FC2ブログ

吉岡家の食卓~肉喰いジルバ~

バンデンラ・ゴジジウ、またの名を吉岡末吉。アーティストを目指して以来奇抜な名を名乗るようになった彼だが、流石に今日はくたびれた。というのも末吉、スーパーに御遣いを頼まれて焼き肉用のタレの銘柄を間違えて殊焼き肉だけの味にうるさい祖父の「ばあむくーへん・かつらーむき」本名、吉岡為吉に注意され買い直しを命ぜられた際、事もあろうににわか雨が降ってきて気持ちが折れかけながらも出掛けたのに帰宅の際、狭い路地を走る車に泥はね水を浴び、


<なんてついていない日なんだ!>


と思っていたら、家に戻ってくると為吉さんこう言うわけです。


「いち早く『たれ』にまみれているようだな」


かかか、と快活に笑う祖父は自分で巧い事を言ったつもりらしいのですが、当然下がり切ったテンションで可笑しくなるわけもなく当然憮然としてしまったわけです。するとそんな彼を見た母親、吉岡琴音がですね言うわけです。


「あんた、そういう表情してると顔が崩れ易いわよね」


母はそっけない口調で言うのですが、美的感覚はそれなりに自信のあるゴジジウにとっては図星の部分もあり、だんだんと悲しくなってきます。するとそんな瞬間に電話が掛かってきて先週やけくそ気味に描いた絵に興味を持ってくれた人が居るらしいという朗報が飛び込みます。嬉しいのは嬉しいのですが、彼はその時こう思ったそうです。


『こんな時、どんな顔をすればいいんだろう』



そりゃあねぇ…私が言うのもなんですが多分ハトがバスツアーに参加し損ねた時の、闇雲に蹴り飛ばした謎のクローバーの綻びという感じでしょうか。蹴られて逞しくなることもあるそうですね。だからどうしたと言われればそれまでですが、バンデンラもこういう毎日なので日に日に逞しくなってゆくわけです。



夕食がやってきます。シャワー上がりの末吉さん、気を取り直して肉を喰らおうと決めていたので為吉さんにこう言いました。


「じいちゃん、旨い肉を食わせてくれ」


彼は肉の焼き加減だけはしっかり教えてくれる祖父を地味に尊敬もしているのです。為吉さん、それを受けてこう答えます。


「肉は旨い」


それは彼にとって真実なのですが、逆に言うとそれだけしか言うべき言葉を持っていないのも事実なのです。出張中で父不在の食卓、黙々と肉を焼いて口に運び、舌鼓を打ちつつ追撃の白飯という機械的動作が続く祖父と孫の様子を見かねて母が何となく昔話を始めます。


「確か、末吉が5歳の頃だったかな。焼き肉を食べて嬉しそうにしてたね。その日は今みたいな雨でおじいちゃんが外で泥んこになって帰ってきて、

『いち早くタレまみれになったぞ』

って自慢げに言ってたわね…」


<というかその頃からのギャグだったのか>とやや呆れ気味に聞いていたバンデンラですが、逆に悪い印象が浄化されてゆくのを感じます。ただすかさずかつらーむきが、


「そうだ。あの時に使っていたタレが一番旨かったんだが、2年前に販売元が中毒事件を起こして人気が下火になって終売になってやむなくこのタレになったんだ」


と余計な一言。末吉は思ったそうです。


<やむなくのタレなのに、買い直しさせたのか…>


当然ですが彼の表情はますます訳の分からないものになっていきました。それを喩えて言うならば、カバンの中で潰れてのっぺりとしたサンドイッチに儚さを見出した時のような、半ば恍惚に近いものだったと思われてならないのです。
スポンサーサイト



出掛けて

電車で移動しちょっとした買い物へ。雑貨と書籍を見てくるつもりだったので雨対策で念のため持って行った傘が結果的に少し困る感じに。と言っても収穫はそこそこあったのでちょっと上機嫌かも知れない。とにもかくにも動いて刺激を受けてくるという目的もあったので結構歩いて見回った。


書店は3ヵ所ほど巡ったのだが、何処もそれほど置いてある本に変化はない。買ったわけではないが書籍として少し気になったのが平凡社の「昭和史」の続編のような紹介があった「平成史」である。「昭和史」の方は自分が昭和生まれでも実際にはよく知らないと思って読まなきゃなと思っていたのを前に読んでちょっとだけ時代の捉え方が変ったかなと思うのだが、今回の「平成史」についてはそもそも自分が見てきた「平成」もあるのでもし読むとしたら自分なりに情報を整理して、振り返られるようになってからでもいいなと感じた。


他にも気になる書籍はあったが、どうも最近の関心が『効率』とか『管理』とかの発想になりがちで具体的な『創作』に関わるテーマを探すという風になかなか動いてゆかないというジレンマを感じた。仕事とか作業については確かに効率は必要だし、色々管理しなければならないが、そういう風にきっちりした人物はあまり物語的には動いてゆかないような気もしてしまう。というわけでどちらかというと対極にあるような「神社」…で祀られている歴史上の様々な人物について書かれてある本を購入。何だかんだ「文化」というのは中々捉えるのが難しい。



書籍というより一部の書店について感じる事だが、だいぶスペースがガラっとしている書店があったのだが、個人的にはその辺りに「時代」を感じる。溢れかえった時代からの再編成のようにも感じるその様子は、本に求めるものが変わってきているという事なのだろうと思う。読み応えのある文章よりは概要とか事実の羅列でいいのかも知れないし、むしろ全く内容のないおしゃべりの方が気楽でいいという側面もある。たぶん、自分が言わなくても他の誰かが言ってるだろうし、と思うと余計な説明はしないでもいいかなとさえ思えてくる。



それでも基本的に自分は文章を書くのが好きだし、少し何かあると『殺伐』とし易い世の中で、振り返って読めるものがちょっとだけ気持ちを軽くしてくれる時もあるという事を知っている。色々ありつつも、今まで連綿と続いてきた生活というか文明というか、そういうものへのリスペクトは以前よりも有するようになっているかも知れない。


ちなみに雨は振りそうで降らなかった。

成り立たせている物

日々の「工夫」として出来る事は整頓された家の中を見るとこれくらいだろうなと感じる。一日とか数日という話ではなく、身近なところから環境づくりを意識して作業に集中できるような状況になっていて後は「こうしよう」と思い付くのも難しくなった。こうなると外で刺激を受けた方が良いのかなとも思う。


コンビニにて新商品のジュースを2本買う。一つは「スコール」のレモン、もう一つはジョージアのペットボトルコーヒーの微糖、CMで少し話題になっている物である。後者については手軽に買えるものでここまで味が良いものがあれば最高だと思っていて、『水出しコーヒー』の実力とも言える気がする。そして微妙に「願いが叶うなら」、家から一番近いところにある自販機でこれが売られればいいなと思う。微糖ではない商品がさり気なく売っていたのでその時点で嬉しかったのだが、この「微糖」の甘さがコーヒーの味にはちょうどいい塩梅。ちょっとした革命だと思っていたりする。



前からツイッターでドリンクの新商品を見つけるたびにレビューのような事をしているが、自分の味覚はちょっと特殊で基本的にはジャンクフードで毒されていないので舌が良いらしく、「凄いね」と言われたこともあるがどちらかというと「ライフガード」、「ドクターペッパー」が無性に飲みたくなるような『薬品舌』とも言うべき好みがある。新商品を見つけるととりあえず一回飲んでみる事にしていて、今日買ったスコールのレモンも見つけた時には少しテンションが上がった。



ちょっとした話のネタにできるくらいはドリンクの種類について知っているかも知れない。過去のバイトの経験もあり、一般的な需要を理解しているのも大きいのだろう。ドリンクは身近にあるちょっと嬉しい回復アイテムだと思っていて、そういう『日常感』もいいよなと思う。何処にでも自販機があって珍しいものばかり並んでいるのもあれば、<ここまで同じ商品ばかりにする事はないだろう>と思うようなラインナップもある。



半分研究のような事をしているのだろう。日常を成り立たせているものを研究するのは悪くない。

ような事

暑さが段々と本格化してきた様子。買い物に行ったり動いてはいるが今一つ『活動』らしい事にならず、地道に情報収集をしようかというところ。


最近友人とのDMでも競馬の話題とかがほとんどで、折しも競馬に注目が集まっている感覚があるからそれが自然と言えば自然なのだけれど、例えば水曜でも大井の「帝王賞」の事を月曜から考えようと思えばできるわけで、それは果たして健全なのかという気もするのでネタは見つかりにくいもののキーワードを捻りだすように検索していたりする。



なでしこジャパンの結果を今しがた知って、何とも言えない心境になっている。そういう事も含めて『日常』らしさがあるけれど、自分本位というわけではなく、基本的には自分が何かをしていないと動き出していかないのだから少なくとも『研究』のような事は続けて居ようと思う。

正攻法で

それほど目立ったニュースは無いような気がする。やや暑さを感じる日だが室内では過ごしやすい。そもそもが「待ち」時間という日なので最近再開したゲームで『確率』の感覚を確かめている。


ゲームの多くは特にシミュレーションゲームになると『確率』と『引きの強さ』と『忍耐力』で語れるようになる。続けているうちに現実世界にも応用できそうな何かを感覚的に学んでいるのだと思うのだが、明らかに『難しそう』とか『手応えがある』という主観と客観が複雑に絡み合った判断をしていたり、その難易度の挑戦を行うか行わないかという所でも殆ど無意識に判断を行っている直感がある。



ネットで情報を探すときにも『忍耐力』は必要だし、アイディアの組み合わせについても一筋縄ではいかない時もある。持っている情報と思考力で到達できる知と、心境とでも言うのか、そういったものを超えてゆくには半分以上『研究』の様相を呈している。



ゲームについてもそうだが何事も記録してみると『手応えが』が分かって面白い。ゲームも『理論上』の事と、現実というか実際にやってみての感覚が人間の扱えるものではないのかも知れないというような事もある。世の中に対して時折感じる難しさというのも構造的には近いんじゃないだろうか。あくまで『正攻法』で、つかめるか。

しずく

感じ方というのは些細な事で変わってくるとも言えるし、そう簡単にはその些細なものに出会えないという必然があるような気がする。心が何かを掴んだまま、そんな気持ちで過ごせるものなら望んでいるのだろうと思う。


何かが緩んだかのように、それでいい、と言われているかのように思う時。そう思う理由は何なのだろう。理屈よりも先にそう感じてしまっている。何処かにあるもの、あると思えているなら。



雨が世界を潤している。潤うことのできる、ひとしずく。どこか暖かい。

いくうかん

宝塚記念の事で頭がいっぱいの朝。無条件にテンションが上がるので休日でも少しばかりいつもと違う。切れていたコーヒーを買いに出掛けて、某書店と一体になった施設なので微妙に欲しかった物を手に入れ少し嬉しい。



仕事が見つかるまでは太らないように一日2食生活を続けている。カロリーはそんなに要らないけれど、栄養素は必要なので少しだけ気を付けているかも知れない。湿度が高く晴れているのでジメジメしていて何となく水分を身体から出したい心境。



自分の経験したことで得られる内容はそれくらいだけれど、ツイッター上で面白い人を見つけてちょっとだけ「創作」の方でのやる気が出ている。最近、「自己評価」について考え直すことがあったけれど、作品の方の評価についても「この路線でいいのかも」と思えた時には案外あっさりできたりする。



なんというか異世界というよりは『異空間』というものを目指しているような気がする。異空間はたぶん、人の生活のスタイルが外に現れたもので、そこから伺える何かもあるんだろうなと。

よく分からない絆

とって付けたような文句が壁面に並んでいる。


『洒落たバー』、『イカス天国』、『ほろ酔い三昧』、『たらふくおじさん』


店主が何を考えているかは分からないが、とにかくこの居酒屋『まんべんなく』という屋号に相応しいセンスの張り紙がそこら中に広がっている異様な空間である。ネット上のそこそこ親しい知り合いから、


『とにかく酒が旨いんだ』


と紹介されたので初めて来店したのだが、入った瞬間異空間過ぎて本当に「ここ」なのかと疑ってしまった。困惑しながらも仕事終わりでとにかく腹がすいていたので主に声を掛けて適当な所に座る。異様な壁際よりはと思いカウンターの隅にしたのだが、意外と客は居る様子。皆、全く「あれ」を気にせずに美味しそうに酒を飲み、つまみを召し上がっている。


「マスター!ビールお代わり!!」


照明が明るくてテレビで野球中継を流しているような雰囲気の店なので、自然とお客さんの声も元気である。若い女性客も居て、軽い愚痴を言い合ったり、『分かるわー』と相槌を打ったりしている様子を見ているうちに、<ああいい店なんだな>という気分になってくる。喉が渇いていたので私もとにかくビールを注文し、そこでふうと息をついた。


「マスター、こっちに串焼きお願い」



中年の男性の店主が一人で切り盛りしているらしいこの店で、注文がひっきりなしに来ているが店主はニコニコ上機嫌で、手際よく作業をし続けている。忙しそうだからという理由で壁面の文字の事を尋ねづらいが、実際気になってしょうがない。手渡されたビールをぐいっとやってから、タイミングを見計らって訊いてみる。


「マスター、あの壁の文字は何なの?」


「お兄さんも書いてみるかい?」


「へ?」


意外過ぎる返事に言葉を失ってしまった。理性的に解釈すると、どうやら私も「あれ」を書く事が出来るらしい。


「え、っと…客が書いていいんですか?」


困惑しながら確認したのだが、書いていいというかそもそも書きたいとも言っていないから話がややこしくなる。案の定、


「ここに居る人、みんな書いたと思うよ」


「みんな…ですか…」


かなりの驚愕である。一番離れたところに座っているらしいあの真面目そうな人とか、近くにいる女の子も、本当に「あれ」を書いたのだろうか?何故「あれ」を書くのだろうか?疑問は尽きない。


「そう。みんなで書いて貼ってるよ」


店主が言うと他のお客さんも「そうだよ。お兄さんも書きなよ」と口々に同意している。どうやら店主の話は本当らしいが、そうなるとそれはそれで宗教みたいで怖い…



「まてよ…という事はここを紹介してくれた知り合いも書いたのだろうか…」


気になってその場でメッセージを送ってみる。すると、


『はい。『極めつけ爆弾』って手前側にありませんか?』



という返事。そして、普通にあった。というか何故『極めつけ爆弾』なのかもよく分からない。


「えっと、書いてもいいという事でしたが何を書けばいいんですか?」


書くとは言っていないが書くとしたら何を書けばいいのかは当然常識人として気になる。


「それっぽいのでいいよ」


「それっぽいとは…」


だから「あれ」が何なのか分からないのに、「それ」っぽいという事は論理的に考えるととてつもなく曖昧なものである。眼がくらくらしてきたのは酒のせいではあるまい。それはそれとして先ほど注文した厚焼き玉子が異様に旨いし、非常に和気あいあいとした雰囲気なのでヘンな気持ちになってゆくのを感じる。


「わかりました」


「はい、じゃこれ用紙とマッキー」


普通にマジックペンで書かれていたのは分かっていたが、いざ「あれ」を書くとなると悩む。だが考えてみたら悩むほどのものでもないだろうと思って、


『はんぺんパラダイス』


と書いておいた。理由はその時はんぺんが食べたかったからだ。居酒屋で夜は更けてゆき、何事もなく腹が満たされたところで自宅に戻る。私は寝る前に知り合いに再びメッセージを送った。


『『はんぺんパラダイス』っていいと思う?』


すると返事は。



『いいと思います。あそこおでんも旨いですよね』



だった。よく分からない絆が産まれたような気がする。

少々

朝の心地よい目覚め。前日の夜の感覚で難しさを感じていても眠れば何かしら「整理される」という事が生理的に必然だからなのか、実はこの始まりの朝の印象とイメージが貴重なのかもなと思われてくる。


相変わらず「攻め」の日が続いているが、そういう風に捉えると「停滞」とは言い難い「大事な経験」をしていると思った方がいいのかも知れない。何かに照準を合わせて、そこに向けて整えてゆき、結果が出る。



「楽しい」とは言い過ぎだけれど、肯定的に捉えられる朝にはワクワク感のようなものもある。典型的な梅雨の気候でも色々思い描いている。

困ると

「解釈に困る」という経験はこれまでに何度もあったような気がする。概ね厳しい解釈をして「現実とはそういうもので…」という納得の仕方をして来たけれど、昨日の経験はむしろ「厳しく考えすぎて居たかな?」と思い直してしまうようなものだった。


経験自体は表面的にはポジティブなものではないのだけれど、意図を丁寧に読み解いてゆくとどうも『世の中に対する印象』そのものが違っているからこそもっと気楽に捉えている、そう構えていられる人達というのが浮かび上がってくる。


そもそも世の中を「厳しく」捉えているのは自分で、「厳しい」と感じるからこそ何処か気が張っている上、望めるものの条件を低く見積もり更にそういう状況が続くという前提での将来を予感、予想するというようなループで印象は出来上がってゆくが、最近ではその「厳しさ」をリアリティーとして受け取る場合に物事の解釈が的外れになってきている感がある。



少なくとも経験を受けてもっと厳しい前提で考える事はできないし、むしろこれ以上厳しい世界では生き残れる自信もない。こういう発言も既に本気なのか、思い込みなのか、よく分からない。



と言っても、全体的にどこかはっきりしないのは自分のよく分からない思考ゆえである。最近情報が出てくるようになって世の中の「陰影」が分かり易くなってきたこともあるが、自分の思い込みではない、「厳しく」考えてしまうような何かを過去に経験したという事実を実感し始める。「厳しく」考える最初の予感めいたものがそこから出てくるのだとしたら…。



日常の感覚とは少し違う。日常が脅かされる。確かにそういうニュースが出てくると、そういう世界を垣間見せられる。でも、と思う。
プロフィール

なんとかさん

Author:なんとかさん
ナンセンスな物語を書くつもりです。リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
普通のカウンター
投票
無料アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR