FC2ブログ

ナンセンスとそれから

物語を書くつもりです。リンクフリーです。

GO

Posted by なんとかさん on   0  0

今週の土日がポケモンGOのコミュニティ・デイという期間だったので地元の『お城山』に行ってみたところ両日ともいつもより多くの人がポケモン目当てに訪れていたのを見た。観光客というよりは地元民が目一杯ポケストップを回せるスポットという事で重宝しているけれど、寒空の下でもそこまで集まるものなのかとちょっとだけ感慨深くなってしまった。


ゲームというか、半分は習慣として続けている自分でも要素が増えてくると攻略のし甲斐も出てくる。珍しいポケモンに遭遇すれば幸運だなと思う位にはテンションを上げてくれるもので、何か行き詰まりを感じた時に『切り替える』効果があるんじゃないかと思っている。



ゲームにしろデータにしろ『持ち歩きたい』願望は確かに昔からあったなとは思う。スマホになってそれが実現するようになってからはある種常に『何かを蓄積できる』状態にあるような感覚で、メモは膨れてゆく一方である。けれど、そういう風に一つ一つの情報を後で明確に確認できるように蓄積できると後になって思いがけず『貴重』と感じるものをそこから見つけたりできるという事がもの凄く有利に働いていると感じる事がある。



歴史を学んだりしていると『過去』というのは思いの外再構築できる事も多いという感覚になる。ただそれは『記録』しているという条件においてなのかも知れない。最近、ノートの一つの単語を切っ掛けに思い出した事をキーワードのようにどんどんとそこに継ぎ足してゆくというような想起法が有効だと感じているが、時々『謎解き』みたいな事も生じて面白い。ポケモンGOでも何年の何月何日に「これを掴まえた」という情報が含まれているので、そこからその時の状況を思い出したりする事もあるんじゃないだろうか。



そういう事も含めてこれからもポケモンGOでは楽しめそうな気がする。




スポンサーサイト



なんとかさん

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://katakata56.blog.fc2.com/tb.php/1951-ce50fe05
該当の記事は見つかりませんでした。