです。私の名前をご存じだったら教えて頂けないでしょうか?」

「山田太郎ですよ。お嬢さん」

「山田…太郎…?あの…私、どこからどう見ても女なんですけど」

「それも不思議な力のせいですよ。お嬢さんは昨日まで男子だったのですよ」

それを聞いた時、私の頭に微かに『山田』と呼ばれていた時の記憶が蘇りかけました。けれど、それ以上思い出すと何だか今の自分の心が何かに侵食されそうな気がして、私は必死にそれを抑圧したのです。黒づくめの男はそんな私を見てこう言いました。

「お嬢さん。今貴女が感じたように、男であった頃の記憶を蘇らせてしまうと貴女を『貴方』と呼ばなくてはいけなくなります」

「つ…つまり?」

「不思議な力が消えてしまって、山田太郎に逆戻りですよ」

私は何故か分からないけれど私が今の私でなくなるという事に恐怖を感じました。ここは一刻も早く不思議な世界に飛び込むべきだと考えた私は、男の人に身を委ねる事にしました。手を差し出した私に、彼は優しく語りかけます。

「分って頂いて有難うございます。危く私の意識が途切れるところでした。では不思議な世界にご案内!」

「って…え?下に落ちるの!?」


ざっぱーん。


私は男の人と供に海に真っ逆さま。





「はっ!!」

私は目を覚ました。私はごく普通の部屋にいた。ごく普通と言うか、私がよく馴染んでいる部屋。隣にはブタのぬいぐるみ。そんな事はあるわけないと思いつつも一応私は自分の性別と名前を確認した。

「うん、間違いなく女…そして名前は…」

名前は山田太郎…というわけもなく、私が良く知る私の名前だった。夢と言われればそれまでだけど、不思議な力のおかげで今の私があるという想像はちょっとだけ面白かった。さすがに不思議な事が何でも起こる世界ではないけれど。

つくしんぼう

いまいちアルコールが分解されていない気がする。いつの間にか僕は一人愚痴っていた。

「確かに僕は個性がない。言い換えると没個性だ」

それは僕が随分前から悩んでいる事である。僕はこれと言った特徴を備えていないし、僕に出来る事は他の人が普通に出来る事ばかりなのである。


「そう、僕に個性を期待するのが間違っている」


その時、そんな事はある筈はないのだが、耳慣れない声が聞こえた。

「どの口が言うか!ご主人。あなたは十分個性的だ」

「えー、どこが?」

多少意識が混乱していたのだろう、僕は何も疑問に思わず反射的に答えていた。


「私は知っているぞ。ご主人。あなたは自分が食べるものに頓着しないくせに私の為に上等な食事を用意してくれているという事。そして私がちょっとでも寂しい素振りを見せるとナデナデしてくれる事。」

「うん?そんな事した覚えないけどなぁ…」

「私は感謝している。特に寒い日には同衾させてもらっていたり。貴方には私をここまで可愛がってくれる優しさがあるではないか」

「いや、この家には僕と猫しかいないけど?って…え?」

僕は眠たい目を擦って声のする方を向いてみた。そこには飼っている猫が居る。まさかと思って猫に話しかけてみた。

「もしかして、お前かい?」

「そうだ。ご主人。私だ」

「そうだったのか。お前喋れたんだ。へぇ~」

そして僕は色んな事が可笑しくなって笑い出した。

「…ご主人。いくら酔っぱらっているとはいえ、この状況を少し不思議に思わないのか?私は心配だぞ」

飼い猫に心配されていた。

「何言ってんだ、僕は酔っぱらってなんかいないぞ。分っているよ。お前喋れるんだろ、へへへ…」

「ご主人。前々から言おうと思っていたんだが、酒に酔うとご主人は私が聞いていても恥ずかしくなるくらい滅茶苦茶な事を言い出しているぞ。それと…」

そんな具合に猫から説教をくらって「ほんと、すいません」と謝ったところまでは覚えているがその後の記憶はない。


次の日。私はいつもの通り「ニャー」という鳴き声で猫に起こされた。もちろん喋るはずもない。なんとなく会社で

「実は昨日の夜、家の猫が喋ったんだよ」

と言ったら、

「え?なんですかそれ。○○さんってそういう冗談言える人だったんですね!」

という話で少し盛り上がり、その日僕にはちょっとだけ不思議な人という特徴が加わった。


家に帰ると玄関でちょこんと座っている猫を見て、なんとなく優しく撫でてみる僕だった。

もしもし亀さん

ノートにメモしていた地図を頼りに地面を掘った。そこには何も無かった。
私はノートの持ち主である浦島君を問い詰めた。

「誰も埋めたって言ってないよ」

私は一応納得した。

「ちなみに、何が埋まっていると思ったの?」

浦島君は好奇の眼差しを私に向けている。

「た…ま…」

「ん?なんだい、やっぱり僕が浦島だからって」

私は力を振り絞って答えた。

「た…ま…ご…ざけ」

浦島君は一瞬何を言われたか分からないと言った表情をした後、憤慨し始めた。

「嘘こけ!常識的に考えて土の中に玉子酒埋める奴なんかいるわけないでしょ?ほらほら正直に言いなよ、玉手箱だと思ったんだろ?」

ここで引いたら負けだなと直感的に悟った私は、頭を高速回転させ始めた。

「いや、玉子酒は土に埋めて熟成させるんだよ。知らないの?」

「んなわけあるか!!苦しいにも程があるだろ。よしそっちがその気なら…」

と言って、浦島君はバッグの中からいかにもそれっぽい箱を取り出した。

「言っとくけど、それレプリカだから。からかわれた時用に、いつも持ち歩いているんだ。どうだい?悲しいことだけど、僕が言うと本物っぽく見えるだろ?5人に1人は本物かも知れないと思って開けられないんだぞ。君がもし玉子酒だと言い切るなら、これもきっと本物じゃないって思えるだろう?開けてごらんよ」

私は、ポーカーフェイスを装っておもむろに開けた。

白い煙が舞い上がった。すぐそれがドライアイスだという事に気付いたが、多少肝を冷やした。

「…浦島君」

私は浦島君を血走った眼で見つめて言った。

「君がこんなになるまで苦しめたのは私達が悪いんだよね。それは代表して謝るよ。でもね信じて欲しい。決してそういう人間ばかりじゃないって事を」

「君ってやつは…」

「ところでさ」

「うん、何?」

「亀に乗るのってどんな気分?」

私達に芽生えかけた友情に亀裂が走った瞬間だった。

没ネタさん

何とも言えない感じです。

「完全に何もない。何もないったら何もないのだ」

と言う事が現在の状況を的確に言い表しておりまして、本当にこれっぽっちも、一滴たりとも残っておりません。というわけで没ネタを解説します。



[没ネタ]



僕は何気なくテレビをつけた。ちょうどその時画面下に『年末に煙突から?』というテロップが流れてアナウンサーがニュースを読み上げていた。




「ニュースです。昨晩怪しげな服装をした大柄な男性が、煙突の中からある家に侵入された姿が目撃され、警察に通報されるという事件が起こりました。駆け付けた警察により発見された男性は警官によって現行犯逮捕されたとの事です。

逮捕されたのは住所不定、フィンランド国籍の外国人で、警察の取り調べに男性は自らを「三択ロース」と名乗り、「子供にプレゼントを渡す為にはるばるやって来たのだ」と意味不明の供述しており、押収された所持品と思われる白い大きな袋には、綺麗に包装された玩具などが詰め込まれており、警察は不審な点がないか慎重に調べているとの事です。さて不可解な点もいくらかありますが解説者の○○さん、どう思われます?」


「これは子供をプレゼントで誘惑して誘拐しようという魂胆だったのではないでしょうかね。年の瀬の慌ただしい時期を狙ったものと思われます。しかし煙突の中から侵入するというのは大胆ですね。年末にはこういった不審者も増加傾向にありますので家の戸締りをしっかりする等の用心がベストです」


「では次のニュースです」




僕は外国にも変な人がいるもんだなと思った。



[]


これは、「もしサンタクロースがいないパラレルワールドに、突如それっぽい人が現れたら」という設定で考えたのですが、ただの不審者にしかならなそうだなと思ってしまって話が残念なことに膨らまなかった例です。解説がないと分からないネタになってしまいました。

ネコ話 その1

これはとある家に住む二匹の猫の他愛もない物語です。




ある日、先輩ネコは家主が居ない時間を狙って、やや野太い声でこう言いました。

「よう、後輩。そういやお前が来て丁度一年になるか」

後輩ネコは答えました。

「うん。そうだね。もう一年になるね」

先輩ネコは背筋をピンと伸ばしてキリっとした表情で言いました。

「こう見えても俺はもう七年目だからな、お前よりも俺の方がこの世界の事について良く知っている」

「そうだね、確かに」

先輩ネコはニヤリと目を光らせて続けます。

「という事はだ、そろそろお前も気付いてきただろう、俺の偉大さに」

「まあねー」

「何より凄いのは、この歳になっても高い所に軽々ジャンプ出来るし、このスリムな体型を維持しているという事だ。そして観よ、この毛繕いが行き届いた背中を!」

「うん。スゴイネー」

「それだのにお前ときたら、毛がもじゃもじゃで、足は短足だし、ジャンプ力はない」

「まあ、そういう品種だからねー」

「最近では俺の主人の寝床をかっさらってくるという始末。一体どうしてそんなに図太いのか?」

「まあねー」

「それでも、年長者として我慢しているところは我慢しているのだ。特等席のストーブの前だってお前に譲ってやったりな」

「アリガトー」

「ただな、そんな俺も時々お前に圧倒されることがある」

「そうなのー」

「ああ…。何の事か分かるか?」

「うーん。わかんない」

「お前、来たときはあんなにチビすけだったのにこの一年で俺よりも身体デカくなってるってどういう事だよ?食ってるもん一緒だろ?」

「きがついたら、そうなっていた。一体何でなんだろう?謎だ…」


先輩ネコは溜息をつきながら言いました。


「なんでもいいんだけどよ、ひとが話している間、何食わぬ顔で俺のエサを食うのだけは辞めてくれよ…」
プロフィール

なんとかさん

Author:なんとかさん
ナンセンスな物語を書くつもりです。リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
普通のカウンター
投票
無料アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR