FC2ブログ

掌のワインディングロード ㉖

聡子の提案したY県への旅行は今月末の土日に決まった。4月以降だと何かと忙しくなりそうだからという理由で割と都合のいいのが今月末だった。あまり気にし過ぎるのもどうかと思うがその週の競馬は高松宮記念というGⅠが中京なので特に中山に拘る必要もなかった。あまり遠出をした事のないというタラちゃんは不安そうに、

「何を準備したらいいですかね?」

と訊いてきたのだが、サラリーマン時代に東北方面に少し出張もした事のある俺の経験からするとこの時代はスマホさえあれば大体の事は現地で調べられるし地方といっても都市部ではそんなに不便がないので、

「着替えくらいじゃないか?」

と答えておいた。念のため聡子にも確認してみると、


「まあ、別に大旅行ってわけでもないし」


という返事が返ってきた。その返事からY県の様子を想像するのだが、今回行く予定の聡子の実家方面はどちらかというとF県に近いY市というところらしく、聡子曰く『全体的に懐かしい町並み』とのこと。文系らしく歴史的な事を幾つか教授してもらったのだが、俺の記憶力では既に曖昧である。戦国武将の上杉家がどうとか、前田慶次がどうのという事は興味深かったが観光名所という話になると聡子の表情がすっきりしないというか、


「好きな人にとっては好きな感じかな」


という曖昧な答え。それを示すかのように「泊まるところはK温泉にした方が良いと思うよ」と聡子に勧められた。K温泉について少し調べてみると何とそこには昔競馬場があったらしい。いわゆる地方競馬でタラちゃんもぎりぎり知っているくらいの知名度らしいけれど、今は場外発売所となっているらしい。その辺の事情について調べながらタラちゃんに聞いてみると、やや重いトーンでこんな風に教えてくれた。


「僕が競馬を知る少し前辺りからですが、結構多かった地方の競馬場が採算がとれずに赤字経営というのが増えてきたんです。地方のアイドルホースのアグリキャップという馬がもともといた競馬場が廃止という話が出たのも僕が競馬にハマっていった頃で、中央ならともかく地方は最近になってネットの力で勢いを取り戻してきた感がありますが、厳しい競馬場もあるらしいです。でK市の競馬場もやっぱり経営が大変だったんでしょうね」


その時俺は改めて競馬が公営のギャンブルであり、普通に経営されている事業の一つなのだという事を意識した。それこそ中央のJRAなんて毎週物凄い金が動いている凄い組織だという事は分っているし、馬一頭で何億もの金を出す馬主が居るという事実にも慣れてきた頃である。普通の企業のようには考えることはできないものの営利組織だということを考えれば採算があわなければ廃止という事も起こり得る事なのだ。イメージ的に地方に行って競馬を楽しむというのもよっぽどのことでないと難しいと思う。そして地方の競馬は中央とは仕組みが違うらしい。聡子でさえ知らなかったというその競馬場は一体どんなところなのだろう。




それはそれとして、旅行の日程が決まった日の数日後にタラちゃんにこんな事を訊かれた。


「勇次さんのサラリーマン時代ってどんな感じでしたか?」


それは漠然とした質問だったが、タラちゃんの比較的真面目な表情からそれだけを訊きたいのではないなという感じがした。俺は当時の事を思い出しながらこんな風に答える。


「まあ仕事は仕事だから今とそんなに変わってはないんだけど、そうだな、やっぱりノルマとかで余裕がなかったような気がするな。営業職だったし」


「なるほど」


「あとはやっぱり自分が何をやっているのか時々分らなくなるっていうか、何の為にやってるのか分らなくなったってのはあるよな。簡単に言えば自分には向かなかったってことで」


若干苦い経験ではあるが、それがあるから今の自分の仕事に意味を感じでやれているといえばそうなのかも知れない。タラちゃんは神妙な表情で聞いている。そこで俺はこう訊いてみた。


「もしかしてタラちゃん転職とか考えてる?」



実を言えばタラちゃんの最近の様子で例えば求人雑誌が家の中にあったり、日中出掛ける事が多くなったりしているという事から気付かないわけではなかった。ただ、それがどれくらいの気持ちで始めた事なのかにもよるから、なるべく俺は口出ししないようにしていた。タラちゃんは静かに「ええ…」と答える。



「そっか。やっぱり今のままってわけにはいかないもんな…?かな?」



「はい。実はこの前、同世代の人に会って、ちょうど就活が始まる頃だって聞いたので何となく僕も…」



タラちゃんの気持ちはよく分かる。境遇は少し違うけれど、学生時代の最後がほぼ就活の思い出で占められてしまうほど当事者にとっては大事で、俺も結局流されて決めてしまった部分があるかも知れない。『そこそこ大きい会社』にという意識しかなかったかも知れない。入社してからはそこで仕事することが思い描いていたものとはかなり違っていて、慣れることには慣れたけれど何故その仕事を選んだのか自分でも良く分からなくなった。この経験は確かにタラちゃんにも伝えておきたいけれど、今のタラちゃんの状況だとはっきりとはイメージできないかも知れない。


「タラちゃんだったら本当なら競馬とか馬に携わる仕事とかやればいいような気もするけどな!」



あまり深刻になるのもどうかと思ったので俺は軽い気持ちでそう言った。一方でタラちゃんはまだ若いし、夢を追うのもいいような気がするのも本当だった。俺の一言がタラちゃんにとっては意外だったのだろう。


「え…?」


と言って呆然としてしまっていた。俺は慌てて、


「いや、仕事って何もサラリーマンだけじゃないって事だよ。バイトだってそれで生活できればいいだろうし、それこそやりたい事をやるっていうのも仕事を続ける上では良い視点だと思うぞ」


と説明する。だがタラちゃんにとってはそれも意外な事だったらしい。


「俺、そんな風に考えた事って無かったかも知れません。そうか…そういう選択肢もあるといえばあるんだな…」



その後タラちゃんは「ちょっと頭を整理してみます」と言って少し自室に籠っていた。実を言うと俺はその週の競馬の予想を一緒にしようと思っていたので手持無沙汰な感じになってしまい同じく自室で小説を読んでいた聡子に向かって、


「聡子、買い物でも行こうか」


と声を掛けたのだった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なんとかさん

Author:なんとかさん
ナンセンスな物語を書くつもりです。リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
普通のカウンター
投票
無料アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR