FC2ブログ

淡く脆い ㉘

芳井さんと約束した日。朝、いつもより気合を入れて服装を考えていた。それまでの印象が覆る事はないにせよ、恋人として彼女に相応しい姿というイメージが何となく浮かんでいて、そうした方が喜ぶのかも知れないと思いはじめたら細かなところが結構気になってくる。もともと幼い顔立ちで格好をつけても似合わないと分っているけど、ちょっとした意地のようなものでそれなりに男の部分が見えるようにしたかった。格好はどうにかなったものの洗面所の鏡に映った顔がなんとなく自信が無いように見えて、そそくさと家を
出た。


しばらく続いていた寒気が一旦収まっていたようで、お出かけ日和と言えた。自分の目には何か世界が新鮮に映る。見慣れていた景色もどこか違った色合いを感じさせ、行きかう人に比べると自分は少し浮かれているように感じる。あれこれ考えている間にいつの間にか待ち合わせ場所まで来ていた。そしてその場所は二人にとって少し特別な場所だった。



あの派手な格好をした芳井さんを初めて見た場所である。



てっきり自分の方が先に着いていると思ったのだけれど、意外な事にあの日とは全く違った柔らかな雰囲気で、やはりあの不恰好な像の下で彼女は座っていた。僅かにだがソワソワしているようにも見えた。


「早いね。もしかして待った?」


「あ…片霧さん」


姿を確認した時に一瞬だけ躊躇いがあったように感じたのだが、やはりいつもより気合を入れ過ぎていたのかも知れない。芳井さんはゆっくり立ちあがり、


「なんか落ち着かなくって早めに来ちゃったんです。でもちょっと前に来たばかりですよ」


と言いながら愛らしい微笑を浮かべた。その表情に見惚れてしまいそうになるのを抑える。


「じゃあ良かった。似合うね」


白を基調とした長いスカートと淡い色のブラウス。年頃の可愛らしい女性という感じが彼女にはよく似合うと思った。


「実はこういう格好ってあんまりしたことないんです…よかった」


かなり恥ずかしそうに言う。「何でも似合うよ」と言いそうになったけれど、それは今は無粋なのかもなと思ったりした。


「そういえばここで最初に会ったのって多分覚えてないでしょ?」


あの時の芳井さんは隣に座っていた人の事は目に入らなかったと思う。


「えっと、何となく男の人が隣に座ってたっていうのは…覚えてないかも…」


もしここで自分の第一印象を言ったらどうなるのだろうと思っていると、


「私どんな感じでした?」


と訊かれて結構困った。あの時、彼女の見た目で自分の苦手なタイプの女性だと思ったと素直に言うべきなのか。


「うん…ちょっと怖かった…」


これも素直な感想だったが、そう言うと芳井さんはおかしそうに「ふふ」と笑った。


「片霧さんらしいですね。そういうところが…その…」


何かを続けたそうにしていたが、その後ちょっと恥ずかしそうに顔を伏せたので何となく伝わった。この前まではこういう微妙な部分を深く考えないようにしていたけれど、自分が好意をもたれている事を素直に受け取っていいというのは新しい喜びでもあった。けれどこの時、少しだけ気になった事があった。


「なんか気のせいかも知れないけど、ちょっとだけ雰囲気が変わったような気がするけど」


「私ですか?」


「うん」


「そりゃあまあ、素直になっていいんだなって思ったらそうなるというか…でもそれ言ったら片霧さんもですよ」


「え…?そうかな?」


「なんか前より、フワッとしてる感じがします。日だまりみたいな」


「…」


今度は自分が照れくさくなる番だった。ここでこんな風にデレデレしているとずっとそうしていそうな気がしたから、


「まあ、とりあえず移動しようよ」


と気を取り直した。前よりも雰囲気が親しみやすくなったように思える芳井さんと一緒に歩いているとそれだけで満たされた気分になるのを感じた。もちろんこれからの事を考える必要はあるけれど、今はただこうしていたいそう思った。


「…うふ」


歩いていて時々聞こえる嬉しそうな声。どうやら浮かれているのは自分だけではないようである。芳井さんが行きたい場所があるので案内してもらっているが、次第に土地勘が無い景色に移り変わってゆく。10分くらい歩いただろうか、


「行きたい場所ってさ…」


と目的地を聞こうとした時、


「あそこです!」


元気よく視線の先にある建物を指さした芳井さん。


「あ、ここか!」


それは若い女性向けの洋服を扱っているショップらしかった。大型店というわけではないけれど、中は結構広そうで人の流れからすると結構繁盛しているように思えた。


「うん。こういう店は絶対入らないよ」


拒否したわけではないが、自分だけでは絶対に入らないという事は保障できた。


「そんな事言わずに、ささ」


彼女はさり気なく手を繋いでそのまま店の中に引かれてゆく。そしてそこで驚くべき事があった。


「マリ!!来たよ~!」


「里奈!!」


そう、店員の一人らしかった女性は芳井さんの友人である御堂さんだった。
スポンサーサイト

いつか見えた

無理ではなく。かといって余裕でもなく。言うなればそんな空間を漂っている。

無意味と感じる気持ちを否定する事はできない。ましてや価値がある事と自信をもって言えることでもない。


ピンと張った糸のようにあり続ける事でもし何かが変わるなら。むしろ何かが可能だとすればそれしかなく。


たやすい事ではない。そうする必然が見えないから尚更。ただ精一杯の誠実を示そう、いつか見えた何かに。

それではないのかも

何かとか、誰かとか。


それらは未知のものであるに違いない。単なるイメージの寄せ集めでしかないようなそういう
ものに向かってゆくというのも危い気がしてくる。試行を続けてゆくうちに可能性が限定され
てゆくからこそ、イメージのくせにやたら具体的になってゆく。いや「濃く」なってゆくとい
う感じだろうか。


まさに『ナンセンス』という感じと、一方でまだ合理的に考えていても意味があるのかも知れ
ないという感覚や期待の間。けれど同じ感覚ではなく揺れるように、時に投げやりに、時に確
信に満ちて進むような、そんな軌道。



「何か」示すにしても、「誰か」に向けてではなければ。「誰か」に向けていたとしても「何
か」がなければ。



伝えるべき「何か」があるとすれば、イメージの中にある「誰か」でしかない。



そういうものなのだろうか。

わすれていたかも

少し、いや割と大袈裟に語り過ぎたろうか。静寂はなんと言い表せばよいか。
見つめるその向こうに穏やかな日々がある。忘れていたのかも知れない。

満たされ

それでいいと思えるほどのリアリティー。いつの間にか満たされていた心。


そこから先の自分の気持ちがどこに向かうのだろう。


少なくとも今は、あるがままに受け入れてみよう。

気概

今以上とは違うのかも知れない。ただ今とは違う、そんな何か。

繰り返される営み。時に到来し、そして反復する現象といえば現象。

ゲンショウという野暮な言い方しかないのだけれど、幾らかは保持し、そして幾らかは次に希望を残す。

どうせ身を委ねるしかないが、さりとていつもと同じでは面白味に欠けるだろう。

ほんのわずかな気概なのです。

立ち止まりながら

厳し過ぎるほど厳しいわけではない。けれど刺激として感じられるような連続。

今日もこの連続の中で生きてゆくのだと言い聞かせて起き上がる。


一時の安らぎさえあるこの世界で、道に迷いつつもまた歩いている。


立ち止まりながら、歩いている。

知って

何かを識って尚続けるというのは、それまでと同じ事ではない。自分でも何故こうしよう
としているのか分らない。


けれど続けてゆく事でしか示されない何かがあるのかも知れない。欺瞞が欺瞞でしかない
なら続けることは出来ない。


また知らされ、識って、知らず知らず動いてゆく。

報告

誠に情けない話ではあるが、自分の創作の可能性に限界を感じ始めている。書けるには書ける
のだが、『徒然ファンタジー』を「カクヨム」や「Pixiv」などにもアップロードしてみた時
に思いのほか反応が悪く、もしかしたら自分だけが面白いと勘違いしていたのかも知れないと
思いはじめた。まあそれはそうであっても続ける事は出来るけれど、『小説』の方の話はゆっ
くり完結させるつもりだが、そこから作家などを目指してもこの反応と同じものだろうから無
理があるなと割り切ってしまった感じである。


どちらにしても自分が面白いと思う内容しか書けないわけだし、読む人がそうは思わないとい
う事になるなら完全に割り切ってしまって、自分の趣味として続けていけば良いのだろうと思
う。



自分でも意外なほどスッキリとそう思えている。それが良い事だと思えている。

淡く脆い ㉗

「なんて送ろうかな…」


数日後、部屋で一人スマホと睨めっこしていた。過去に来た芳井さんからのメールを読み返しながら、あの夜を堺に変わってしまった二人の関係を確かめている。自分があれほどまでに積極的になれるとは思っていなかったが、芳井さんもそれまでとは全然違った表情で見つめてきたのがとても新鮮だったのもある。二人の関係も変化したけれど、自分自身も何か吹っ切れてしまったような感じである。


それでも変わり映えのしない自分の部屋で静かに過ごしていると、こちらから積極的にデートの誘いのような事をしてよいものか躊躇われてくる。そもそも彼女自身の問題は大きくは変わっていないわけだし、自分だけ浮かれるのも違うような気もする。けれどその一方で、他人としてではなく相手にとって特別な人間であるという認識で行動すべきだという気持ちがより強くなってくる。


「そうすると…」


その部分に思い至った時、自然に文面が出来あがっていた。


『今後の事についてちょっと話したいんだけど、ついでに何処か出掛けない?』


我ながら巧い方法だなと思った。その日はバイトだったらしく返信は遅くになったけれど、


『是非!ちょうど行きたい所があったんです』


と返ってきた。それを確認して『お疲れさま、おやすみ』と返信してから眠りについた。



秋も終わりに近づいていて、そろそろ厚着しないと支障が出てくるような時期になっている。朝の空はどことなく淋しげで、通勤途中に見かける並木の枯葉も少なくなってきている。昔はイベントの多い冬は嫌いではなかったけれど、本来の姿というのは厳しいもののような気がする。ただ、今年は何か違うのかも知れない。その日、同輩の田中と出社時間が重なって少しばかり会話が始まった。


「そういや例の娘とどうなった?」


「ああ、なんていうか…」


表情に出ていたのかそのリアクションで何かを悟ったらしく、


「おお、もしかして上手くいったのか!?」


と相手のテンションが急に上がった。若干気圧されつつも、


「うん。好きって言われちゃったしね…」


と答えたところ「ひゅー」とからかわれた。何故か嬉しそうなので悪い気はしなかったが、朝の時間なので静かにして欲しい部分もあった。


「じゃあ、今日の夜は祝勝会だな!」


「祝勝会!?お祝いって事?」


「お前の場合は何か『祝勝』の方が似合うよ。話を聞いてるこっちがもやもやしてたからな!」


そんな感じでいつものメンツで飲みに行く事が急遽決定した。



夕暮れ、繁華街にも寒い風が吹き抜けて一刻も早く暖を取りたくなってくるが、峰先輩も山口君も陽気に喋りながら店探しをしているので何だか不思議な感じである。峰先輩は、


「片霧くんのお祝いなんだからちょっと派手に盛り上がらないとね!」


とやはり上機嫌なのだが、自分の事でこんなに喜んでくれている仲間に囲まれていたのかと少し感動していた。


「なんか、個人的な事なのに祝ってもらっちゃって…」


いつものテンションで申し訳ないという気持ちになっていると何か諭すような口調で、


「片霧くんはもっと喜ぶべきだと思うよ」


と言われた。そういえば確かにそうだ。何故自分はこんなにも普通のテンションなのだろうかと逆に疑問に思えてきた。その後すぐに開いている店が見つかったので、そそくさと入店する。居酒屋の中でも比較的賑やかな方の店で、普段は静かなところを選んでいるのでこれも新鮮。間もなく乾杯が始まって、各々好き勝手に料理を注文してゆく。最初に話を振ってきたのは山口君だった。


「片霧さん。やりましたね!いやぁ…自分の事のように嬉しいですわ」


「ありがとう!山口君の方はなんかそういう話は無いの?」


「あ、俺っすか!?俺は今は猫に夢中ですからね」


「ああ、そういえば猫飼ってるんだもんね」


「猫は良いですよ!なにか荒んだ気持ちが癒されてゆく感じで」


この場では触れにくかったけれど山口君は前の彼女と別れてから寂しくなって猫を飼いはじめたという経緯があった。それがどういう気持なのか、ぼんやりとだが想像できるような気がする。


「犬も良いわよ~」


そこで妙に語尾を伸ばして峰さんが入り込んできた。


「あれ、峰さんって犬派だったんですか?」


と田中。ちょうどビールを飲み干したところだった。


「うん。わたし実家だからね、ずっと前から犬と一緒」


なんとなく意外な感じだった。


「みんな意外そうな顔してるけど、犬はね、人間の事を理解しようとしてくれると思うの」


「でも、そういえば美夏さんって従えるタイプなのかもなぁ…」


田中が何気なく言った事なのだが、若干微妙な表現だった。案の定、


「なによそれ!気が強いとでも言いたいの!?」


「え…そういうわけでは…」


ほぼ図星なのだろうけれど、それは決して悪い意味ではないと思った。なんとなく優柔不断になりがちな我々に適切なアドバイスを与えてくれる良き先輩。口が勝手に動いていた、


「あの、先輩には本当に感謝しています。後押しがあったお陰で、行動が出来たというか…」


その言葉にキョトンとした表情になる一同。そしてまた笑みが戻って、


「やっぱり片霧は面白いよ。なんか放っておけないっていうか、応援したくなるんだよなぁ…ふふ」


「片霧くんのそういう所が気に入ってるから、こうやってお祝いしてるんだよ」


「そうなんですか?俺は普通なんですけどね…」


「そう、普通。だけどそれを素直に表現できるっていうのは凄いと思う」


若干お酒が入っている影響もあるのかも知れないが、峰さんはゆっくりと場に居るそれぞれの人間の長所を挙げてゆく。田中については『男らしい所』、山口くんについては『優しい所』。それを語る峰さんを見ていて少し感動してしまった感じなのだが最後に、


「人っていうのは、やっぱり基本的なところは変わらないっていうのかな、三つ子の魂なんちゃらって言葉もあるけど、やっぱり持って生まれたものだと思う。そういう部分に惹かれるっていうのはさ、ある意味で運命的なもののような気がするっていうかね…」


どこか遠い目をして語っているのが印象的だった。芳井さんとはまた別の『大人』という感じの表情。


「運命ですか」


「そう。だから、どうにもならない関係があるって、そう気付いたら…」


その先の言葉を待っていたのだが峰さんはきりっとした表情でこちらに振り向き、


「とにかく、これからの方が大事なんだから、そこんとこ了解するのよ!」


と説教気味に言われてしまった。呆気にとられながらも、


「は…はい」


その説得力のある言葉にしっかり頷いていた。その日は珍しく二次会でカラオケに行く事になった。家で留守番をしているという猫の事が気になっている山口君の姿が印象的だった。
プロフィール

なんとかさん

Author:なんとかさん
ナンセンスな物語を書くつもりです。リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
普通のカウンター
投票
無料アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR