FC2ブログ

ステテコ・カウボーイ ⑬

「あーーーーー!!!!いやーだーーーー!!!」


家の中に突然響いた声に思わず身体がビクッと反応する。声の主は紛れもなく早川さんなのだが、彼女からそういうトーンで発せられるとは思ってなかっただけに思わず動揺してしまい、慌てて仕事部屋に駆け付ける。


ドアを開けるとそこには既に机の上に突っ伏して両手で縁を抱えるようにしている早川さんが居た。


「どど、どうしたんですか!?何かあったんですか?」


とにかく何があったのか確認したい一心で必死に話しかけてみる。それに対する早川さんの反応は、


「うぅ…う…いやだぁ…」


というどこか子供のような様子だった。まずは落ち着いて話をしないとなと思い、傍に駆け寄ってしばらくそのまま見守る。こちらに意識が向かってきたのか、徐々に気持ちが収まってきたようで徐に顔を上げて、


「はあ」


と一度深呼吸をした早川さん。


「落ち着きましたか?」


念のため確認すると何か申し訳なさそうに、


「すまない。取り乱してしまった」


と静かに話し始めた。


「今コーヒーを淹れますから、一度居間に行きませんか?」


我ながら良い対応をしたと思う。彼女も「うん」と頷いて、


「すぐそちらに行くから、先に待っていてくれ」


と僕に告げた。最近何があったというわけではないけれど、先月「可換環」さんとして載った作品を読んで少しいつもと雰囲気が違うなと感じていたところだったので、もしかしたら何か僕の知らない事情があるのかも知れない。何にしても僕の仕事はコーヒーを淹れることで…



いつも通りに準備をしていると僕は何だか冷静になってくる。相撲の力士の中にはルーティーンを取り入れることによって好成績を収めてるという話を聞きかじっていたけれど、僕にとってコーヒーを淹れることはルーティーンになり始めているのかも、などという不思議な考えになっていた。



キッチンから早川さんが居間に入ってきた音がしたので少し様子を窺ってみると、冷静さは取り戻しているものの、なんだか少ししょげているようにも見える。


<こんな時、僕には何ができるのだろう?>


多少不安になりながらも僕の恩人に出来ることがあるなら何でもやろうという気持ちになっていた。出来上がったコーヒーを注いだカップを両手に抱えテーブルまで運びつつ、彼女にかける言葉を探していたのだが顔を上げて早川さんがこちらをじっとみて、


「ありがとう」


と意味深な具合にいうのでなんだか今度はどぎまぎしてしまう。


「いえ、僕に出来るのはこれくらいのものですから…」


早川さんは目の前に置かれたカップにゆっくりと両手を当てる。しばらくして何か意を決するように小さく頷くと正面に座っていた僕の方を見て、



「人間は誰でも甘えたくなることはあるものだよね」


と言って優しく微笑む。その時の口調はいつもの堅い感じではなくて、前に友人の春日さんが来た時のような、こう言ったら失礼かも知れないけれど「女性」的な感じのする言い方だった。


「そ…そうですね。っていうか僕はいつも誰かに甘えたいですし、早川さんに甘えているとも…」


「まあ独り暮らしていたからさ、金成くんが居なかった時には時々こういう風になっちゃうこともあったんだよ」


この時の早川さんは僕のことを「君」とは呼ばなかった。それは妙にくすぐったい響きで、何かを勘違いしてしまいそうになる自分に気付いた。その雰囲気に耐えられない気持ちもあり、


「えっと、そういう時はどうしていたんですか?」


と早口気味に尋ねてみる。早川さんはゆったりとコーヒーを一口含んで「うん。おいしいね」と小さく呟いてから、


「あの時と同じように『放浪』していたの」


「ほ、『放浪』ですか?」


「そう。わたしにとっては『放浪』。どこに行くかも決めないでとにかく外に出て、『そろそろ帰らなきゃな』って思えるところまで歩いてゆくの」



そう言う早川さんはなんだか遠い目をしている。僕はその時気付く。


「『あの時』ってもしかして、僕を見つけてくれたあの雨の日もってことですか…?」


「『あの時』は、本当にどこまででも行きたい気分だったの」


一転して彼女は僕をじっと見つめて何かを確かめるように話し始める。


「どこに行ったってね、結局自分のところに戻ってきちゃうの。わたしは漫画家で、ずっと漫画を描いてゆく事からは離れられない。でも、自分の中の何かが<それだけがわたしじゃない>って言う気がするの。それはわたしなのか、わたしじゃないのか…でもその心が何を求めているのか、わたしには分からないのかも知れない。だから、わたしは『放浪』を自分に許しているの」


それは何だか現実感のない言葉だったけれど、一方で僕の中にある何かととてもよく重なる言葉でもあった。


「早川さんも同じなんですね」


無意識に口をついて出た言葉に自分でも驚いた。「何が同じなのか」、分からないまま「同じ」と感じていたという事だろうか?そんな言葉なのに早川さんはゆっくり頷いて、


「そう。わたしも君と同じなんだよ」


と言った。それは頼もしいようで、どこか脆くて、でもこの時僕は自分の中に何かこれまでとは違う感情が生まれていることに気付きつつあった。ただ今それを口にしてしまうには早すぎるという気もしていた。



僕は彼女と同じように一杯のコーヒーをゆっくり味わっていた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なんとかさん

Author:なんとかさん
ナンセンスな物語を書くつもりです。リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
普通のカウンター
投票
無料アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR