FC2ブログ

のっぺりサンドイッチ

出来っこないことをするのはいただけないが、かと言って途中で放り出すのはもっといただけない。というような発言を偉そうにしてみて、じゃあ己はどうなんだと振り返ってみた時、中学の頃に意気込んでみせたわりに一向に成長しないギターの腕前とか、ゲーム序盤でレベルをMAXまで上げてやるぜと豪語したわりに、そこそこ高いところから育成放棄した奴は何処のどいつだと当然の罵りを受けそうな気がしたので、今日のお説教はそこまでにする事にした。


ロープレの勇者みたいに、世界を救うために人外を蹴散らせるほど人間離れしていない一般市民。いや市民としての自覚のない、村人Aである私が・・・あ、いやもちろんこれ比喩ですけど、まあとにかく誰かを説教できるとしたって、一般論でですよ。己の体験に裏付けられた、聞いている相手を納得させるような、「私もやれるかも、いややらなきゃ」なんて思わせるような、イイ事なんて言えやしません。ですけどね、あんたそりゃ、酔いどれが、

「もう俺は終わっちまったんだぁ。\(^o^)/」

とか

「あたしはもう駄目、腐ってしまったんだわ。」

とか、あんまりにも気楽に自嘲し始めたら、村人Aだって、そんなことはねぇよって言いたくなるでしょうが。あ、シリアスな時は別ですけどね。え、自嘲してない?気にスンナ。


でもって、私が何を言いたいのかといいますとね、まず、やれ政権が、やれ首相が、やれ首相の近隣の人が、やれ首相の近隣のそのまた近隣の人が、やれ全国民が、とか統一性はありませんが、要は「名指されやすいもの」たちがですね、巷に溢れかえっているわけなんですよね。そいで、その「名指されやすいもの」から優先的に語られるわけですけど、そん中に、自分が含まれていないなっていう事を最近感じるわけですよ。疎外感っていうんですかね、いくら声を上げたところで、話題にすらなりゃしないと分かれば、もう声を上げたくなくなっちゃう。そうならもう、ロープレでもやるしかないですよ。ロープレで政治批判やらやりゃあいいんですよ。わけがわからない。


勿論、今のはほんのジョークです。というか全てに近いものがジョークと親和性が高いのは私の性質なんでしょうな。で、最初の話に戻るとですね、出来っこないことをするのはいただけないが、かと言って途中で放り出すのはもっといただけない、って話をもっと現実の中で考えてみると、私は思うのですよ、無理と分かっていても声を上げつづけていかなきゃならんのかと。私が最初に相手に説教したのは、『一般論で』、ですからね、当然それは私自身にも跳ね返ってくるわけでして、跳ね返ってきたものを弾き返せず、こうして悩んでしまっているところなんです。なんといいますか、それに対してすぐにアイディアを出せるということもないんですが、何となくですけど、レベル上げにでも勤しんでみようかなとも思えるようになったんです。村人Aというのは変わらなくても、村人A強化版くらいにはなってもいいんじゃないかって。なんだそれって話ですけど、体力と気力の数値があがれば、同じでも、同じじゃない結果がでるんじゃないか。


「でもそれって、もうアイデンティティーとして違ってない?」


っていう質問がありましたけど、「じゃあおめえら、励ましてやらねーぞ」、って言ったら、「ケアルください(泣)」って言ってきたので、コマンド『叱咤激励』で気力だけ回復させてあげましたとさ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なんとかさん

Author:なんとかさん
ナンセンスな物語を書くつもりです。リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
普通のカウンター
投票
無料アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR