FC2ブログ

掌のワインディングロード ⑭

先週の日曜は聡子と出掛けた。半日くらいは出歩いてショッピングやら、食事やらで楽しい時間を過ごせた。そんな日だったが自分でも面白い事にメインレースの時間、3時半頃はずっとツイッターをチェックしていた。ツイッターを頻繁に使っている方ではないし鍵アカウントで知り合いとだけやり取りしている感じなのだが、フォローしている競馬が好きな人のツイートでテレビを見ていなくても即座に勝ち馬が分ると思ったからである。ツイートでは、


『すげぇー!!!デルーカ!!!』


と騎手を称えるものがタイムラインに目立っていた。『デルーカ』とはラウロ・デルーカという今年からJRAのジョッキーになったうちの一人の外国人である。俺も昔の事はまだ分からない事が多いのだが、ニュースでも比較的大きく取り上げられて馬券を買う時に注目していたのだが、大きいレースだとずば抜けて成績が良いという印象がある。タラちゃんに言わせると、


「デルーカはもう半分日本人みたいなもんですよ」


という事らしい。テレビの勝利騎手インタビューで少したどたどしいながらも一生懸命日本語で答える姿には微笑ましさを感じる。笑顔が印象的な騎手で、こういう人には運が巡ってくるのかもなと思った事がある。そしてその日、メインレースのGⅠで見事に勝利した事が分ると、


「やっぱりなぁ~」


と呟いていた。聡子が、


「何が『やっぱりな~』なの?」


と訊いてくるので説明するとちょっと困ったような表情を浮かべてこんな風に言った。


「なんだか勇次もタラちゃんみたいになってきたね!」


確かにそうかも知れない。実際にそのレースをネットで見たのは翌日の事だった。確かに多くの人の感想の通り、


「すげぇ!」


と言いたくなるような騎乗である。大胆にも最後方からレースを進め、直線で全頭を交わすレースっぷり。初心者でもその凄さに驚かざるを得ない。ところで俺はレースも好きなのだが、やはり馬券の予想をしている時も好きだと最近気づいた。というわけで、ラウロ・デルーカという名前が載っている馬には今後も要注意だなと心に刻んだのである。



12月も後半になってくると、師走らしい慌ただしさが日常生活でも出てくる。具体的には今年の末に実家への帰省を考えているのである。一応毎年実家には顔を出しているのだが今年はちょっと特別な事情がある。



聡子を両親に紹介しようと思っているのである。



それがどう言うことを意味するのかは当然了解していなければならないだろう。両親には一応付き合って、すぐにではないけれど結婚を考えている女性が居るという事を仄めかしている。少しぎこちなくなった期間があるものの元来物わかりのいい家族で、俺が最近今の仕事に生き甲斐を感じていると伝えた時には理解を示してくれていた。


「勇次の好きなようにやればいいよ」


と父が言ってくれた時には、これで良いんだという自信もついてきた。もし今の状況で聡子を合わせたらどうなるのだろう。同じようにはいかないかも知れないが温かく見守ってくれそうな気がする。実家の両親とあまり上手くいっていない状態が続いている聡子にとっても、この機会が何かのきっかけになるのかも知れない、そういう期待も少しあった。聡子にこの計画を伝えると、


「え…本当に?」


とかなり驚いているようだった。名前の通り聡明な女性だから、もしかするとその先の事を想像したかも知れない。躊躇いがちに、


「私なんかが行って大丈夫なのかな…」


と不安を口にした。多分聡子の人柄を知れば好いてくれると思っている。今の少し複雑な事情もきちんと説明すれば理解を示してくれると思う。甘いのかも知れないが、一方で「俺の好きなように」と言ってくれているその言葉を信じて、俺は聡子を連れていきたいと思うのである。そういう俺の説得に、


「分った」


と頷いてくれる聡子。ただちょっと思わぬ条件を加えられた。


「その代わり、3人で有馬記念を見に行きましょう?」


「え…?なんで?」


思わず素で返してしまう。すると聡子はこんな風に理由を述べた。


「タラちゃん最近忙しそうだし、今月は3人で競馬場行ってないでしょ?それに…」


「それに?」


「そういう大事な事の前には大勝負が必要だと思うの!!」


「へ?」


凡そ聡子の性格からは考えられないような言葉が出てきて一瞬呆然となった。だが直感的なものだろうか、聡子の決意がその言葉には隠れているような気がした。


「そうか…」


いつの間にか俺もじわじわとその気になっていった。


「なら、絶対当てなきゃな!!」


幸いな事に俺のスケジュール方は何とかなりそうだった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なんとかさん

Author:なんとかさん
ナンセンスな物語を書くつもりです。リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
普通のカウンター
投票
無料アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR