FC2ブログ

ナンセンスとそれから

物語を書くつもりです。リンクフリーです。

宵の酔い

Posted by なんとかさん on   0  0

酔いに似た何か。導かれて紡ぎ出す言葉に春が匂う。常世からの訪れのようにみてよいものか。
去らぬものが何処(いずこ)にあるというのか。酔いの醒めと供に連れ去ってしまうのだらう。


留まると云っても、永久にではない。此処にあるうちは出会いと別れを繰り返そう。


宵の花がまた匂う。

スポンサーサイト



なんとかさん

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://katakata56.blog.fc2.com/tb.php/1337-0f8df6ed
該当の記事は見つかりませんでした。