FC2ブログ

ナンセンスとそれから

物語を書くつもりです。リンクフリーです。

再び

Posted by なんとかさん on   0  0

その入り口があるとしたら、多分それは奏でる者を感じる時だろう。身体のどこかにそれを感じ、身を委ねるように紡いでゆく。


そう思えている時が幸福そのものであり、何かを信じれている時間であり、


スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。