FC2ブログ

吹き出し

「この吹き出しに何という台詞を入れればいいだろう」

その日私は、読者投稿のお題について悩んでいた。雑誌とかにある、台詞の部分が空白になっている絵について「ボケなさい」、「何か面白い台詞を考えなさい」的なアレである。その絵には、どこかを指さして何かを喋っている河童と、それに応対している普通のおじさんが描かれてあって、目の前に河童が居るというのに、おじさんが平然としているというところがミソである。


こんなことを言うのも何だが、私はボケろと言われる時にどちらかというとシュールな光景を好み、ベタな展開は好きではない。例えば、こういう時に、「あっ見て、UFOだ」とか入れてしまうのは、ベタ過ぎて、得意でない。ということもあって、この時もなるべくシュールな方向で一捻りしてやろうと考えていたのだ。


「あそこのカツレツ、ソースかけすぎですよね」


なんかシュールなのに普通で面白くない。もう少し、絵を生かさなくては。


「あの、子供がさらわれています。皿は割れてません」


諄い…くどい…くどすぎる。我ながら駄洒落に走ってしまう癖を何とかしたい。そうだ。こういう不条理な絵の場合は、案外一言の方が良かったりするのだ。


「くじけそうな未来」


…。何だろう、すごく不条理になってしまう。っていうか、そっちに何があるか気になっちゃうよ。考えたの私だけど。あ…そうだ。分かった。


「くじけそうな未来 フィーチャリング 人文学部」



かなり血迷ってしまったな。これ以上カオスにすると、絵なんてどうでも良くなっちゃう。しかしどれもパンチ不足のように思われる。もっと、心に響き渡るような、強烈な一言を…と思い、私は彼女に電話してみる。彼女は迷うことなく言った。




「仕事しろ」



こころにひびきわたりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

山田くーん、彼女に座布団三枚

 こんにちは。彼女の一言が最強ですね。なかなか思い浮かぶ台詞じゃありません。師匠と呼ばせてください(笑い

Re: 山田くーん、彼女に座布団三枚

こんにちは。

言われたら、即座に頭が切り替わるでしょう。○点のピンクさんか腹黒さんが言いそうな、言わなそうな…
プロフィール

なんとかさん

Author:なんとかさん
ナンセンスな物語を書くつもりです。リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
普通のカウンター
投票
無料アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR