FC2ブログ

徒然ファンタジー44

年が明けて正月になるとその辺りでは珍しく雪が降った。ジェシカも一度アパートの窓から見た事があるくらいだったのでリリアンに外に出ていいかを伺う。

「雪ね。いいわよ」


ついでなのでリリアンも一緒に外に出た。道路にはうっすらと積もっているくらいだけれど、それでも景色は一変して見慣れている場所でもなんだかいつもとは違うように見えた。


「これが雪なのか!白い!!」


「クリスマスとかに降ってくれると雰囲気が出るけど、これはこれで良し」


雪の感触や温度を確かめているうちに段々寒くなってきたため部屋に退避して、すっかり馴染んでしまったコタツで暖を取る。正月の間は少ないお昼時のニュースで一部地域で雪の為に交通などに影響が出ていると伝えられた。何となくここよりも北の立華京子の住んでいる所が気になって電話してみる。

『あ、京子?明けましておめでとう』


『明けましておめでとうございます』


『なんかこっち雪降ったんだけど、そっちはどうなの?』


『雪は時々積もるわよ。一応雪国だからね』


『大丈夫なの?』


『雪国なんだけど、そんなに雪国でもないのよ、これが』


『は?』


『まあちょっと仕事の関係で北の方に移動する事もあるんだけど、そっちは半端じゃないから。それと比べたらかわいいものよ』


『ふ~ん。何となく分った』


『で?他になんかあるの?』


『いや、別に…っていうのも変なんだけど』


『そうよね、何だったらジェシカに代わるわよ?』


『頼みます!!!』


提案すると瞬時に返されたのでちょっと焦ってしまったリリアン。スマホをジェシカに渡す。使い方は教えてあるので多少ぎこちないながらも耳に当てて喋りはじめる。


『もしもし…でいいんだっけ?』


『ジェシカ?そうよ。こんにちは、シェリーよ』


『あ、シェリーの声だ。もしもし、俺です』


『ふふふ、何かジェシカと電話で話すのは変な感じね』


『シェリーは今何してるの?』


『今、テレビ見てるよ。おばあちゃんの家でね』


『あ、おばあちゃん居るの?』


『居るわよ。正月は地元の神社で初詣をして、って初詣は知ってる?』


『「はつもうで」?神社はご主人さまに時々連れてってくれるけど』


『それはうっかりね。リリアンと行って来ると良いわよ。で、初詣をしておばあちゃんの家で過ごすのが私の定番なのよ』


『へぇ~そうなんだ』


『そういえば「大宮望」さんの事聞いたわよ。可愛がってもらったそうね』


『うん。望は凄かった。変身できるし』


『色んな意味でなんとも羨ましい話なんだけど、どちらかというと私もジェシカに会いたいわ』


『俺もシェリーに会いたい』


ジェシカがその言葉を伝えた後、しばらく沈黙があった。随分長い間だったので、


『あれ、どうしたのシェリー?』


と心配になって訊いてみると


『あ、今ちょっと…そのボーっとしちゃった。ごめんなさい』


という返事があった。シェリーは気を取り直したのか続けて言う。


『あのね、リリアンに聞いてるかも知れないけど多分2週間後くらいにそっちに行く予定だから』


『うん。楽しみ』


『嬉しいわ。じゃあリリアンに代わってもらえる?』


『分った』


と言ってリリアンに渡す。


『うん。大体内容は想像出来たわ。そういえば初詣まだだった。神社にはよく行くんだけどね』


『今おばあちゃんの家でのんびりしてるところ。まあ明後日には店開けるんだけど』


『そうなんだ。じゃあ今度来たときに、色々と…』


『そうね、色々と。じゃあね』


『うん』


通話が終わってしばらくそのままニュースを見ていたのだが、全国の正月の催しなどが紹介され始めてジェシカは興味津々である。地域によっては独特の風習などがあるので物珍しさでついつい実際に見に行きたくなる。正月に食べるものも地域によって大分違うらしい。

<そういえば、京子の家に行ったとき、食べたあれなんだったっけ…郷土料理とか言ってたような…>


何となく思い出していたリリアンだが、シェリーの話だと正月などのめでたい時にもその『沢山具材が入っているお汁のようなもの』を食べる風習があるらしい。


「ざっくりした感じの何かだったような…」


曖昧な記憶だがまた電話で聞き直すのも面倒なのでネットで調べてみる事にする。ノートPCを起動して、検索窓に『〇〇市 郷土料理』と打ち込む。最近ニュースになっていたらしくすぐに検索結果の上位にざっくりしてそうなひらがなの料理名があった。


「ああ、やっぱり!!」


自分の記憶が正しかったことで安堵するリリアン。PCを起動したのでついでに「大宮望」と打って検索してみる。リリアンとしては大して意図があったわけではないが、テレビの出演予定やCDの情報などを一応調べようと思ったのである。オフィシャルサイトを覗くとかなりアーティストらしい凝った作りになっていて、出演情報を探すのに少し手間取ったりしたが、新年になっての活動はお正月以降はそれほど活発ではないようである。ただ一か月後にはタイトル未定の新曲が出るという事で、レコーディングなどは行われていそうである。それを示すように公式ブログは毎日ではないにせよ結構な頻度で更新がなされ、機材に囲まれた写真などがアップされていたりした。テレビに集中しているジェシカをちょっと呼んで、それを見せると


「あ、望だ!」


と喜んでいた。その後興が乗ったので少し詳しく調べようと思って色々検索結果を開いてみるリリアン。彼女も現代人なので有名人を検索すれば様々な検索結果が出てくると知ってはいたけれど、噂話も含めあんまりあてにならなそうな情報まで目に入ってしまうので何とも複雑な気持ちになった。もっとも大宮望については大方の意見が「売り出し方が微妙じゃないか?」というところに収束していて、その流れで「大宮望はアイドルなのか?」という事について議論されるのが恒例になっているようである。分るような気もするけれど、<もっと素直に見ればいいんじゃない?>ではないかとリリアンとしては思ってしまう。勿論、そう思うのは直接会っているからという理由も大きい。


念のため「大宮望 秘密」、「大宮望 猫 変身」という大分直球な絞込みをしてみるが、もちろん「おじさま」の事とかは出てくる筈もなく、リリアンはひそかに安心した。ただし『秘密』と打ち込むと「大宮望には彼氏がいる」という誰が言ったか分らないような情報まで出てきて流石に当惑した。


「あの娘の反応を見ると、居る方が不自然だと思うんだけどね…」


と言いつつやっぱり本人に訊いて確かめたくなるのは人間の性なのだろうか。軽い気持ちで望にメールで「彼氏とかって居るの?」と訊くとすぐに「シークレットです(^-^)」と返ってきて、その文面に思わずにっこりしてしまった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なんとかさん

Author:なんとかさん
ナンセンスな物語を書くつもりです。リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
普通のカウンター
投票
無料アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR