FC2ブログ

そらまちたび ⑦

思わず拾い上げた『石』のようなもの。エメラルド色で軽く自然のものではなく人工のものである。幻覚だと思っていた白い猫が実体があってそれを落としたのか、それとも実際にここに来た誰かが落としたものなのかは今は分らないけれど、少なくとも自然物ではないということは間違いなさそうだった。丁度片山さんがこちらに向かって歩いてきたので報告する。

「片山さん、こんなものが落ちてたんですけど」


「え?石?」


「はい。白い猫が落としていった…ように思いました」


「白い猫が…?」


片山さんは思案顔になる。彼はしばらく黙ってその石を見たり触ったりしていたが、


「本当に猫が居たのかい?」


と僕に確かめる。私有地のはずだし猫が入れるようにはなっていないような気がするし、もし城跡やお寺で目撃したのと同じ白い猫だったとするなら距離が離れ過ぎていて不可解である。というか常識的に考えれば猫が落としたものだと判断する方が間違っているのかも知れない。ただ僕は自分が見たものを疑えそうになかった。


「ええ、同じだったように思います…短い時間だったので確証はありませんが」


「そうかい…。この石は作りもののようだね。良く雑貨店などで売っているような…それ以上の事はちょっと分らないね…」


「そうですよね…」


「とりあえず持っていてもいいんじゃないかな」


片山さんのアドバイスで僕はそれを財布に入れておく事にした。間をおいて片山さんは窺うような口調で僕にこう言った。


「ところで、さっき知り合いに連絡していた事に関係するのだけれど、君は温泉なんか入ったりする人なのかな?」


「温泉ですか?嫌いじゃないですよ。湯船に入るのは好きな方です」


「そうか。実はね、こっち方面とは逆の方だけど山の方に温泉街があるんだよ」


「え、そうだったんですか」


「温泉も良いけれど、もし良ければ旅館なんかに泊まってみないかい?あ、今日は日帰りだったのかな…?」


「いや特に何も考えてなくて駅前のホテルでも泊まろうと思ってたんですけど、旅館に泊まれるんだったら嬉しいですね」


実際この上なく都合が良かった。何も考えずに来たは良いけれど移動手段で少し苦労していたので正直廻れる処はそう多くないと思っていたのである。


「それは良かった」


「いえ、初対面の片山さんに何から何までお世話になってしまって申し訳ないくらいです」


「いや、そんな事はないよ。私の方もこういう機会じゃないと地元の旅館に行かないから丁度良いんだよ」


何だか照れくさそうな片山さん。何でも仕事がら地元の事を調べる事が多い割に地元で宿泊した事はないので前々からこういう機会が欲しかったのだという。


「ところで…」


今度は探るように訊ねる片山さん。


「君はイケる口かね?」


「ええ、結構強いですよ」


「それは重畳。この町自慢の地酒を存分に味わいましょう!!」


僕はこの辺りですっかり片山さんにもこの町にも打ち解けてしまったような気がする。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なんとかさん

Author:なんとかさん
ナンセンスな物語を書くつもりです。リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
普通のカウンター
投票
無料アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR