FC2ブログ

掌のワインディングロード ⑫

私は自分の事をあまり望みの薄い事には挑戦しないタイプだと思っている。世の中がこんな感じだし同世代の子も世界に期待していないというのか、身近にある幸せとか、頑張れば何とか出来そうな事に留まっているような感じと言えばそうかも知れない。一回り年のいった世代の羽振りの良かった時代の話を聞いたりすると、「そういう時代もあったのね」という歌詞のような感想しか出てこない。仕事だから相槌を打ちながらもどこか冷ややかに聞いている自分もいる。


実家の両親だって同じ世代だけど、公務員にとってはあまり変わらなかったという苦労話を昔よく聞かされた。既に立場が逆転していた数年前から父は私に教職に就くことを望んでいた。勉強をするのも人に教えるのも嫌いなわけではないけれど、私ははっきりと研究に向いているタイプだという事を自覚していた。


<人に教える前に、もっと自分で勉強してみたい>


大学3年の頃からぼんやり思いはじめていた気持ちが行動に移ったのは教職免許を取る為の教育実習を辞退した時である。そこで両親は裏切られたような気持ちになったのかも知れない。私としては教職が既に狭き門で、コネの世界だという話を教授から聞かされていて、挑戦する意欲も失せてしまったという事情もあった。就活も始まってはいたけれど、4年の頃から始まったゼミの雰囲気が自分には合うと思えてきた。



気が付くと私は院へ進学する準備を着々と始めていた。教授の後押しもあって、奨学金を貰えるというような状況になったのでバイトを続けていけば親の仕送りがなくても生活できる―ただし授業料は出してもらわなければならない―と分って、私はほぼ一人の判断で院試を受け、そして受かってしまった。


そこから一層両親との関係が悪化したのは言うまでもない。授業料はなんとか出してもらえる事になったけれど、


「あとは勝手にやれ」


と言われた。院時代、母は時々連絡をくれていたけれど、卒業後今の道に進んだのを知らせて以来、電話口で泣かれてしまった。母も父ほどではないにせよ、私に普通の道を期待していたのだと思う。けれど、未練が残ったままの私にとって仕事は全てを捧げるものではなかったのだと思う。



私が何故、今こんな事を振り返っているかというと、望みが薄い事に挑戦しない性格で良くも悪くも今の生活がある私がギャンブルをしてしまっているという事がとても意外な事だと自分でも思えているからだ。馬券を買い始めたのも何となくだったし、そもそも当たるという事はそれほど気にしていない。『応援のつもり』といえば近いかもしれない。



けれど確かに手にしたお金はその夜の夕食代になったし、幾らか手元に残った。一昔前なら「あぶく銭」と呼ばれたかも知れないお金も、お金である事には変わりない。まっとうな仕事というなら、今の仕事はグレーゾーンなのかも知れないけれど、ちゃんと働いている実感はある。考えれば考えるほど、このお金は不思議だった。



タラちゃんは当たった事を喜んでくれたし、勇次に至っては「それ買っておけばよかった」と悔しそうにしている。男性というのは意外とギャンブルが好きなのではないかとさえ思えてしまう。でももっと深く考えてみると、私がこの「10番」の馬券を買ったのは決して『望みの薄い』事に投資したわけではないという事が分る。



実際、私は10番のヨコスカパンドーラが勝ってもおかしくないと思っていた。倍率というのは多くの人が賭けた金額を反映するから、10倍という倍率もしっかり意味がある。見る人によっては他の馬が1着になる可能性が高いと踏んだのだろう。けれど私にとってはそれほど『ギャンブル』という感じもしなかったのも確かなのだ。


そういう感覚的な話を二人にしてみたら。


「ああ、分ります。僕もときどき自分が良いと思った馬が全然人気にならない事もありますし」


という返事。勇次は一応頷くものの、


「まあでも人気が集中するって事はそれなりに何かいいところがあるってことだと思うけど」


と言う。私は数学の確率論はそんなに得意ではないけれど、競馬のレースの確率というのは数字で言い表される事を越えているような気がする。難しい話だけど、どこかロマンのようなものを感じなくはない。そして私はジャパンカップに勝ったヨコスカパンドーラについて調べているうちにもっと興味深い事を知った。


ヨコスカパンドーラは名前に『パンドーラ』というギリシャ神話でよく出てくる女性の名前が入っている。「全ての贈り物」という意味の女性の有名な逸話が「パンドラの匣」という言葉でよく知られている。


「全ての贈り物」。その中には当然悪しきものも含まれている。ありとあらゆるものが飛び出した最後に残っていたものが『希望』。文学的にもとても魅力的なテーマの逸話だけれど、この馬に何故この名前が着いているのかを調べた時、私は納得してしまった。



数年前にこの馬が生まれた時、牧場の経営があまり上手くいっていなかったらしい。パンドーラは良血だけれど、思ったほど期待されていなかったという。けれどその時経営者が変わってあらゆる可能性を尽くしてそれまで行っていなかったような試行錯誤が始まったという。牧場の人はこれで上手くいかなければもう希望はないとも思ったらしい。そんな中、ある馬主さんの目にパンドーラが目に留まる。馬主さんも牧場の事を知りパンドラの逸話の『希望』なのか、それとも『希望するように定められた人間』の『苦痛』なのかの、その話に通ずる部分があると思ってそう名付けたらしい。




そしてその馬は先週、チャンピオンに輝いた。生産者の事を考えると喜びは大きかっただろうと思う。けれど喜びばかりではない、それまでの過程を考えれば希望し続ける事の苦痛というのもよく分かるような気がする。



私はそれを知ってから自分の事を振り返った。望みの薄い事には挑戦しない方が良いのかも知れない。『パンドラの匣』は開けないままの方が良いのかも知れない。でも、開けてしまうなら苦しみと、そして喜びがあるのかも知れない。私にとってパンドラの匣とは…



そう考えた時、勇次と顔が合った。彼はにっこり笑った。もし、勇次が傍に居てくれるなら、タラちゃんが応援してくれるなら、希望し続ける事も決して不幸ではないように思う。


そんな風に思った。




※ヨコスカパンドーラのモデルはショウナンパンドラですが、この話は完全に創作です。
スポンサーサイト

足はまだ

今ではないとそう思うとき、視線の先にあるのは追憶の情景か或いは見果てぬ場所か。

思い違いでないとするならまた踏み出している。体温を遺して去っていった昨日はもう
取り返せやしない。


それでいいと、それでも好いと、思うからこその一歩。


足はまだ動くのです。

ひとよ

必然ではないのなら、いつかそういう事もありましょうと軽んじてみるのです。
いつか言う機会もあるのでしょうととぼけてみるのです。


知りもしないけれど。保証もないけれど。



何かを期待し、漂う文字を追いかけるのでしょうか。人よ。

シーソー

その頼りなさが絆だと云うのなら、戯言にも似ている言葉を吐いてみるのも良いのかも
知れない。


其れは何かになるから。其れは待ち続けるから。



シーソーのように浮いては沈むその反対側もまた、何かの重みがあるのと。

あはれ

昨日には知り得なかった気持ちをささやかに感じ、遠くを想って瞼を閉じる。


今さえも移ってしまうから。今しかできないから。


あてずっぽうの言葉ではどうも届きそうにない。膨らんだ花弁が舞うこの町で
忘我の淵にいる自分を想像する。


いずれ。それでもこの穏やかさを何かに喩えようとしているなら。

ほほえみ

どこにも行かないのだけれど、どこかに進んでいるような気がする。昨日よりも
現実が親しげで、もう少し何かをしてみたくなる。


怖さもある。でもまた探し始めるのだ、知らない自分を。


ほほ笑むのは何だろう。

笑う

誰に言ってるんでしょうね。ほんとうにそうなのです。誰に言ってるんでしょうね。


ただ強がりを言いたいのなら、ただ偽らざるところを言うなら。


ほんとうに何かになる事を言いたいものです。そんな言葉を探しているのでしょうね。


誘われて、魂が笑うのです。

我々という

ただようのですね。必然を失って当てどなく。流れ着いた者同士仲良くやりま
しょうや。


って事にしておいて下さい。今はただこの揺らめいている何かをぽっと言葉に
したいのです。



それほど確りとはしていないのですから。『我々』という言葉も。

掌のワインディングロード ⑪

ジャパンカップ当日。府中競馬場は異様な熱気に包まれていた。GⅠの雰囲気には慣れ始めていた俺もそこまではと思うほどに混雑しているので驚きを隠せない。「日本ダービーこういう感じですよ」と言ったタラちゃんの言葉を信じれば、何日も前から競馬場前で並んでいる人がいる話もごくごく普通の事らしい。今年の日本ダービーについては仕事上の知り合いと会う約束をしていたのもあって見に行ってなかった。もしその日の状況をこの目で確認していたら、今日来ることも少し躊躇ったかも知れない。


「こうなると早めに場所を取ってないと見れないわね…」


聡子の一言でその日はあまり移動しない事に決めて、なるべく前の方に移動してあとはずっと観戦する事に決めた。ジャパンカップのパドックを観てから決めたかったのだが、本命にしていた5番の「ラッキー」と10番の「ヨコスカパンドーラ」の馬連をそそくさと購入。結局2人の意見を参考にした結果である。聡子は「ヨコスカパンドーラ」の単勝1000円分を購入。そして普段はあまり馬券を買わないタラちゃんはというと15番の「ゴールデンボート」の単勝を買っていた。


タラちゃんは照れくさそうに、


「僕もミーハーなところがあってですね、前のレースはとんでもない失態を見せた馬ですが応援したい気持ちがあって…」


と言っていた。俺はというとその馬を最初に切ったタチである。どうやら競馬ファンにはアイドル的な人気があるようで聡子も葦毛の綺麗なその馬も好きだとは言っていたが、「よく分からない」そうである。


メインレースが近づくにつれて観客は徐々にヒートアップしていった。いつもより2割増し位で聞いててちょっとどうかと思うヤジが飛んだり、悲鳴に似た絶叫を上げる人が見受けられる。この日の東京は11レースまでしかなかったが、10レースになる頃にはスタンドでももう身動きが取れない状況になっていた。10レースは1600万下の特別戦だったが、ファンファーレが鳴ると既に歓声が上がっていた。


「こりゃあ、本番はすげえぞ…」


「私も興奮してきちゃった…」


あの冷静な聡子ですらテンションが上がってしまうような異様な熱気。もしかしたらサッカーや野球より、或いは音楽ライブよりももっと凄いテンションかも知れない。


「やば…緊張してきた…」


そう言うタラちゃんはGⅠになると極度に緊張する。応援している馬が居る時には特にソワソワしていて、競馬歴が長い割にはこの時だけは落ち着きがない。


「うわ…俺もだ…」


かくいう自分も会場の雰囲気に呑まれて心臓が早鐘を打ち始めたのを感じた。ギャンブルをやるようになって思い始めた事だが、こういう時ほど冷静さを欠いてはいけないと思うのだ。まあ今回に限って言えば既に馬券を買ってしまっているし、もう買いには行けないけれど、仮に買える状況だったらもう少し買い足していたかもしれない。



そしていよいよ本馬場入場の時間となった。馬が一頭、また一頭と馬場に姿を現すたびにターフビジョンに拡大された姿が映し出されてまた歓声が上がる。俺が最初に本命にしようと思っていたイラプションが出てきたが、歓声を聞いた為か少し興奮したように首を高げて今にも騎手を振り落とそうな勢い。


「あ…」


その小さな呟きを聞き取ったらしいタラちゃんが、


「日本の競馬場は、特にこういうレースだと歓声が異様に大き過ぎて外国馬は戸惑う事があるというのは仕方ない事かも知れないですね…」


と解説してくれた。あの状態で走ったら少し不利なんじゃないかと思ってしまう。自然に人間に置き換えてみて興奮している人を想像して、本命にしなくて良かったと思ったりした。


本馬場入場が終わり、一度クールダウンした会場。けれどゲートが目の前の地点に置かれているので、再びそこに集った馬達がよく見えて、ちょっとした変化で会場から声が上がる。スタートに難があるというゴールデンボートについては周囲から


「今日は大丈夫かな~」


という溜息にも似た声が聞こえてくる。俺もその言葉で今日応援すべき「ラッキー」と「ヨコスカパンドーラ」を目で追い始めていた。どちらも落ち着いている。



すると何処からともなく手拍子が湧き起って来た。それがしばらく続いてボルテージが上がってきた頃、


「ファンファーレの時間です!」


というタラちゃんの声といっしょに生演奏のファンファーレが始まった。



パーパパパー パパパー 



手拍子と歓声に驚いている馬もいるらしいが、まるで地鳴りのような響きである。ファンファーレ―の最後に


「「おお」」


という周りの声に釣られて俺もつい叫んでしまった。聡子はもう馬の方しか見ていない。全頭が無事にゲートインを済ませてスタートの瞬間、再び歓声。


がっしゃん



スタート!





最早その後の事は興奮で殆ど覚えていない。「いけー!」とか「こいこい!」とか無意識に叫んでいたのを覚えているが直線の迫力は圧巻で、ラッキーがいち早く脱け出した瞬間は頭が真っ白になった。だがすぐ外と内からそれを捉える勢いで一気に馬が伸びてきているのが分った。一頭は「ヨコスカパンドーラ」もう一頭はノーマークだったエンドインパクト。



そしてヨコスカパンドーラとエンドインパクトがラッキーを交わしたところがゴール。ヨコスカパンドーラの方が少し前に出ていた。


「あー、外れたぁー!!」


と叫ぼうと思った瞬間、聡子が「やったぁー!!ほんとにきたー!」と興奮し始めた。そういえば単勝が的中である。そしてタラちゃんは既に冷静な状態に戻っていた。ゴールデンボートはスタートは良かったけれどあまり伸びなかった。


「うわ!そういえば聡子さん、単勝だと10倍くらい付きますね!!」


冷静になっていたタラちゃんが冷静に計算して地味に興奮していた。


「私、当たったの始めてかも…」


確かに馬券を買いはじめてそれほど経っていない聡子はこれが初的中ではないだろうか。


「なんか、すごく不思議な気分…」


慣れていないのか素に戻って若干当惑しているように見える。

その本当

ふと立ち止まる。あるような気がするからなのかも知れない。


けれどそれは儚く、確かなものには届かない。



この気持ちは確かなものだから。だから、また歩き出す。
プロフィール

なんとかさん

Author:なんとかさん
ナンセンスな物語を書くつもりです。リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
普通のカウンター
投票
無料アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR