FC2ブログ

心から

暑さとネタ切れで流石に行き詰まり。とはいえ経験上、こういう風に動かす(動く)のが大変な時こそ形式的に向かってみるというのが吉だという事を知っているので、とりあえず繰り返してみる。


梅雨明けしたことを示すような高気圧。外に出るとぼーっとしてきてダメだけれど、冷房の効いた中での半分作業と言えるノート整理をしていれば思いのほか具体的な事を思い出していける。世の中の事ですっきりしないまま持ち越されている話題が多い中で、昨日は競走馬のディープインパクトの訃報を知って少なからずショックを受けていた。ただ何処かで予期してた部分もあったように感じる。



どうすることも出来ない事は割り切って別の方向に意識を向けるようにしている。必然的に浮かんでくることが限定的になる。出来る事は大した事ではないのかも知れないが、出来る事に向かっているその「時間」とその「アドバンテージ」が非常に大事と言っていいかも知れない。



とにかく出来るところまで粘って、何か心の中から実感のこもった一言が漏れて出てくるというのが内容である。それはどうあっても本当で、だからこそ(こういう時代、特に)大事だと思うのだ。
スポンサーサイト



地平にて②

音源のアップロードです。「地平にて」を録り直してみたものです。

音源


環境の音が入ってしまうのが勿体ない部分ですが、それほど気にならないレベルではあります。

追記:音が入った部分をイコライザで調整しています。

たとえ

躊躇いがないと思うほど突き抜けれたとしたら。気持ち次第でどうにでも変ってゆく未来があるとして、そこに僕は何を見ようとするのだろう。ゆるがせにしない意気で今を見続けるような、何かを求めてゆくような、思いのほか大事な物語。


お気に入りの展開かどうかは分からないけれど、確かに心に明りが灯る。その証を綴ってゆけたら、いくらかは心強い。

重厚で

とても微妙なところで粘っている感覚がある。暑さもあるけれど意識が浮かび上がって来るのを待っていると時間がどんどん過ぎてゆく。録画していた音楽のライブの映像を見ながら自分に伝わってくる何かに励まされるように、辛うじて見出していこうとしている。


ポケモンGOのゲーム内イベントが活発に更新されてゆく。ゲームとは言え現実に人を動かしてゆく力を持った何かで、言うなればそれくらいの作り込みがなされた具体的なイメージが自分の創作に必要だという事が分かっている。



ライブもゲームも重厚な世界観というのは素晴らしい。

訪れる日々

音源のアップロードです。


訪れる日々



少し前にも同じ曲でアップロードしましたが、とにかく出来るだけ精度を高めるような意識で録り直してみました。少し前のネットニュースで、音楽の感動には「演奏力」が必要だという話を知って、可能な限りこだわるのも必要なのかもと思いました。



『訪れる日々』は個人的に思い入れが強くて、評価が一番良いのが嬉しいです。

音源2つ。

「できそうだ」という予感があって録音をしてみると(自分の中での)合格ラインで録れたのでアップロードしてみた。


地平にて


訪れる日々



妙に上手く行ったせいか拍子抜けしてしまっていたりする。全体的に求めるものが高くなっているのでそれに負けないくらいの意欲が必要で、録音の方が一段落した今は再び『短編』とかの方で満足行く何かを作りたいと思っている。



とにかく進まない事がある以上、作業をする時間にしていたほうが充実するという現実がある。好天の今日は蒸し暑いくらいで、明日からは台風に備えておく必要があるが明日はちょっと遠出をする予定。どうせなら違う場所の空気だったり雰囲気を満喫したいので、色々画策中。



体力の方で憂慮する事が無ければ「攻め」てゆく方が良い。ある意味で「今」できる最善がこの状況を活かした「攻め」だと捉え直す事にする。

気圧とか

自分にしか分からない地味な挑戦をしていた午前。そこで予想外の成功があり、モチベーションに関わる割と大事な成果なのではないかと思っている。


昨日の気圧の変動よりは今日の比較的安定した気圧の方が過ごし易く、考えてみれば昨日の全国ニュースで地元の局所的な大雨が報じられたのだからブログにも述べていた非日常感も別な意味だけれど正しいのではないかと思った次第。今日はやはり『日常感』が漂い、そういう中では『コツコツ』やる事が合っている。



これもやはり気圧が安定しているからなのか、寝覚めもいつになく良かった。気象についての興味と関心が個人的に高まっていて、スマホのアプリをダウンロードして常に気圧を確認できるようになったのが「ちょっと頼れる」感じで良い。細かい…というか小さな事でも集まれば(相乗効果的に)思いがけないアドバンテージを得られると最近では思っていて、その効果が作品に結実しているという捉え方で問題ないと思う。




令和になって世の中がじわじわ変わってきているのを感じる。おそらく語る気になれば一言述べてしまう事もある。進行中の事態に対して『プロセス』として関心がないわけでもないのだが、少し前に拡散されていたネットのニュースで「身近な事」に目を向けた方が良いという事も言われていて、真実だろうなと感じている。幸い先述したように日常的に観測できる「データ」も具体的に増えたというのは一つの方法として理想的なのかも知れない。

こんな日々

少し非日常感のある日。身内の事で気がかりな事があり、何もかも問題ないというわけではない感じ。曲は一応完成のレベルの録音ができたのでよしとするとして、そこからの活動についてはできる範囲でという事になる。



『地平にて』という曲の通り、時折『地平』に立ってそこから活路を創造的に見出してゆく必要がある状況、時が訪れる。そこで大事になるのは基本から考えてゆき常識的に判断する事と、やれるだけやってみての納得と実感だろうと思う。予め答えが分かっているような事ではないから、確定していると言えるならば自然界の『確率』でそこが定まっているがゆえに合理的な判断をしていれば期待できる何かを頼りに探ってゆくのが最善だろうと思う。




自然界だけではなく社会でも「やっぱりか」と思うような事は時折起こって、不意にやってくる出来事は『遅かれ早かれ』だと思っていても確信にならないという特徴ゆえ、備えていてもシミュレーションがいかに大事かという事を思い知る事が多いのだろう。とはいえそこでも『設定』と『イメージ』が大事で、究極それがあって方針が出来上がるという話のような気がしてならない。




そういう事を踏まえながら今日の午後は雨の予報なのに午前は晴れていたという事実を確認するととても含蓄に富むような話にもる。言うなれば先の事は『分からない事が(いくらかの度合いで)多い』。



そんな中でも「こういう感じが続いたらな」と思うような日常があるのも確か。



追記: ある事が分かって少し印象が変わる。晴れていた天気も段々と雲で暗くなってきている。雨が降るか降らないか、予報の精度がどれくらいのものなのかという事も今日の心境だと関心事と言える。

『地平にて』

練習していた曲でとりあえず達成した感じがあったので一旦完成という事でアップロードしました。『地平にて』というタイトルにしましたが、このブログでも時々使っていた「地平」という言葉の意味通りに自分をそこに引っ張っていきたいという願いがあります。


音源



追記:昨日も別音源をアップロードしたのですが、聴き直してみると気圧の関係なのかノイズが入ってしまった箇所があって録り直しました。

純粋に楽しい

創作を続けていて自分の作ってきたものを評価できるかどうかという事はあるけれど評価できる心境というか、素直に「いいな」と思えている心境というのは大事だと思える。


段々と慣れてしまってゆくのか、純粋に楽しいという気持ちがあいまいになってゆく時間がある。というか、その「純粋」さがあるから感じれる何かが感じ難くなってしまうような話なのだと思われる。むしろそう感じ続けられるとしたら、それが何より素晴らしいのかも知れないと思えたのが今日である。


そんな風に感じれるようになったことも発見で、大事なことを見つけたような気がする。
プロフィール

なんとかさん

Author:なんとかさん
ナンセンスな物語を書くつもりです。リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
普通のカウンター
投票
無料アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR