FC2ブログ

類型A

たとえば、こんな話をするのはどうだろう。

『夢のない夢』


喰い付きが悪い。そうです、多分、そうなんです。


夢のない人だ、と昔から言われている。というか、
昔、父親に一度そう言われてから、私は自分が夢の
ない人間だ、と思うようになった。


私だって、夢なら見ている。



しとしと降る。雨が。湖に浮かぶ木馬。私はそんな
光景を見ても何にも思わない。あやふやな意識のまま
そういう事もあっても別に何か困るわけでもない
と、目を逸らし、いつものように考え始める。

「私が欲しいものはこの世界にはない。そして」

そのまま私は何処かに向かって歩き出す。



私にとって、夢は何も与えないものだ。意識の混乱
と何が違うのだろう。


あなたの「夢」はなんですか?


昔々、とある国にお姫さまがおりました。お姫さまは
とても退屈していました。お姫さまはいつの間にか
年をとって、女王さまと呼ばれるようになりました。
女王さまは退屈でした。何ひとつ不自由しなかったの
ですが。


それでも夢はあるというのだろうか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

宝くじが外れた

 夢を見た。握りしめた外れ券は風に乗って飛んで行く。描かれたピエロが舌出して笑ってた。夢なんだけど、夢が無いorz

Re: 宝くじが外れた

こんにちは。

サマーでジャンボな宝くじが売り出されている季節ですが、宝くじについてすら確率論的に儲からないと判断してしまう夢のなさで、「現実的な夢」(?)としては商店街でやっているような抽選会でそこそこの景品をゲットして、それなりに有効活用できたりするという展開でしょうか。

地味に物でもらえると嬉しいと思うようになってきた今日この頃です。
プロフィール

なんとかさん

Author:なんとかさん
ナンセンスな物語を書くつもりです。リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
普通のカウンター
投票
無料アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR