FC2ブログ

今回は

どうあっても難しい事は難しいという事なのだと思います。それなのに自分
はそれを続けたくなってしまう、その自分を放棄することもまた難しい。そ
んな感じです。


風邪から始まる体調不良から中々戻りきらないのと、意思疎通の面で苦労し
ています。このブログを始める切っ掛けになったある人が言うには私は、


「絶海の孤島」


という風に感じられるそうです。今もそうなのかどうかは分かりませんが、
実際さまざまな事情をどこから説明すれば今の自分を把握してもらえるか
常に苦戦しているような気がします。同じようにいつも感じている事とし
ては、



『伝わっていない』という感覚でしょうか。色んな過程をすっ飛ばして、
先入観を持たないで読んでもらえばごくごく普通なのは自分でもわかって
います。それをややこしくしているのは社会通念とか常識であり、自分も
それを素直に


<そんなん常識でしょ!>



と判断してしまうところを持っているので、そこが自分自身を見つめると
説明するにあたって途方にくれてしまうというアンバランスさがあります
。公表はしましたが、あくまで今まで通り見てほしいという気持ちがあり
ます。ややこしくしている事情は抱えつつも、実はシンプルに自分は普通
なのだと言ってしまうと言い過ぎかもしれませんが、逸脱しすぎていると
は思いません。ただ人一倍の努力をしている人間だと思っているというか
、限界まで頑張ってしまう質の人間だと思っています。




「なんとかさん」としては様々な事情を少し暈しつつ、穏当なやり方で伝え
ようとしています。




ちなみにオフレコ気味の自分の秘密というか、ある経験からの判断で、笑っ
ちゃだめですよ、普通に天国はあると思っています。でもそれを確信しすぎ
ていると一生懸命生きているのがバカらしくなるという、ただそういう理由
で確信させ過ぎないように色々な物事が配置されているという認識がありま
す。



後は常識的に合理的に科学的に無神論的に考えると、緊急事態に陥った自分
に対して脳がそういう事を確信させるような情報を与えないと「ヤバい」と
判断して「あるもの」(実体としか思えないようなもの)を見せた、という
解釈ができます。ただそのあるものの精度がほぼ実物と同じリアリティーで
あるために要するに芥川龍之介的な、非常な才能があるという解釈をする
必要が出てきます。




どちらの解釈にしても悪くはないのですが、『自分』というものがよく分か
らなくなります。実を言えば『ナンセンセンス』はそのどちらの解釈でゆく
かについて、どちらにとっても通用する『線』を描いています。つまり生き
ることには意味があると解釈するか、そもそもナンセンス的であると解釈す
るか、そのどちらでもないという、或いはどちらでもあるという、説明する
と面倒臭い意識の保ち方を述べています。




これが今のところ伝えられる内容です。今回は結構上手く行ったかも。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なんとかさん

Author:なんとかさん
ナンセンスな物語を書くつもりです。リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
普通のカウンター
投票
無料アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR