FC2ブログ

父親として

「パパに吹き出しを埋めてもらうの」

娘は唐突に言った。その時テレビでは鳩が豆鉄砲を喰らったシーンが特に深い理由もなく流されているところだった。娘のその容易ならざる要求に辟易しながらも、一応は子煩悩で通している父は娘を一顧してこう言った。

「たらちねの、たらたらしてんじゃねーよ、たらちゃんよ たらばがにだって たらればだろうよ」

「は?」

娘は当然のごとくこの和歌モドキに反感を覚えた。

「いや、「誰も求めてねーよ」って思ってたかもしんないけど、そこの練は甘いっていうか安直じゃない?普通はさ『たらちねの、たらこパスタで、たらいまわし たらればだって たらんてぃーの』とかでしょ?」


そう告げられた父は知らず知らずに人間的に成長していた娘を愛おしく見つめた。


<そうか、子供というのは見ていなくても勝手に大きくなってゆくんだなぁ>


しばらくしみじみと時の流れを感じていた。娘がこの世に生を授かった時の事、初めてハイハイをした時の事、初めて近所迷惑のあのやかましい歌を歌いはじめた時の事、初めて父のボケにツッコミを入れた時の事。それらすべては彼の人生にとってはどれも宝石のような思い出で、今日のこのシーンも無事彼の宝石箱の中に加えられる事だろう。


こうして家庭内のほのぼのとしたやり取りに比べて世間はやかましいものである。やれ税金がどうだ、やれ年金がどうだ、やれアメリカで突如決まった厄介な対日方針がどうだ、地方自治体の涙ぐましい努力が虚しく廃れてゆく地域がどうだ…そんな事を考えていると腹が減ってくるので辞めにしよう。というか、その方が無難である。


ところで娘はその時少なくとも一瞬は真剣に学校の大して重要でもない些末な宿題に取り組もうと思ったけれど、肝心の父親がまたトリップしかけいるので再び途方に暮れ始めた。大して重要でもないと分っているから本気になれない。だからといって雑にこなしていては自らのプライドと体面に関わる。少なくとも自らが「やった」という気分にならなければこの宿題は済ませたとは言えない。なまじ父が与えたギャグ漫画の英才教育という偏愛が彼女を苦しめてもいるのである。


「いや、たらちねのはいいと思うんだよ」


娘はコタツの上のみかんの皮を剥きながらそう独りごちる。この頃タンパク質が足りてないと思うけれど具体的にどうしたらいいのかよく分からないが、みかんでタンパク質は補充できるとは思えない。ついつい手当たり次第に間食してしまうのもそのせいだと言い聞かせているけれど、少し無理があるだろうか、何てことが頭を過ぎった。


「パパはさ、そもそも最近始めた瓦割の修行について自分自身どう思ってるの?」


相撲レスラーに巴投げを喰らわせるような気持ちで父を揺さぶる。そこでめくるめく旅から戻ってきた父は少し遠い目をしてこう呟く。


「魂は合ってると思うんだよな」


「魂?」


「俺は魂は信じないが、魂は合ってると思うんだ。ぎこちないけどな」


「何の魂?」


「武道家の魂だよ」


「ごめん、ちょっと迷子になっちゃうから詳しく説明して。なるたけ論理的に」


そうお願いすると父は背もたれからぐっと身を起こして身振り手振りを加えて説明はじめた。それは要するに無内容だった。どういう風に無内容かというと、「武道家の魂」なるものが存在すると仮定して、それはいかなるものかは言葉で説明するのは難しい。ゆえに、「武道家の魂」は父の中にあるのかも知れないもので、それによればその魂が瓦割には適しているという事を述べているだけというものだ、


「つまり、なんとなくそれっぽいことを言ったのね」


「まあ常套手段だよな。その宿題もそんなもんだぞ。大体、その設問の設定がおかしいべ。まず平安時代にタイムトリップした学校教師が、雅なる人の前で自作の短歌を発表するという状況の吹き出しとか、それ何の授業の宿題なんだよ」


「確か今は無くなった生活科の宿題だね」


少し不思議な言葉だったので父は聞き直した。すると、


「いや教育学の歴史を研究するんだけど、昔あった生活科がどんな事ものなのかを調べる必要があって、それで具体的に当時の生活科のテキスト通りに授業をしてみようという事になって、その生活科の授業の一ページに設問があって、何でも「生活に密着した想像遊び」としてロールプレイングゲームをしてみようって事なの。で、ロールプレイングゲームも普通じゃ面白くないから、タイムトリップとか現代的な設定を取り入れて、その設定になったわけ」


その説明を聞いて父はものすごく大きなため息をついて一言。


「くっそどうでもいいな。どこからどうでもいいのかすら良く分からないくらいどうでもいい」


「それは言わない約束でしょ?」


「まあ年明けにやったら?今日は大晦日だし」


「それもそうね」


「ところでお父さん」


娘はその時「お父さん」と言い換えた。


「なんだ?」


「彼氏できたから今度連れてくる」


「『どうでもいいな』ってボケた方がいいかな?」


「どうでもよくなくはないんじゃないかな?ん?どうでもよくなくないわけじゃない?かな?」


「少なくとも、その宿題よりは大切なんじゃないかな?」


そう冷静にツッコんでみると、少しは父親らしいところを見せた方が良いのかなと思ったりする父であった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なんとかさん

Author:なんとかさん
ナンセンスな物語を書くつもりです。リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
普通のカウンター
投票
無料アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR