FC2ブログ

ナンセンスとそれから

物語を書くつもりです。リンクフリーです。

ちょっとした期待

Posted by なんとかさん on   0  0

微妙というか絶妙に『際どさ』がある感覚で過ごしていて、かなり高度な事を考えていたような気がする。天候はしっかり曇りでテンションも上がりにくいけれど、自分の行動次第では充実させられるかも知れない。


際どさを感じたのは『バイオリズム』についてだと思う。生物として生理的な事は必然としてあって、どのくらいそれを自分で管理してゆけるかという話がある。世界の動向が頻繁に情報として入ってくるとどうしても『自分から』何かを出してゆくのは難しくなるけれど、何かしら良いイメージを表現できれば理想的だと前から思っている。



この際どいところからの、何か独自の方法での切り替えで少しばかりアドバンテージになったような気がする。『ちょっとした期待』はたぶん、自分がここから出来る事があってのものなのではないだろうか。

スポンサーサイト



適度に

Posted by なんとかさん on   0  0

心地よさが勝っている木曜。昨日も一曲弾き語りの録音をしてみて、少しまぐれ(あるいは奇跡)のような達成があって、充実感が凄かった。友人には説明したが、演奏中アクションゲームで走り抜けて最速でゴールしたかのような高揚感があって、『紙一重』の場所があっただけに達成感も凄いのだと思う。


今日は涼しげな風とうす曇りが特徴で、晴れ間も見える。ネットで荒れがちな話題に対して個人的にはケリが着いたような感覚で見ていて、自分から出せる話題を探しているような状態。



少しだけ思う事は、さっき言ったような『高揚感』に繋がるようなゲームなり挑戦があると良いなという事だろうか。そこを考えるのも知恵と創意工夫なのだろう。これだけ無駄のない世の中になると何だかんだ気楽な事の意義も無視できなくなっているなと思う。




それもまあ適度に。

話題が

Posted by なんとかさん on   0  0

大雨のニュースで驚いた朝。こちらも雨は降っていたが今では曇りに変わっている。虫の音が聴こえてきてそれが落ち着くのだが、するべきことはしておかないとという心境もあって、比較的作業ははかどっている。


その日その日やれるだけの事をやったとしても、次の日になるとやっぱりまだ出来る事があると思ってしまう展開を何と呼んだらいいのだろう。自分の事だけではなく、世の中の何かが片付くとやっぱり何らかの「キャパ」の空きが出来るんだろうなと思う。完成したり確定したものは心強く、それを前提により見通しが利くようになる。



友人とDMでやり取りしていて、段々と『朗報』と言える話題が出てくるようになったような気がする。少し楽しみつつやっていきたい。

届くようにと

Posted by なんとかさん on   0  0

一つの力。保留で保てる力。信じ続ける。祈り。信じる、祈り。そこに何かが。波打ちながら、一つ。一瞬を集める。希望という言葉を発する、そのイメージ。ささやかだけれど、あなたに何かを。


そんな言葉をメモしていた自分。かけ値なしに、もし光となるような止まぬざわめきであるなら、それに出来るだけ寄り添うように。命という名の信じようとする何かは、今。そして。


思えばそれは、ずっと続いてきた。ただ素直にあなたに届くようにと。時よ、その何かであれ。

巡り合わせの

Posted by なんとかさん on   0  0

タイミングが良いのか悪いのかよく分からないけれど巡り合わせによる『ギリギリ』のラインが見え隠れしている日だなと思う。もしあの時間にゲームのランダムで望んだ方を引き当てていたらおそらくテンションは違っていただろうし、その後に挑戦した弾き語りの録音も違うものになっていた。


他方、そう全てが上手く行くという事はないという紛れもない現実が心に刻まれたからこそ出せるものは出せた。


音源


巡り合わせの妙を感じさせたのは、この録音が終わってすぐスコールのような雨が降り出したという事だ。人為的なものも含めて、心が晴れ晴れとなる心境というのはかなり色んな巡り合わせに依るという事。連絡が来るタイミングとか、ネットで偶々望んだものを見つけられるとか…



より良いものを目指しての『ギリギリ』だけれど、今日の成果が活きてくる状況もあるんだろうなと感じる。

予感

Posted by なんとかさん on   0  0

少ししみじみとした気分に入っていきそうな夕方。その日の話題というよりは書物の中にある内容で過ごす日々も続きそうな予感があって、しみじみとした気分になれるのも「蓄積されたもの」に対しての感動があるからなのだと思う。


知識が増えると作品もそうだけれど色々な事に対しての理解が増えるのは確かだ。つまり『この感動』も様々な実感から自然に引き起こされていて、感動が原動力になって少し先に進めるのだとすれば目指しているところへの一つの段階としてこの時間も有意義なのだと思った方がいいだろう。



一方で、日々のエピソードに飢えているのも確かだ。目の前の事に何かを思うような、そういう視点で…それも大事。近々友人の手伝いがあって、そこで何かを思うのかなとも予感している。

先ぶれ

Posted by なんとかさん on   0  0

この頃、土曜というだけでただ満たされた気持ちになる。ここ数日で勉強用と娯楽用の本を多く手に入れて、完全に多読モード。AIについて怪しげな言論に惑わされないように比較的多くの本を読んできたが、今読んでいる本も数学との関連が分かり易くて嬉しい。


創作を中心に据えた場合に自分の現在は「テーマ」とか「コンセプト」を考える時期になっていると思われる。昨日今日で世界がはっきりとある様相を呈してきたような気もするし、アップロードしたものに対しての視聴回数とかで少し気になる数字が出ていて、それぞれの行動には色んな事が影響していると考えると何かの『先ぶれ』と解釈するのも面白いのかも知れない。

もうすぐ

Posted by なんとかさん on   0  0

<何をしたものか>とほんの少し思う朝。猫に触れ合いたさが昨夜くらいから高まっていて、いつもとは違う場所とデバイスと体勢で書いている。名前を呼ぶと尻尾を振ってくれるという意思疎通でも、それが妙に嬉しい心境もある。低気圧と高湿度ゆえの身体の反応鈍さも関係するのか、普段より思い浮かぶことが少ない。


面白いこととか良いものは探せばあると思っていても、この気力でたどり着けるところにあるのかどうか…という発想は確率論とか期待値として捉えてもいいもので、漠然と欲する「良いもの」は遠くに分布してそうな感覚である。すると身近な愛猫に視線がついつい行ってしまう。それでいいんじゃないだろうかと思う一方で、それだけでは何か物足りなくも感じてしまう。


今日は暦で「処暑」と呼ばれる時期らしい。秋はもうすぐというところで、気持ちを盛り立てるということではないのかも知れない。それでも気持ちはまだ外に向けていたい心境である。


不思議な

Posted by なんとかさん on   0  0

許された柔らかい心地を味わう。今日はおそらくそんな日である。いつの間にやら厚い雲が空を覆っていて、気のせいなのか静かに感じられてくる。先ほど車で買い物に出かけた時に掛けていたパスピエの『ネオンと虎』という曲の印象がじっくりと残る。



目には見えない何かの存在が、その存在を感じさせていると言いたくなるような心地。雰囲気と言えばそれまでだけれど、物理的にそこに在る物だけになってしまうと多分感じ難いだろうなと思う。『印象に残っている』それ自体がもう、一つの存在であるかのよう。



そんな事を考えつつ、今という時に向き合う。実際は『何かを見出そう』としているのかも知れないけれど、ひどく曖昧なものに思えてくる。本当にそうなのかも知れない。



本当のところは「希望なのか、不安なのか」ひどく曖昧なものだと思う。それでも、そういう世界でこそ意味を持つ何かが自分には見えているというのも不思議な話である。

数を

Posted by なんとかさん on   0  0

予報では天気が目まぐるしく変わるという事だったと認識しているのだが、今のところ晴れ間が少し見えると曇るという具合にどちらかというと曇りがちという印象。蝉はまだ幾らかは元気に鳴いていて、早いところでは学校も始まっているというニュースをこの間見た。


朝起きてから無意識に『朗報』を探している自分がいる。良いこともあれば悪いこともあるのが世の常だけれど、その日に自分の努力で蓄積できるくらいの意欲は欲しいし、手っ取り早く流れてくる良いニュースがあればと思う事は多い。けれど即座に良さを理解できる情報だけではなく、きちんと自分の思考を加えたうえで『良い』と判断できるくらいの粗さの情報の中を探すのが理想と言えば理想だ。



そういうレベルの話になってくると労力は必要で、そのエネルギーはどこからという込み入った論理になってくる。日常的な事ではこの辺りの意識で行けるところを『最善』としておくのがよいと思っている。



自分が出来る事で「作品」として良いものを出して行ければいいだろうし、時々だけれど求められているとすればそういう事なんだろうなと感じたりする。何より自分の中にあるこの『能動的』に『試行』を繰り返す力は確かに『数』を打たせていて、それなりに頼もしいと思われることがある。自分の為にもこれは大事だと思う。

該当の記事は見つかりませんでした。