FC2ブログ

背中で語るな

刈り込んだ草を集めてオリエンタルアートを目指していたが数時間で挫折。水面に浮かぶ妖精のようにひねくれた鬼婆から預かった書類を市役所に持っていったら案の定たらい回しだ。大抵の事は、泥船に乗っている。泥船と分かっていても取りに行かないといけないみたいな風潮はどうにかしてほしい。


それからというもの感激のない毎日で、ひたすら観劇している。ほんのりジョーク。


いい加減に脳がとろけ始めたため荒涼とした大地(アスファルト)で再びオリエンタルアートを再開。道行く人に

「それって何の迷惑行為?」

っていちゃもんをつけられたから、

「奴さん、腸が煮え繰り返って、キログラム買いしたよ。隙間風」

と意味不明な受け答えをしておいた。やっぱりかと思ったが、呆れた顔をされた。一番呆れているのはこっちなのに。一体、この世界はいつこんなにアートに厳しくなったのだろう。その鬱憤から生まれた自作のポエムがこれだ。




アルベルト!!君はなんてオートマチックイベントなんだ。
隠されたアーティファクトが軋みながら変形する


アルベルト!!時間はもうない。さあさあ決意を決めろ(重複)!!背負いこんだ
アルベルト弟が呻いている。もうそろそろ、お遊戯の時間だ


アルベルト。アルベルト。


逆さから読むと、トルベルア




いまどき、こんな幼稚なポエムじゃ誰も相手してくれそうにないなと思って、この街でちょっと名の知れた文士に添削を依頼したところ、快く断られた。することがなくなったのでまたオリエンタルアート(貝)を始動。キログラム買いしておいたアサリが役に立つ。

とりあえず何の捻りもなく貝殻状に貝を並べる。その時丁度様子を見にきた師匠に

「アサリを巻貝状に並べるとは工夫したな。感心感心」

と皮肉られた。感心とか言っておいて堂々と踏み潰していきやがった。


「自信作だったのに…」

「自信作だったのに!!」

「自信作だったのに!!!」


この悔しさは表現しても表現し足りない。オリエンタルアートが一向に完成しない代わりに、自作のポエムのネタだけが増えてゆく。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

現代アートは訳ワカメなほど良作である

 現代アート、ガキの落書きじゃないかと思う物が何千万円とか。
 したり顔したいわゆる権威と呼ばれる人が、俺は周りとは違うんだとばかりに知ったかして、たまたま目についたアートと称する異次元なものを高く評価してたりする。
 一方で、良いものは評価されずに埋もれて行く。もしくは死ぬのを待って評価を上げる。儲けるのは美術商だけ。それに乗っかろうとして世の中はますます不思議ちゃん需要が増える。世の中、実にシュールである。
 百年後、この狂った世界はどう評価されるだろう。もっと狂ってるかな。え、既に無い?

Re: 現代アートは訳ワカメなほど良作である

こんにちは。

アートの内容よりも「アートを目指して異様なオブジェを作っている主人公自体」もネタになるような気がしますが、私の書いたものの中では最高レベルにヤバい感じがするキャラクターが生まれて、一応別の作品で使いまわしています。

アートはわかりませぬ
プロフィール

なんとかさん

Author:なんとかさん
ナンセンスな物語を書くつもりです。リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
普通のカウンター
投票
無料アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR