FC2ブログ

ナンセンスとそれから

物語を書くつもりです。リンクフリーです。

伝える試行錯誤

Posted by なんとかさん on   0  0

競馬ファンにとっては特別な時間が過ぎ、今更ながらクリスマス気分を
少しでも味わいたいなと思っていたりです。去年の今頃は少し雰囲気を
味わっていたような気がしますが、一年でこうも変わるものかと思った
り。


どう言ったらいいのか分からないのですが話すべきことがあるような気
がしていて、でもそれは言葉で説明すればやたら小難しい話になってし
まうのです。かと言って「こんな感じ」とざっくり言ってしまえば取り
逃されてしまうだろうし、伝えたことにはならないだろうなと。




少し前にも述べていた「そのままを記しておきたい」気持ちと同様に、
何かを書き残しておかなきゃと感じることがあります。それは世の中
を賑わせている事についてというよりも、自分がこの世界で感じてい
る事で、それも日々ちょっとした『感じ方の違い』があるという事な
のですが、それこそかなり昔に述べた


「ナンセンス的」なのか「ナンセンセンス的」なのか「全てには意味
がある」なのか



というような捉え方の違いに関係しているのだと思っています。少なく
とも言えることは、どういう状況にあっても「人生には意味がある」と
解釈して生きようとする部分と、「やっぱり世界は理不尽だ」と投げや
りに考えてしまうところが存在するような気がするのです。後者にとっ
てみれば前者は「必死にそう解釈しようとしているだけ」になりますし、
前者から見れば後者は「諦めるのが早すぎる」というような感じに見え
るのかも知れません。



ただし前者も後者も『意味』という言葉を巡って解釈をしているわけで
あり、ただ感覚的に捉えればどちらでもない、そんな風にも映るんじゃ
ないかと。というわけで『ナンセンセンス』というのは感覚的なものな
のですが、そこでお話が終わりというわけでもないのです。



大事なのは自分の感じ方で、どういう風に生きているかです。そこには
迷いがあり、理屈で考えて動いている時もありますし、それさえ限界を
感じることもあります。その地点でどうするかも何もないのかも知れま
せんが、<なかなか動かない>と感じている自分を動かそうとする別の
自分の存在を感じるわけです。



そこの部分の『エネルギー』としか言いようのないものを、なんとか形
にしたいという気持ちは続いていて、我ながらかなり奥の部分にある『
大切な何か』なんじゃないかと思ってしまうんです。それは作品でどの
くらい伝わるものなのか定かではないですが、短い言葉にはなり難いそ
の何かをどう出していったらいいか試行錯誤が続いています。

スポンサーサイト



なんとかさん

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://katakata56.blog.fc2.com/tb.php/1611-d1400db6
該当の記事は見つかりませんでした。