FC2ブログ

貴方へ

[貴方は]


自分の喜びが誰かの幸せなのだと、そう気付いた時私は変わった。素直にそう言えるわけではないけれど、多分私が感じているこの気持ちはそういう事なのだろうと思う。私も歳もとった。まだ若いねと言われるけれど、がむしゃらに頑張らなくてもそれなりに満たされていると感じるくらいには世の中の事が分ってきた。


今ここには居ない貴方が、そうしていてくれるだけで、それだけでいいと思えるとしたら、それは素敵な事だろうと思う。でも少し無理をしているのだとしたら、ほんとうに、ただ…



『あー、もしもし?今後の土曜でしょ?その日はちょっと無理かなぁ。色々とね』


『そう。残念。じゃあ映画館行くの辞めようかな…』


『いやー、行っておいた方が良いと思うよ。って言ってもわたし行けないけどさ…』


『一人で行けっての?』


電話口から「うーん」という声が響いてくる。すると美緒はこんな事を言った。


『実はさ、わたしの弟その近辺に住んでんだけどさ、そいつと一緒に行ってみない?』


『え…?何言ってんのよ?っていうか弟居たんだ…』


驚く私をよそに美緒は笑いながら答える。


『うん。出来のわるい…っていうかちょっと変わってる弟で、今大学生でさあんたが見たいって言ってる映画をちょうど見たかったらしいんだけど、「ぼっち」だからって一緒に見に行ける相手が居ないんだって』


なるほど、とその時は思った。


『あー、最近学生でそういう人結構居るみたいだね。確かに男の子だと一人で見に行ったらちょっと居心地悪いかもね…まあ私もそうなるから見に行けないんだけど』


『今どき珍しくないんだと思うけど、ラブストーリーはやっぱり誰かと一緒に観たいわよね…まあ異性とだったら…ってあんたにはこの話はマズかったかしら?』


美緒はまだ気遣ってくれている。『私はそんなに気にしてないよ』と言うつもりだけれどその前に彼女が言った。


『とにかく弟の為だと思って、一緒に行ってもらえないかしら?あ、大丈夫よ今流行の草食系とか絶食系男子みたいなもんだから』


『みたい』という部分が若干気になったけれど、親友の弟だしまあ良いかなと思ったところを強引に押し切られた感じで、結局土曜日にはその人と映画館に行く事になった。何となくあのペンダントを着けていこうと思った。



[僕は]


少し歳の離れている姉は時々良く分からない事を提案する。確かにこの間実家に帰った時に自分の悩みを少し打ち明けたのもまずかったけれど、それからしばらくもしないうちに『自分の親友と一緒に映画を見に行って』と頼まれた時には何事かと思った。確かにその映画を観たいと言っていたけれど、知らない人と見に行くような内容ではない。普通それだと戸惑うだろうと思うのだが姉はあの性格だからあまり考えていないようだ。


僕はほぼ自分の意思とは無関係に土曜日に家を出ていた。先方に「既に約束してしまったから」と映画を観に行く羽目になってしまったのだ。コミュ障気味の自分にはこのシチュエーションは厳しい。でも、「こういうのも経験だから、あんたの悩みはそういうところから始めればいいのよ」と押し切られた手前嫌々では相手にも失礼だし、自分にとってもまずいのかも知れないと思い始めていた。



お互いに相手の顔を知らないので分り易いところで待ち合わせた結果、先に到着していた姉の親友「愛華さん」が首尾よく自分を認識してくれた。


「は、はじめまして、美緒の弟の寛人です」


どうも緊張してしまい、声が裏返ったりしながらも何とか自己紹介を終えた。すると愛華さんが、


「そんなに緊張しなくて大丈夫。今日はお姉さんに付き合ってくれてありがとう」


と柔和な笑顔で語りかけてくれた。僕はその時自分の不肖の姉を思い浮かべその差に驚愕していた。何故あんなガサツな女の友人がこんなに出来た人なのだろうと小一時間考えたくなるような親切さだった。何かが癒されるような感覚で映画館まで移動して、少しふわふわした気持ちで大人二人分のチケットを購入した。


「真ん中の席で良かったの?」


愛華さんから訊かれたけれど、僕は何も考えず見やすいだろうという判断でど真ん中の席を選んでいた。


<そういえばこういう時は相手の希望を聞いておくべきだったよな…>


と反省したものの後の祭り、


「あ、自分、真ん中が好きなので…」


と若干顔をひきつらせた笑いでその場を誤魔化そうとした。けれど意外な事に、


「あ、私も真ん中の席で観るのが好きなの」


と笑顔で言ってくれた。結果オーライという事で、僕等は「スクリーン3」という所に入った。



[だから]


親友の弟くんはまだあどけなさが残る男の子だった。案外このくらいの年齢の人には普段合わないものだから、どういう態度で接すればいいのか迷っていたけれど少し頼りなさそうに見える様子とは違って自分から意見を言って決めてくれるので助かった。寛人くんの選んでくれた真ん中の席で堂々と映画を見る。スクリーンは満席に近かった。


「うん、ああ…」


映画が進むにしたがって緊張がほぐれて来たのか寛人くんはストーリーが展開する場面場面で小さくだけれど感心したような声を出していた。<本当にこの映画が見たかったんだな>と思っているうちに私も一緒になって引き込まれていた。


「「あっ」」


ほとんど無意識だったけれど彼と二人で同時に声が出てしまった。ヒロインが机の抽斗に仕舞われたCDを発見するところだった。その中にはヒロインを主人公にしたゲームが記録されていた。彼女は恋人が彼女にプレイさせようとして自作したものだと気付く。そしてそのゲームをクリアした時…



「まさかゲームをクリアしたら彼女に宛てた手紙が表示されるとは思いませんでしたね!」


映画館から出てくる時に寛人くんは興奮気味の表情で言った。私もそれに同意した。その手紙の内容でヒロインと同じように涙ぐんでしまいそうになったのは気付かれただろうか。何故ならそれが「彼」が私にくれた手紙と酷似していたからである。


「あんな風に思いを伝えるって僕には出来ないなって思います」


「そう?意外とあるんじゃないかしら?」


「でも、僕なら直接言ってもらいたいなって思います」


私はなるほどと思った。でもそれが難しいからああいう風にしたのだと思うと仕方ないように感じる。私があの手紙でそう思った時のように。


「なかなか面と向かっては言えないんじゃないかな…」


思わず出てしまったそれは、まるで登場人物とは違う誰かの代弁をしているような言葉だった。寛人くんは何かを考えるような表情をしてしばらく何も言わずに歩いていた。


「でも、言いたいって思ってる筈ですよね」


その何気ない一言は、私の何かを揺らした。


「え…?」


反射的にその言葉を訊き返していた。


「え…?男の人の方は本当は言いたいと思うんですけど…俺何か変な事言いました?」


「う…ううん…言ってないよ。あ、その、そんな風に考えた事なかっただけなの…」


動揺している私を見て、寛人くんは何を思ったのだろう。首を捻って「う~ん、一般的にはそうじゃないのかなぁ?でも…」と呟いていた。私達はそこから駅まで歩くとそこで別れる事になった。別れ際、私は彼に行った。


「今日はありがとう。なんかスッキリした!」


「え…?あ、そうですか。それは良かったです。あ、そうだ、姉貴には『大丈夫だった』って言ってくださいね。あの人、俺の事いつまでも子ども扱いするから」


「うん、分った。大丈夫だよ。『しっかりしてる弟さんでした』って言っておく」


「じゃあ!」


「じゃあね!」



私はその時力強くこう思っていた。



<貴方が本当にそう言いたかったのか、確かめる権利くらい私にはあるわよね>


と。今度直接聞きに行くから覚悟してなさい、ペンダントの中に小さく映っている男に向かってつぶやいた。
スポンサーサイト

淡く脆い ㉔

コンビニからの帰り道、予定にあったわけではないけれど何となく違う方向に寄り道をしていた。芳井さんと出会った橋の向こうのあの甘味処である。作務衣に白い頭巾の店員が元気な声で出迎えてくれる。


「えっと、『あんみつ』を一つ」


席に着くなり注文をして女性が伝えに行ったのを確認して静かに待つ。何となくスマホを弄りながら自分がした事について振り返っていた。間違ってはいないけれどだからといって正解とも言えないような気がする。結局のところ「ただ自分がそうしたかっただけなのだ」という事に思い至ったとき、


「まあ、何とかなるだろ」


と自然と言葉が出ていた。


「何が「何とかなるだろ」なのよ?」


思いもしなかった返事があった。スマホから顔を上げるとそこには見知った顔があった。芳井さんの友人のあの御堂さんである。御堂さんは当たり前のように目の前の席に腰を降ろす。


「うわ…びっくりした!」


「びっくりしたのはこっちの方よ。あなた…だとちょっと余所余所しいから『片霧くん』でいいかな?」


「いいっすよ。僕も『マリさん』でいいですかね?」


「うん、何でも良いよ。で、片霧くんは何でこんな所…ううん、ここに居るの?」


色々気遣う御堂さんの言い直しに笑いそうになったけれど、真面目に答える。


「前芳井さんにここを紹介されて二人で『あんみつ』を食べたんですよ」


「うん。それは分かったけど、何故今日は一人で?」


いかにも不思議そうに尋ねてくる御堂さんを見て、考えてみれば特に理由がないのだという事に気付いた。


「まあ特に理由はないんですけど、今日こっちに来たからですね」


だが御堂さんはそれでも納得しないようだ。


「じゃあなんで今日こっちに来たの?実はさっき里奈と会ってきたの。だから片霧くんは里奈と会う為にこっちに来たんじゃないって事が分ってるの」


別に隠していたわけではないけれど相手が相手だし『戸田』氏に会いに行った事を報告すべきなのかなと思った。コンビニであった事をそのまま御堂さんに告げる。彼女は一瞬だけ信じられないものを見たときのようにその大きな瞳を更に開いていたが、すぐに元の表情に戻った。そしてしばらくじっと何かを考えるようにしていた。


「あの、すいません!『あんみつ』一つお願いします!」


御堂さんは何故かこのタイミングで突然大きな声で店員に向かって注文をした。店にはそんなに客がいないようなので別に不躾ではない。店員も気前よく「は~い」という返事で応えていた。そして御堂さんは今度はニコニコしてこちらを見ている。


「どうかしたんですか?」


「うんとね『あんみつ』が楽しみなのと、片霧くんが面白いなって思って」


「面白いですか?」


「むしろその面白さを自覚して無いのはドン引きだよ?だって敵に塩を送る?だっけ、とにかく何でそういう事をしちゃうのかなって思って」


「でも誰かに気持ちを伝えられる事は大事だと思うんですよ。」


「そうだけど…」


その時机が少し揺れたような気がした。何かと思ったら御堂さんが下で足をブラブラさせているだけだった。そしてゆっくりこう言った。


「私としては、それを里奈が知ったら複雑な気持ちだと思うな…戸田くんが里奈を好きなのもそうだけどあなたが戸田くんに伝えた事も。だって普通「何で?」ってなるじゃん」


「あ…言われてみればそうかも知れないですね。そこまではあんまり考えてなかったなぁ…」


そういうリアクションはしたものの、実は少しだけ自分の行動がどうなるか分らないという事だけは自覚していたのもある。あまり考えたくはないけれど、芳井さんが戸田氏の告白を受け入れる可能性だってないわけではない。


「っていうか、どうして気持ちを伝えられる事が里奈にとって大事だと思ってるの?」


「そ…それは…」


自分の経験から…いや、何となく。言葉は浮かぶものも明確な答えが出てこない。多分漠然とその方が良いとしか思っていなかったような気がする。するとフォローするように御堂さんが言った。


「まあ、確かに『経験』という意味では悪くないけどね…」


そこから言葉が続かないままだったところに店員が『あんみつ』を二つ運んできた。美味な餡を二人で味わいながら何気なく御堂さんが言った。


「経験って、演技に活かされる事もあるよね」


「…」


その時、自分は心のどこかで芳井さんの演技に生きるような事としてこの行動を選んだのかも知れないと思った。そうなのかも知れないし、そうではないのかも知れない。一方で演技の為にではなく純粋に芳井さんが誰かに愛されるような人だという自信を持ってほしかったのかも知れない。


「そういえば今日は芳井さんどうでしたか?」


「うん。ふふふ…聞きたい?」


「ええ、聞きたいですよ」


「まあ、一生懸命だったのは変わらないけど、ありゃー間違いなく恋をしているね」


御堂さんは茶化す様に言うのだけれど、目は結構真剣である。多分当事者である自分にはこれは少し気恥ずかしくもある。


「恋ですか」


「恋ね」


「ところでこの『あんみつ』前に食べた時も思ったんですけど、結構『濃い』ですよね」


一瞬微妙な間があった。御堂さんは苦々しい表情で


「うわ…いまのマジ白けるわ…」


と言ってそのあと笑った。

一つの道

「雨が降るね」と僕は言った。僕等は堤防をゆっくり歩いていた。日も暮れようとしている時の雨だから暑いけれど冷たく感じる。彼は川の方をぼんやり見ているようだった。

「なんかあるの?」

「え。ああ、ただ何となく見てただけだよ。でも何かは見てるんだろうな」

「何かって何?」


「例えば流れとか、線とか、そういうものかな」


そうなのか。とその時は頷いた。歩いていると雨が少しだけ強くなってくる。引き返した方が良いのかなと思ったけれど惰性なのか足の動くままに任せていた。


「例えばさ」


その時彼はおもむろに喋り出した。


「うん」


「このままずっと歩き続けたとする。どこまで行けるかな?」


「え?」


僕にはよく分からない言葉だった。普段ははっちゃけている彼にしては珍しく真面目というか深く考えたもののように思われた。その証拠に口を開いたと同時にこちらを見つめた時の表情に何ともいえないものが浮かんでいた。真面目に答えるべきなのか、軽く答えるべきなのか迷った。


「そりゃあ…」


と言って僕は少し間を置いた。と同時に本当に歩き続けた場合を想像し始めた。雨が降り出している今、どちらかといえば戻った方が良い。そんな時に更に遠くまで行くとなるとどこか明確な目標物が見つかって満足するまでは歩みを止められないような気がする。例えば…


「多分、あのコンビニ位まで行っちゃいそうじゃない?」


その答えに彼は一瞬キョトンとしていた。そして了解したのか頷きながら、


「ああ、なるほど。確かに良い目標になるね」


と妙に納得していた。その答えに疑問を感じたので訊いてみた。


「あれ…?そういう事じゃないの?」


すると彼は照れくさそうに笑いだして、


「ああ。実はそこで「さあね?」って返ってくるのが普通だと思ってた」


「真面目に答えちゃいけなかった?」


「いや、そういうわけじゃないんだけど。ふふふ」


赤い夕日に照らし出された笑顔が眩しく見えた。<なんか嬉しそうだな>と思った。すると彼がこんな事を言う。


「あれさ、もし君が良いっていうなら本当にコンビニまで行ってみない?2キロくらいありそうだけど」


「え…?マジで?」


オーバーなリアクションで驚いてみる。すると彼は弁解するように説明する。


「いやなんかさ、今の雰囲気がすっげえ好きなんだわ。なんつーの『青春』っていうのか、あるじゃんそういう時」


何気なくいつもの彼の口調に戻っていた。分らなくもなかったので少し頷いた。


「勿論さどうせ行った事のあるコンビニだけどさ、普通こういう風には行かないだろ?」


「まあ遠いしね」


「でも敢えてそう行ってみる。今だからできる事じゃないかって思うんだよ」


「今だから?まあ確かに…」


ここで僕は彼の気持ちがわかったような気がした。考えてみると受験まで半年で、勉強が優先でこの頃はあまり出掛けられていない。何となく余裕がなくなっているのも確かだ。そしてこの下校路の遠回りも考えてみるともうそろそろしなくなってしまうのだ。そう思い至った瞬間、僕の中で何かが動いた。


「よし!行こうぜ!雨降っちゃってるけど、何とかなるだろ!」


「おお!じゃあいざ、コンビニ!!」


そうしてその日、僕の帰宅は2時間程遅れた。コンビニに着いたけれどジュースを買ったくらいで何があったというわけではなかった。中途半端なところまで降り続いた雨ですっかり濡れてしまったけれど、もうそんなものは気にならなかった。ほとんど何もなかった高校時代だったけれど、その何でもない日の事がいまでも鮮明な映像として残っている。




それから5年経った頃、彼が外国で就職したという知らせが届いた。そして次の年に彼が帰省した折、僕等は二人で飲んだ。その時彼はこんな風にあの日の事を語った。


「お前には言ってなかったけどさ、まさにあん時だよ外国に行ってみたいなってぼんやり思ってたの」


「ほぉ…そうだったのか」


遠くに行って久しぶりに会ってもあの時の照れくさそうな笑顔で彼は語った。


「遠くに行くって事はあんまり関係ないんだけどさ、やりたい事をそのままやっちゃって良いんだって思ったんだ」


「いいな、そういうの」


「まああの日雨に濡れて次の日俺だけ風邪をひいたから何とも言えないものがあるんだがな」


「ちがいない」


僕はあの日のようにからから笑っていた。

新年になりました

新年になって今日は友人と呑みに行く予定です。


まだ新年の抱負などは考えていないのですが、積もる話をしながらぼちぼち考えてみ
ようかなと思います。
プロフィール

なんとかさん

Author:なんとかさん
ナンセンスな物語を書くつもりです。リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
普通のカウンター
投票
無料アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR