FC2ブログ

再び

その入り口があるとしたら、多分それは奏でる者を感じる時だろう。身体のどこかにそれを感じ、身を委ねるように紡いでゆく。


そう思えている時が幸福そのものであり、何かを信じれている時間であり、


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なんとかさん

Author:なんとかさん
ナンセンスな物語を書くつもりです。リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
普通のカウンター
投票
無料アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR