FC2ブログ

想い

自分がどこまで出来るのか、行けるのか、今は何だか不思議な気持ちで考えています。それなりに理屈と理論があって、「出来そうだ」と思える時があったのも確かだと思ってはいます。

まるっきり過去のものが通用しないというわけではなくて、こういう時に自分を勇気付けている言葉や音楽があって、何かを思い出させてくれるようでもあります。


今というよりも「これから」であって、どういう方向かさえも定まらないような気がしていると、一つだけどうあっても変わりようがない想いがあるという事に気付きます。それだけではなくなってゆくのかも知れませんが、少なくともそれなしには空虚になってしまうと思うのです。だからと言ってそれだけで良いのか、自分はそこで何かを見出そうとしています。


スポンサーサイト

今日は雪が降りました。季節外れになりかかっている雪でしたが、不思議とそんなに嫌ではありませんでした。家に帰ってきてからは音楽の事だけを考えていたような気がします。友人と弾き語りをするのが楽しみになっていて、正直小説を書く事は手段になっているかも知れません。


伝えたい事があるようであんまり見つからないのがこの頃です。


少しだけ

少しだけ特別な気持ちになるその理由はわからないけれども、そんな気持ちになっている自分が存在するという事と、その誰かに対する気持ちを記していたい時があります。

どうあってもそんな風に思える事がちょっと特別であることはなかなか動かず、いつもそんな気持ちでいられたらどんなに良いことかと思ったりします。


もし自分が出来る事の中でその何かに近づけられるのならそれを続けたい気持ちですし、考え続ける事も良いのかも知れません。

あるかも知れず

広がりがある方、先に続いていそうな方が消去法的に残ります。「それを続けていればどこかに通じる」と思うからこそ、そこで何かを続けるというのはナンセンセンスの感覚と言えるのかも知れません。

今の心境

自分の新たな可能性というと大袈裟かも知れませんが、方向性として考えている自分の身の振り方の「その先」をぼんやりイメージしていました。


「ある方向が難しい」という感覚は徐々に実感になっていって、結果的に残って行くのは進めそうな方ー活路なのだと思っているのですが、進めそうなその方向に進むとしても別の意味の難しさはあって、ある種の心細さと「やりたい事」の不確かさというのは拭えないような気がします。


動機が不確かというのか、その先に何かが待っているのだと確信していれば積極的に動いてゆくかも知れませんが、本当の意味で「ナンセンス」になってしまうんじゃないかというような頼りなさを感じます。


とは言っても自分は何かをしていたいし、何かをし続けている自分でいたいというような気持ちもあります。常に「今」出来る最善はやって行きたいと思っています。


その先に自分がどう望むのかが現れてくれればなと、今はそういう心境です。

新たに

ほとんどの場合、自分のモチベーションとかテンションを保つ為に何かをしている事が多い今日この頃です。求められるものは変わってはきますが、その都度自分なりに新しい事を考えて乗り切っているようにも感じます。


3月ともなると嫌が応にも事情が変わってきて、気持ちも一新してゆくのですが進めておきたい事については相変わらず「難しい」という印象は拭いきれず、挑む気持ちは必要であっても現実的にどうこうできるのはどの辺までなのだろうという事を悩みそうにもなります。


実際今の環境で仕事なりなんなりを継続してゆく、その中でしか内容となるものが見当たらないというか、それ以外で探してゆくのは困難になりかけている印象です。


「ナンセンスに」的に求めてゆくことはなんなんでしょうね。自分から始めておいてこれからの作品の方向性に迷います。作品が全てではないですが、ブログを続けるのは創作の為という理由が大きいですし、ここでしか出来ない事があります。


とにかく近々書いてみようかなと思います。



見守られる

春が漂ってきている。体感温度で感じる春めいた夜に、心を落ち着けてここしばらくの事を振り返っていた。「深み」のような何かがこの頃感じられるようになってきていて、望まれる方に動いてこれるようになった気もする。


この語りを向けていたくなるその方向、というか届いていたらいいなと思う言葉をこのブログでは書くようになったのだが、この言葉が自分のものという当たり前の事に承認を与える意味もあって敢えて記している。


我ながら頑張ってきたなと思う事も時々ある。いつしか「幸せ」を願って活動するような具合に続いていて、それもそんなに無理ではないように感じられてきた。ほとんどの場合「気持ち」とか「気持ちの強さ」がありさえすれば望まれるものはそこそこというか、思いの外出して行ける蓄積はできていると感じる。


仕事でも実感の伴った言葉がいつのまにかいい意味で自分に染み付いてゆく。そんな今の自分には何が出来るだろう、また作ってゆけるものがあるだろうか。春に見守られるように。

そんな風に思えていて

「自分」と思う自分で進んでいきたいと思います。その先に何かがあると思っている、それは確かで、自分の中での取り決めであるようでそればかりではないんじゃないか、そんな風に思えています。


いま

選んでいないように思えて、選んでいる。何かを待ちつつ、出来ることの中で動いて行く。そんな自分を肯定する。
プロフィール

なんとかさん

Author:なんとかさん
ナンセンスな物語を書くつもりです。リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
普通のカウンター
投票
無料アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR