FC2ブログ

じんにん

遊歩道を歩いていると、苦しそうにうずくまる30手前くらいの男性がいた。反射的に、

「大丈夫ですか!?」

と傍に寄ってしまった私を批判する者は誰もいないと思う。人道的に。だが男性は必死の形相で『あっちいけ』のジェスチャーをする。

「そんな事いっている場合じゃないでしょ!!今救急車を…」

救急車と言った途端、男性の表情は次第に青ざめてくる。何かマズイことを言ったのだろうか。男性は匍匐前進をするように、その場から逃げようとしている。ここらへんで私も、何らかの事情があるという事を察したので、彼に言うことにした。

「じゃあ、とにかく休めるところまで運びますから。大丈夫です、誰にも言いませんから」

するとようやく彼は私に従った。近くのベンチまで彼を運び、横にして寝かせる。このまま立ち去っても良かったが、私は少し事情が知りたくなった。何故そんなに必死に抵抗したのか?だがこれを訊いたのが拙かった。

「誰にも言わないでくれますか?」

「ええ、もちろん」

「実は、僕テレビに出てるんですよ」

「は?はえ?」

こんな人見たことあるかな?というような表情をしていると彼はガッカリそうに語った。

「やっぱり知らないですよね。テレビと言ってもコマーシャルで、さる栄養食品のチョイ役で」

それでも見たことはない。それで、それが救助を断るのとどう繋がるのだろう?彼は苦々しい語り口で喋った。

「実は今日も、新商品のコマーシャルの撮影があった帰りで、その栄養食品いくらか食べたんですよね」

「はい」

「きっと何でもかんでも栄養のあるものを混ぜたからでしょう、その中に、運悪く私のアレルギーになる食品が、」

「なるほど、含まれていたわけですね」

「そうです。」

で、それがバレるとあんまり良くはないから、断ったと。私は一人納得しかけた。が、彼は意外な事を語り始めた。

「いえ。実はそうじゃないんです。実は私、俳優を隠れ蓑にして、さる国家のスパイとしてここに派遣されているのです?」

「は?スパイ?」

「はい。そうですスパイです」

「それって言っちゃまずくないですか?」

彼は一瞬黙考した後、即座にこう答えた。

「いえ、別にそれ本職じゃないんで。」

「へ?じゃあ何が本職で?」

「実は私、さる惑星からこの星の生態系を調査にやってきた宇宙人なんです。だから身体調べられるのは困るんです」




…まずい。何を信じよう。どこまで信じよう。私は、しばし逡巡し、彼にこう言った。


「わ…分かりました。つまり、何であれ上の人に知られたくないって事なんですよね。分かりますよ、私もそういう経験はしていますから。この件は内密にしておきます。ち、ちなみに」

「何でしょう?」と、すっきりした表情の男性。

「何がアレルギーなんでしょうか?後学のため…」

「人参」


即答だった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

正直に言います。よく判りません

 が、何か知らないけどじわじわ来ますね。
 こんにちは。
 この訳の判らなさか癖になります。
 ともあれ、人参は子供だけでなく宇宙人も嫌いなんですね。

Re: 正直に言います。よく判りません

こんにちは。

「人参嫌い」と言うだけで途端に親近感が湧くのは何故なんでしょうか。私は人参が好きですが、生に近い状態で齧ってしまったときとかは激しく後悔します。嫌いになるのも分らなくないな…
プロフィール

なんとかさん

Author:なんとかさん
ナンセンスな物語を書くつもりです。リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
普通のカウンター
投票
無料アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR