FC2ブログ

ナンセンスとそれから

物語を書くつもりです。リンクフリーです。

正攻法で

Posted by なんとかさん on   0  0

それほど目立ったニュースは無いような気がする。やや暑さを感じる日だが室内では過ごしやすい。そもそもが「待ち」時間という日なので最近再開したゲームで『確率』の感覚を確かめている。


ゲームの多くは特にシミュレーションゲームになると『確率』と『引きの強さ』と『忍耐力』で語れるようになる。続けているうちに現実世界にも応用できそうな何かを感覚的に学んでいるのだと思うのだが、明らかに『難しそう』とか『手応えがある』という主観と客観が複雑に絡み合った判断をしていたり、その難易度の挑戦を行うか行わないかという所でも殆ど無意識に判断を行っている直感がある。



ネットで情報を探すときにも『忍耐力』は必要だし、アイディアの組み合わせについても一筋縄ではいかない時もある。持っている情報と思考力で到達できる知と、心境とでも言うのか、そういったものを超えてゆくには半分以上『研究』の様相を呈している。



ゲームについてもそうだが何事も記録してみると『手応えが』が分かって面白い。ゲームも『理論上』の事と、現実というか実際にやってみての感覚が人間の扱えるものではないのかも知れないというような事もある。世の中に対して時折感じる難しさというのも構造的には近いんじゃないだろうか。あくまで『正攻法』で、つかめるか。

スポンサーサイト



なんとかさん

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://katakata56.blog.fc2.com/tb.php/1808-38f02f07
該当の記事は見つかりませんでした。