FC2ブログ

ナンセンスとそれから

物語を書くつもりです。リンクフリーです。

しがみついてやるぜ!

Posted by なんとかさん on   0  0

『ジロウ』がソファーの上部にしがみつく様に眠っている。いかにも心地よさそうなその寝顔を見ていると体勢が面白いのもあってか一層愛おしく思えてくる。


<そう言えば家の猫どもは変な所にしがみつくのが好きだよな>


今日はこんな具合に記憶が刺激されている。昨日なんて今や薄さが際立つテレビ上の縁に器用にしがみついていた猫もいた。『ナナ』である。常々彼女をサルに擬えて表現しているけれど、庭の木にしがみつくところから始まり、何故だかあぶなかっしい細い場所を好み、そこでしばらくうとうとしていると案の定ずり落ちてしまう事多々。今でこそ定位置であるカーテンに身を隠しているけれど、今朝はやはり水道の狭い縁に乗っかっていた。そこで何回も鳴いて水を要求するのである。


【しがみつく】。人間にとっては例えば社会的な文脈だと今のポジションにしがみつくだとか、何となく必死さのニュアンスが伝わってくるけれど、猫の場合は別にそこである必要がないのに必死にしがみついているという違いがある。もしも僕がわざわざ苦手な高所に登って柵か何かにしがみつく様な事をしていれば無用な『必死』という事になろう。『ナナ』がテレビにしがみつくのもそう言った趣がある。



考えてみれば猫は4本足の動物だから、しがみつくのも割と自然なのかも知れないしがみつくと安心感があるというのもあるのだろうか。眠る時に何かにしがみついた体勢の方が安眠できる人もあると聞く。何を隠そう僕もその傾向があり、数年前抱きつき用にスヌーピーの巨大なぬいぐるみを購入したけれど、実際はそんなに使用していない。



「むしろ…」


僕はそこで気付くのである。『ジロウ』がこのしがみつき、もしくは抱きつき体勢になる際、何故だかその『ジロウ』事態にしがみつき、抱きつきたい欲求がむくむくと立ち上がる。色々考えているうちに『ジロウ』は移動してしまっているけれど、猫に抱きつきたい欲求というのは猫飼いなら自然だろう。スヌーピーのぬいぐるみよりもふわふわ長毛の『ジロウ』が直接布団の中に潜り込んでくれればそのまま衝動に任せて抱きついてしまう。



『離すもんか!!!』


そう意気込んで抱え込んだは良いが、段々とその体勢がきつくなってしまう事がある。何故かと言えば僕は寝相が良くないからである。寝返りを打たねば死んでしまう…とは絶対に言い過ぎだけれど、頻繁に寝返りを打っている僕に対して猫は同衾するのをいつの間にか遠慮するようになっている。



それもまたなんとやら。

スポンサーサイト



なんとかさん

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://katakata56.blog.fc2.com/tb.php/1975-0d38bccd
該当の記事は見つかりませんでした。