FC2ブログ

ナンセンスとそれから

物語を書くつもりです。リンクフリーです。

さむざむ

Posted by なんとかさん on   0  0

「寒いなぁ…」


分かり切った事でも発声して確認する事に少しの安堵を覚えるのだろうか、着けたばかりのストーブの前で両手をかざす様に温める。ほぼ雪国と言ってよい地域に住んでいるせいか、『寒さ』が優勢になった時を境に気持ちが入れ替わり、ここ数日で少しは気合が入っているかも知れない。気合を入れないと寒さに勝てない。


そんな人間と運命共同体とも言える我が家の猫達は、我先にとコタツに潜ってしまっている。『ピー』と『ジロウ』は時折牽制し合いながらも基本的にはウォームシェア、コタツシェアをしている。長年連れ添っている部類の年齢の猫達だから、今や夜寝る時も一緒である。オス同士。人員を考えるとそこまで大きくないコタツという器具の陣地を獲得する為には人間の方も猫並みに関節が柔らかくないときついのかも知れない。



器用に猫と猫の間に足を伸ばし、束の間の安息を得る。油断して足を広げすぎると猫の怒りを買うけれど、流石に今日は暖を取らないと身体が冷え冷えになってしまう。なのに、こういう時ほどトイレに行きたくなってくる。



と、何故かこの時いつものように窓際のカーテンに隠れるように佇んていた『ナナ』が不穏な動きを見せる。一鳴きすると近くにあるソファーの上にささっと移動した。そして背をピーンと立てるようにすると…



「あー!!そこにはしないでー!!!」



そう猫もトイレに行きたくなるものなのである。そしてトイレのある場所が寒いのを知っていると、猫の判断で『ここでしてしまえ!』という決定になる。『ナナ』に限ってはあまりそういう事がなかったので完全に油断していた…。小の方だからまだいいけど。




幸い量は少量で、ティッシュやスプレーなどを用いて何とか被害は少なく抑えられている。猫飼い足るもの今更こんなことでは挫けない。…と思ったのだが、いつの間にかコタツから抜け出していた『ジロウ』があろうことかコタツの上に敷いている毛布の一部に粗相をする。実を言えばこれはもう『ジロウ』の癖で、何かにつけてそこに放尿するのである。こうなるとその毛布を毎回洗濯しなくてはならない。



「まあ、今日は寒いからね…」


そう自分を納得させて毛布を洗濯機に放り込む。それにしても自分が使っているもの(コタツ)を敢えて汚すのはどんな気分なのだろうか。たぶん、それは猫にも分からないだろう。

スポンサーサイト



むずかしさに

Posted by なんとかさん on   0  0

色々とキリの良い日である。投稿した音楽の総再生数が一万に到達したとか、長い書物をやっと読み終わったとか。もちろんそこから進めてゆくつもりではあるが、ちょっとした自信になっているかも知れない。


「難しい、難しい…」がまるで一つの現実であるように浮かんでくる中でも、結果的に自分自身『難しい』事を達成しているのかもと思う時がある。スマホで異様に難易度が高いパズルゲームをやっているけれど、奇妙な事に放り投げようという感覚にはならない。難しさへの『耐性ができている』のだろうか。というかそのゲームについて言えば、面白いネタを探す事とさほど変わらないんじゃないかと思う。


友人の影響もあり、レトロゲームに惹かれていっている。特に初見殺しがあるような難易度の高いゲームはむしろ今の時代にあらゆることを駆使してクリアするものとして別な価値を与えられているようにも感じる。少なくともそういう事を『楽しい』と感じる心があるならば、未来が開けてくると言えるのかも知れない。


ゆき

Posted by なんとかさん on   0  0

初雪。もう12月になりそうだから普通といえば普通だろうか。体調管理の必要性をひしひしと感じる。心境的にはまた一つ更新されたっぽく、何を求めてゆくかについてちょっとした変化があるかも知れない。


最近になって『やる気』のコントロールが上達してきたと感じられる。結局肝となるのは考える前の段階での『形式的』な行動で、形式的に動いてゆくからこそそこで必要性を再確認する流れが出来るのだと思う。そろそろ一つの目標も達成できそうなので、創作も含めて色々試す時間を増やしていきたい。



てま

Posted by なんとかさん on   0  0

そこそこ集中力が高まっている日。昨日読んだ某ライトノベルの影響で高校時代の事を何となく思い出していて、不思議な事に当時特に何もしていなかったのにそれはそれでいい時代だったような気もしてくるから困る(困らないかも)。後はネットの動画などで自分の世代に直撃するような内容物を見てしまうと、


<やっぱり似たような感性の人の話はツボだな!>


と思ってしまう。学生時代から「あまり群れない」側だった人間ではあるが何だかんだで『ネット文化』の洗礼を受け、敢えて用いてはいないけれど享受しているものは平均的というか、そこの主流からは外れてはいないだろうと思われる。



既にどう考えても『手間のかかる事』を求めているなとは思う。最近始めたスマホのパズルゲームもしかり。それでも『それが正しい姿なのかもな』と思えてしまう程には捉え方が変わってきている。



ねんねこざむらい

Posted by なんとかさん on   0  0

見るものは見た、という感覚になり就寝を決めて二階に上がる。部屋でしばしの寛ぎ体勢になったところで『トコトコ』という足音が聞こえてくる。


「ナナ!」


最近になって何故だか夜にこの部屋にやってくる習慣ができた一番年下の女の子である『ナナ』が現れたのを見て呼び掛ける。その呼びかけに対する反応はしかして鈍い。鈍いというか、一鳴きする必要性をあまり感じていないかのようである。こちらも猫を飼うようになってからの習慣で、なるべく猫に心地よさを味わってもらう為に横たえ気味になっていた身体を起こして『ナナ』に近寄り「頭だけ」を撫でる。雌猫の性質なのか『ナナ』は何処も異常がないのに身体を触られるのを嫌がるタイプで、おそらくは敏感な体質なのだと推測している。その為、どんな猫でも嫌がらないという「頭」だけを集中的に、時には顎をさするように撫で、ご機嫌取りを敢行する。



ぐるぐるぐる…



現金な猫らしく顎さすった途端に喉鳴らし、止めるとすぐ音が止まる。こちらも寝る準備をしているのであんまり続けていても苦行になってくるので気が向いたら愛撫を再開することにしている。『ナナ』はその後、『香箱座り』と呼ばれる例の体制のままで目を閉じ始めて沈黙する。様々な性質に加えてショートスリーパーという属性まで有している個性派の娘は、ここからウトウトしつつも半分起きているという謎の時間を過ごすのである。



<構いすぎると嫌がられるけど、構って欲しいんだよなぁ>



こちらとしては静かにしてもらっているから困らないのだが、何となく勿体ない気がしてしまう。『こういう猫だから』と分かっている今となってはこれがベストなスキンシップかなと思ってはいる。


<やっと「こういう猫」って分かるようになったんだなぁ…>



可愛らしくこじんまりと佇んでいる『ナナ』を見て、自分の中に『ナナ』という存在が出来上がっているような感覚になっている事に気付いた一瞬であった。『ピー』や『ジロウ』はオスだったからか元から持っていた猫のこういう感じというイメージで接していて、分かり易かったのかも知れない。身体が小さく、いかにもやんちゃなタイプという『ナナ』は成長するに従って女の子らしい繊細さを見せる時があり、イメージが安定しなかった。



今の『ナナ』の心の中を人間語に翻訳するとこんな感じだろうか。


『わたしは、ねむい』


基本的にあんまり考えてなさそうである。じゃあこちらもボチボチ寝るか。



☆☆☆☆



夜間、一度はやってくる尿意で目覚める。時間は日によって違うが2時とか3時である。流石に冬になってきた今は一刻も早くトイレに行って戻ってこようとする本能。そそくさと部屋に戻ってきた時、『ナナ』が相変わらず寝ているんだかいないんだかの体勢で固まっているのを見る。その時、僕の心の中にこんな言葉が浮かんでくる。


<今、この勢いで猫にご飯をあげてしまえばもう一回起きなくていいぞ>



そう『ジロウ』同様『ナナ』も深夜にご飯を食べる習慣を持ってしまっていて、後で起こされるよりは今済ませてしまった方が合理的とも言える。ただこれには一つ落とし穴があって、この部屋で待機している『ナナ』については一緒に台所に向かって新しい餌が皿に盛られたことを認識するだろう。けれど猫は証言者になり得ない。運が悪いともう一匹の『ジロウ』が餌を上げたという事に気付かないまま数時間後何処からともなく現れて僕を執拗に攻めてくる。



端的に言えばそれは一種の『賭け』であった。一方で全然別の事が僕の頭に浮かんでくる。


<せっかくこの部屋にいる『ナナ』もなんかしてあげたいなぁ…>



その瞬間僕には『ナナ』の姿がなんとなく『健気』に見えてしまったのである。結果として僕は『ナナ』を引き連れて階段を降り、いつものルーティーンでプラスチックの容器に予め移しておいたご飯を与える。




もしかすると『健気』なのは僕の方では?と思わなくはない。『ジロウ』に起こされない事を願って部屋に戻る。

夕陽のような

Posted by なんとかさん on   0  0

だんだんと日が短くなっているのを感じる。一か月先であるもののクリスマスの事を何となく浮かべてしまうこの頃で、ある種の刺激物になる情報をなるべく少なくして想像を広げながら過ごすにはもってこいの状況だと思われる。


しばし続いていた咳の症状が漢方のお陰か良くなっていて、少しの鼻声が「治りかけ」という風合いを醸し出している。『麦門冬湯』という種類の漢方が合うらしくて、過去にも同じ症状の時にお世話になっている。健康を維持できれば自分が出来る事はできるし、物事の捉え方も極端にはならない。創作をしている都合上、作品ができないと不満に感じてしまう難しさはあるけれど、なにしろそこかしこにエンターテインメントが溢れている世界になっているからそれを素直に喜ぶべきだろうと思う。


実際、この猫の姿を見ていると今日は本当にポカポカしていて非常に過ごし易いのが分かる。最近「猫話」で書いている話の中での「ピー」に当たるのがこの猫である。あの文章のモノローグは完全には自分と一致していないし、何より『リアルタイムの描写』として書いているから物理的に一致させるのは不能だ。けれど、猫とのコミュニケーションはリアルタイムの方が断然面白い。という理由でああいう形式になっているが、個人的にはあれは猫との間に生じる、猫によって呼び覚まされる『自分』なんだろうなと思う。



でばいす

Posted by なんとかさん on   0  0

ちょっと欲しかったものが手に入ってテンションが上がっている。それによって今あるデバイスの使用法の可能性が広がり、可能性が広がるという事は多少なりとも活かせれば嬉しいことも起こる。


簡単に言ってしまえばiphoneをテレビに接続する機器を購入したのだが、完全に『手軽さ』がメリットになる。ますますコタツから動かなくていい環境が整って、あまり見ていないテレビの活かし方としても悪くはないと思う。


活かす活かさないでいえば、アプリにしろ機器にしろ活かし切っているものは少ないのかも知れない。あればあったで『ストレスが無くなる』という意味で喜ばしいし、そもそもそれが近くに売っていたという事が朗報だった。エンターテインメント全盛ともいえる時
代で、コンテンツの楽しみ方として気軽に楽しめる事も求められている。


正直、音楽等については『無くても生きていける』とは言い切れないレベルで欲していて、実際ある場面を乗り切る為に必要だった作品も沢山ある。そう感じているからこそ、欲している時にはデータも含めてすぐに触れられるようにしておきたいという希望はある。



実際に『それが出来る』という事も時代だなと感じる。



留守番ねこ

Posted by なんとかさん on   0  0

帰路の電車で猫を想う。規則正しい振動に揺られながら、すっかり暗くなった窓の外に目を遣る。寒暖差で少し曇ったガラスとそこに映り込む自分の姿が辛うじてこの状況を認識させていて、割と疲労でぐったりしている自分には家で待つ猫達の事しか思い浮かばなくなっている。


新幹線などの移動後、在来線に乗り換えてあと数駅という所まで来て、この行程はそもそも猫を優先させた結果なのだが『早急に帰宅する事』への優先度を上げてゆくと人間側の都合が非常に悪くなるという理由で一本だけ電車を見送ったが、それでも結構シビアな場面が生じた事を何となく振り返っている。よりによって体調が万全ではないという状態で遠出する必要に迫られていたから猶更、「やっとここまでた辿り着いた」感が凄い。先ほどまで近くに立って駄弁っているらしい女子高生二人組とのテンションの違いをどうにも意識してしまっていたが、電車の中でグロッキーになるのは本来は宜しくないし、むしろこの場面においては自分の方が『異質』なのだと言い聞かせるように何とか耐えていたと思う。



だいぶ車内のスペースにもゆとりが出てきた頃に着席して、今更スマホを弄る気力もないので猫の事を考えている。猫は家でどうしているだろうか。一泊ではあるものの、今が夜で留守にして大分時間が経過している。ケンカ、については大丈夫だと思うが大量に置いておいた餌については、そこに誰かが嘔吐していたりすると食べれなくなるという懸念があった。水は前述のネコ用の給水機によって問題はないが、後は猫のストレスだろうか。暴れるのは全然いいのだけれど不安にさせたくはないなと、そういう気持ちが強く意識される。



☆☆☆



帰路のそんな憂慮は自宅に辿り着いた時に一気に消え去る。何か「あれ?いままでどこに行ってたの?」的な表情で『ナナ』に迎えられ、「むしろそんな事よりご飯をくれ!」という態度で台所に向かう『ピー』。『ジロウ』に関しては2階のベッドでウトウトしたまま降りて来ようともしない。


何事もなく過ごしていたのは良かったけれど、それはそれで飼い主としては複雑な心境という。それならそれで二泊でもイケるんじゃないかと思うようになるのかならないのかは微妙な所である。なぜなら、僕が猫に触れられない日が二日以上という方が困りそうだからである。

加える

Posted by なんとかさん on   0  0

少し時間は空いたが更新。乾燥のせいか咳が出て、遠くに移動しなければならない用があったため全体的にちょっときつい日が続いた。それでも過去の経験が活きて今は心身共にリフレッシュして、活動的である。


ザ・イエローモンキー関連の朗報が続く。アルバムのレコード大賞のニュースとか、FNS歌謡祭への出演とか、YOUTUBEへのライブ映像の配信とか、他にも数えきれないくらいである。実際問題自分がどうにかこうにか出来る事ではない所にある朗報なので、そういう風にあって、またそういう風になってゆく『世界』に対して肯定的な捉え方ができる心境になる。



問題が無いというわけではないが、それでも多くの人が十分努力した結果として実現されている『現実』という捉え方をすると、時には「最高だ!」と思うのも悪くはないと思う。一方で、どうにかなるんじゃないかと思う事があるのはこれからの課題として存在しているのは間違いない。



『微妙に』、という感じだけれど付け加えられるものがあるならという感覚になっているかも知れない。




あきばれの

Posted by なんとかさん on   0  0

天気がよく、今日は県民お馴染みの「福島駅伝」の日である。地元のチームが健闘していたので何となく誇らしい。全体的な、というか総合的な見方としては悪くはない時間が続いている。


歳を重ねたのもあるけれど日頃『総合的に』捉えている意識が大きくて、何かが良くても何かがあまり好ましくないという状況が結構多いんだよなという印象になっている。万事うまくいくという事はごく稀なのだと思うし、何かしらのリスクだったり不安を抱えているのも普通といえばそうなのかもと。


総合的に、関心事を「広く」保っている意識だと何かについてのアドバンテージを上手く活かせる方法が浮かんでくる。というかどうもそういう捉え方で過ごすことが求められているような気がする。


なんだかんだで出来る事が出てくる。半分くらい満足している気もしているし、楽しみもある。何かの達成感は味わいたいなと思ったり。後は好きなアスリートとか、ミュージシャンを応援する心境である。



該当の記事は見つかりませんでした。