FC2ブログ

掌のワインディングロード ㉘

Y市、というかY県。僕が事前にイメージしていた風景とはやっぱりどこか違っていて、デザイン性があるのだけれど質素な感じがする駅もここが紛れもなく都会とは違う場所なのだと訴えてくるようだった。一応競馬の知識があったので新幹線で通り過ぎた隣県であるF県のF市には競馬場がしっかりとあるのを一瞬だが確認できてテンションが上がった。そこからさらに北上するY県に対する印象は、正直言って薄らと穏やかな雰囲気だったが実際に降り立ってみると大井さんがそこが出身だという事実がどうもしっくり来ていない自分が居た。


駅前は人が少ない。土曜日にしてはというレベルではなくて、そもそも人がそんなに降りない駅のような感じさえあるがそれにしても人が居ない。僕のその不思議そうな表情を読み取ったのか大井さんは、


「田舎はこんなもんよ。もっとも、私はむかしここをそんなに田舎だって思ってなかったけど」


とどこか上機嫌に語る。細井さんはある程度知っているのか特に気にしていない様子だった。


「なるほど…」


そう頷いてから、見るもの全てが新しい…というか懐かしい感じがある駅周辺を少し見渡してみる。妙に開けた空間と、疎らな建物。美味しそうな食べものがありそうな店などを発見したので大井さんにこの町の名物を訊ねてみると、


「そうね、多分だけど今は牛肉とかじゃないかな。テレビとかでブランド牛として取り上げられてるの見るし」



という答えが返ってきた。細井さんは「じゃあちょっと食べたいな…」と洩らしていたが大分高級そうである。


「私の世代だとちょっと少ないけど、母親の世代はお祝いで鯉を食べてたって言うけどね」


「鯉…ですか。どんな味がするんだろう」


「まあ想像に任せます」


こんなやり取りをしながら少し歩いてバス停へ。予定だとこの後史跡を巡ることになっていたが時刻表を確認するとすぐに到着するらしい。


「うわ…次の時間だと午後じゃないか…」


細井さんが少し驚きの声を上げた。ローカル旅番組などでよくありがちなバスの本数が少ないという事象がここでも確認できたのだ。


「Y市らしいところって言われると街全体が基本的に同じような感じだし、やっぱり戦国武将とか歴史的なものを見ておいた方が良いのかなって思ったから」



大井さんがそう説明している間にバスが到着する。僕等の他にも一応お客さんは乗り込んだけれど、悠悠と言った感じ。市内循環バスが発車し、町を一通り巡っている間に窓から様子を眺めていた。多分僕だけだったら来ることもなかったような町。なにかもったいない気がして見慣れない町並みで目に留まるものがあるとスマホを向けたりしたけれど、かと言って撮るまでには至らない感じ。



そんな僕でも流石に目的地に到着した時には感心せざるを得なかった。名の知れた戦国武将の家が代々この町を収めてきたという話はどこかで聞いて知っていたけれど、その名を冠した神社の周辺にはマニア心をくすぐる物産館や歴史資料を集めた大きな建物があり、しばし歴史に思いを馳せていた。自分もそれなりに勉強は好きだったから学生時代の記憶が刺激されて面白い。学生の時の授業中の見学ではなく、本当に気軽に眺められるのであれこれ想像して楽しむ。



ここで対照的だったのは大井さんと細井さん。大井さん曰く「そんなに来た事がないから」と妙に熱心に資料を呼んで「へぇ~」とか「そうだったのか」と感嘆の声を洩らしている一方で、むかし競馬ゲームでもお馴染みのあのメーカーの戦国武将のアクションゲームが好きだったという細井さんは物産館にそのグッズが普通に置いてあるのを見てテンションが上がっていて、歴史資料もどちらかというとゲームに寄り添ったカタチで解釈していたような気がする。


「ああ、独眼竜もここが生まれ故郷だったのか!!知らなかった!!」



某独眼竜…というかあの武将はどちらかというと同じく隣県であるM県のS市の方の印象が強いが、意外な事実を知って思わず感心する。


「う~ん…でも私あの人よりも『武神』の方がやっぱり好きかな…」


大井さんは少し複雑そうだった。とにもかくにも歴史をじっくり学んで充実した気持ちになる。神社の方は意外とと言ったら失礼になるかも知れないが賑わっていて、子連れやお年寄りが多く感じた。写真を撮るならここは丁度良く、折角なので通りがかりの人に頼んで3人で記念撮影をした。


「そういえばあんまり写真って撮ったこと無かったね」


大井さんが何気なく言った事だがそれは事実だった。まあ3人で始めて競馬場に来たときとかは撮ったりしていたけれど。


「じゃあそろそろ出ましょう。今からK市に行ってそこでホテルのチェックインを済ませなきゃ」


その大井さんの言葉に細井さんは少し躊躇いがちに、


「聡子、今日はそれでいいのか?」


と訊ねる。これは僕にも分ったけれど、大井さんの実家に顔を出さなくていいのか確認していたのだ。大井さんの心境を推し量ると、複雑な気持ちになる。なにせ僕も似たようなものだから。


「うん。今日はいいの。まあ、いつか…」


そう言った大井さんはどこか寂しそうに思えたけれど、僅かに明るいような気もした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なんとかさん

Author:なんとかさん
ナンセンスな物語を書くつもりです。リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
普通のカウンター
投票
無料アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR