FC2ブログ

徒然ファンタジー25

9時になるとシェリーは店を開けた。リリアンは店の手伝いをする事にしたのだが、ジェシカはシェリーに店の商品を眺めていてと言われたのでその通りにしていた。そのまま30分は過ぎたがお客が現れる様子は無さそうであった。堪らずリリアンは言う。


「ねえ京子、店っていつもこんなもんなの?」


「そうね。まあこういう所だから」


シェリーは特に困った様子を見せていない。むしろ自分のペースで坦々と作業を進めている。しばらくしてリリアンは「店」とはそういうものなのだと理解した。実際、その後人が全く来ないかとそうではなく、時々店の横の駐車場に車が停まって、常連と思われる人が慣れた様子で入ってくる。シェリーが「いらっしゃいませ」と言ったのを真似するリリアン。その後シェリーは常連にリリアンの事を手短に紹介していた。シェリーはリリアンと話している時よりもいくらか穏やかに接客していていたが、無理に作ったところがなく自然な感じでお客と会話をしていた。


「あんた、なかなかやるじゃない」


お客が接客に満足して商品を買って出ていったのを見て感心したリリアン。


「そう?そんなに凄いことでもないと思うけど」


謙遜はしているが、そのトーンには自信が窺われた。


「まあそうじゃなきゃ店なんて持てないのかもね」


リリアンが納得して入る一方でジェシカはさきほどからそわそわし始めていた。一通り店の中の見回ると、だんだん店の外が気になりはじめたのである。基本的に外に人通りはないが店の正面の道路は車が横切るので、そちらに注意が惹きつけられたのもあって、次第に<外を歩いてみたい>という気持ちになったのである。


「ダメなのかなぁ…」


ぼそっと呟いた声と窓の外を見ている姿にリリアンは何か察したようである。


「ジェシカ、もしかして外に出たいの?」


「うん」


「リリアン。ジェシカと行ってきていいわよ」


シェリーが提案する。リリアンの頭の中には昨日シェリーに言われたことが残っていた。


「そうね、ジェシカが歩いてみたいっていう気持ちを叶えてあげるのも大切よね」


果たしてジェシカの希望は叶いリリアンと町歩きをすることになった。ジェシカにとってもリリアンにとっても初めての町なのであまり遠くには行けないのだがシェリーが言うには一度駅の方まで歩いて戻ってくるのが丁度良いコースになるという事だった。駅までは自動車で5分もかからない距離だが、その間に商店街のメインストリートがある。実際に歩いてみると色々と目に留まるものがあった。しばらく道なりに歩いてゆくと、ロータリーになっている場所が見えた。


「こういう古い建物はあっちじゃなかなか見ないわよね」


「ご主人さま、あれって何かな?」


「え、どれ?」


ジェシカが指さしたのは坂になっている道の方にあるスポーツ用具店である。リリアンはあまり気にしていない事だがジェシカはこの姿ならば最初から簡単な文字を認識する事が出来た。看板などは部分的に読めるが、漢字などが出てくるとよく分からなくなるという状態だった。


「あ、あれは『判子』を作ってくれるところよ」


「じゃあその向かい側は?」


「多分パン屋さんね」



こんな調子で歩いてゆくと、リリアンにも気になるものが見つかった。そこは木造の老舗と言う感じが出ている和菓子店であった。道路を挟んで隣と向かい側にも和菓子の店があるが、『何となく凄そう』という理由で店に入ってみる事にした。



「いらっしゃいませ」


元気の良い若い女性の店員の声。店の中はそれほど広くないけれど、所狭しと様々な和菓子が並んでいて、以前何かのテレビで紹介されたという事を示すような紙が貼ってあった。店の人が「どうぞ」と言ってリリアンとジェシカにお茶を出してくれた。『梅こぶ茶』というのもなかなか渋い。


「これ凄いね」


「おいしそう」


折角なので何品か買う事に決めたリリアン。あまり和菓子は食べた事がないのだが、基本的に両者とも甘党だったのでついつい目移りしてしまう。『玉羊羹』と呼ばれる球状の羊羹と最中などを選んだ。会計を済ませた頃、一人のおばあさんが入店してきた。おばあさんはリリアンとジェシカに気付くと軽く会釈する。リリアンは地元の人かなと思ったくらいだがジェシカは漠然と<優しそうな人だな>と思った。



店を後にして少し歩くと神社が見えた。そこから道路を渡って坂を下ると駅なのでこれで大体の所まで来たことになる。まあまあ歩いたのでこの辺で引き返す事にした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なんとかさん

Author:なんとかさん
ナンセンスな物語を書くつもりです。リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
普通のカウンター
投票
無料アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR