FC2ブログ

これからの

語り始めるとどこから説明したものか尋常ではないほど迷う事がありますが、
「ただ一つの」というところで書き続けてきたことの延長で、今自分が向か
うべきは『ダケスタリスク』という活動なんじゃないかなと思えてきました



「小説」というのは自分の中では『手段』という意味合いもあって、伝えに
くい事をオブラートに包むように伝えるように書いてきた時もあります。そ
れが最近の告白によってその必要性はなくなったのですが、同じ「ただ一つ
の」の流れで、自分が今やりたい事をやれているという事を誰かに『報告』
するような事はしていたいなと感じるのです。




相変わらず『報告』する相手は『彼方』という状態でそれは変わらないのか
も知れませんが『ダケスタリスク』が色々なものを繋いで、一番シンプルに
活動しているという『特別』なこと…もしかしたら小説より「奇」かも知れ
ない内容を書いてゆくのが合っている(合致している)のかなと感じます。



後は気紛れに文章を書くこともあると思いますが、分かる人がいたらいいな
と思うテンションで書くので、そこは期待しないほうがいいかなと思います

スポンサーサイト

日記というか

起こりうる事が起こっていて、それくらいは普通のことなんだと思わないと逆に疲れてしまうような状況が続いています。先月と比べれば決定的に変わってしまったのは確かで、その変化に少し取り残されているような心境が今かなと思います。運が良いことも続いていて、それにも驚いてられないのは何かしら面白い事ですが、考えてみればやるべき事をやってきた結果でもあるわけですしもう少し上を目指す場面になったのかもしれません。論理と理屈、理論があって、自分が日常において心掛けるべき事を続ければ良い流れになるという《配置》はしたつもりです。


取り残されているというか、余計な事を《配置》に任せてしまって後は思い浮かぶままに動いてみれば行き着くところに行き着くんだろうなと思います。今も流している音楽がやはり良いですね。自然とやってみたいなという気持ちになります。それでいて自分が作ってみたいのもそういう曲で、そういうクオリティーのもので、時間は掛かりそうですが活動の「質」をちょっと変えて頑張ってみようかなと思っています。

そんな話




一匹狼的に急場を凌いでゆくようなモードというか、ゾーンとでもいうか、
とにかく尋常ではない意識でその修羅場を乗り切った。結論から言えばそ
うなる。どこでも同じように人員不足で、しかも悪い事は重なり、「ピン
チはチャンスだ」の論理を突き詰めなきゃならんという、なんだかよく分
からない世界に一時的に迷い込んでしまったのかなと、今では思う。



嘘のようで本当の話は、本当のようで嘘の話に化ける。水面下のバタバタ
なんて意識しない方が良い。意識できるからヤバいと感じるわけで、まあ
普通は考える暇もなく過ぎてゆくわけです。なんてこった。



その日は妙に色んな事が目に付くわけでして、どうでもいい事がどうでも
いい事ではないように思われて、実際気を抜いたタイミングで何かがやっ
てくるわけです。不調の時にいつも通りにやるのは大変だという事を学び
ました。



まあそんなところなんですよ。「すべて」が。でね、今更になってちょっと
冗長に話してみようと思ったの。ですが、ただそれだけでもなくて、つまり
そういう事を感じる人がほかにいるのかなって思っちゃったりなんかして。



つまるところ、話にもならない話なのです。

活動!!

【ダケスタリスク】としての活動が出来ました。作品も「完成」と言っていいでしょ
う。とにかく集まって活動が出来るまですごく大変だと感じた時もありますが、今日
この曲をやれたのはかなり大きいと思います。実は二人とも声の調子が良くないとい
う事情があったのですが、様々な工夫で曲自体に違和感は感じさせないと思います。



憧れと空(YOUTUBE)


憧れと空(ダウンロード用)

Kくんの高音の伸びがイメージしたものよりも良くてハモリも色々考えましたがこの
曲はシンプルな感じの方が良いような気がします。



次回はもっと楽しい曲をもっと楽しくできる状態でやりたいなと思います。



※この記事はスローペース症候群というブログと同じ内容です。「ナンセンスに」として
付け加える事があるとすれば『見通しが立った』という「手応え」というべき何かを得られ
たという事でしょうか。

ワクワク

色んな人の意見を聞いてみて、自分自身のバランスを保つ意味も込めて
今の目標である「ダケスタリスク」の話題も書いておこうと思います。


私が曲を作る時は世に発表して評価されたらいいなと思う事もあります
が、今のところ弾き語りが出来ることなので評価を貰うのは難しいとい
う事も実感しています。一方で出来た曲を自分で後から聞いて、その時
に感じたことを思い出したりするという事にも用いていて、シンプルに
いい曲を作りたいなと思えているので是非とも発展させていきたいのが
本音です。幸い様々な出会いがあり、活動を続ける気持ちが要所要所で
繋がってゆくような事が起こるので「これは続けるべきだな」と感じま
すし、ある程度は気合でなんとかしないとなと思う事もあります。



たぶん曲は色々なことを言葉で説明するよりもダイレクトに伝える力が
あって、こう、自分としてはそれで何かを感じてもらえる方が楽と言え
ば楽なのです。まあ友人の間で「いい曲ができたね」と達成感に包まれ
ている方が嬉しいのかも知れません。



「スローペース症候群」というブログでは「Kくん」と呼んでいますが、
私の中学時代の友人の一人で完全に『親友』でしょうか、その人と活動
している自分が素だろうと思いますし、Kくんの方もこの活動を続けてい
きたいと言ってくれていますし、自分が出来ることはやっておかなきゃな
と常日頃から思っています。



「ダケスタリスク」の活動は「スローペース症候群」でも述べていますが、
どちらにも収まりきらない内容をもっています。そして明日が活動日
なので、今からワクワクしているというところですね。

今回は

どうあっても難しい事は難しいという事なのだと思います。それなのに自分
はそれを続けたくなってしまう、その自分を放棄することもまた難しい。そ
んな感じです。


風邪から始まる体調不良から中々戻りきらないのと、意思疎通の面で苦労し
ています。このブログを始める切っ掛けになったある人が言うには私は、


「絶海の孤島」


という風に感じられるそうです。今もそうなのかどうかは分かりませんが、
実際さまざまな事情をどこから説明すれば今の自分を把握してもらえるか
常に苦戦しているような気がします。同じようにいつも感じている事とし
ては、



『伝わっていない』という感覚でしょうか。色んな過程をすっ飛ばして、
先入観を持たないで読んでもらえばごくごく普通なのは自分でもわかって
います。それをややこしくしているのは社会通念とか常識であり、自分も
それを素直に


<そんなん常識でしょ!>



と判断してしまうところを持っているので、そこが自分自身を見つめると
説明するにあたって途方にくれてしまうというアンバランスさがあります
。公表はしましたが、あくまで今まで通り見てほしいという気持ちがあり
ます。ややこしくしている事情は抱えつつも、実はシンプルに自分は普通
なのだと言ってしまうと言い過ぎかもしれませんが、逸脱しすぎていると
は思いません。ただ人一倍の努力をしている人間だと思っているというか
、限界まで頑張ってしまう質の人間だと思っています。




「なんとかさん」としては様々な事情を少し暈しつつ、穏当なやり方で伝え
ようとしています。




ちなみにオフレコ気味の自分の秘密というか、ある経験からの判断で、笑っ
ちゃだめですよ、普通に天国はあると思っています。でもそれを確信しすぎ
ていると一生懸命生きているのがバカらしくなるという、ただそういう理由
で確信させ過ぎないように色々な物事が配置されているという認識がありま
す。



後は常識的に合理的に科学的に無神論的に考えると、緊急事態に陥った自分
に対して脳がそういう事を確信させるような情報を与えないと「ヤバい」と
判断して「あるもの」(実体としか思えないようなもの)を見せた、という
解釈ができます。ただそのあるものの精度がほぼ実物と同じリアリティーで
あるために要するに芥川龍之介的な、非常な才能があるという解釈をする
必要が出てきます。




どちらの解釈にしても悪くはないのですが、『自分』というものがよく分か
らなくなります。実を言えば『ナンセンセンス』はそのどちらの解釈でゆく
かについて、どちらにとっても通用する『線』を描いています。つまり生き
ることには意味があると解釈するか、そもそもナンセンス的であると解釈す
るか、そのどちらでもないという、或いはどちらでもあるという、説明する
と面倒臭い意識の保ち方を述べています。




これが今のところ伝えられる内容です。今回は結構上手く行ったかも。
プロフィール

なんとかさん

Author:なんとかさん
ナンセンスな物語を書くつもりです。リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
普通のカウンター
投票
無料アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR