FC2ブログ

五雷食堂のカレーライス

この食堂の看板娘であるウェイトレスが運んできたのは、標準的な大きさの皿に半分だけ盛られたカレーライスだった。これを目にした私は咄嗟に、『半盛』という言葉を思いついた。並盛や大盛は盛られた量を表わしているのだから、この食堂の並盛の様子を知らない私が、半盛などと口走って良いものではないとお考えになるかも知れない。だが、私が半分という観念に囚われ、またどうしても手放したくないのは、ちゃんとした理由あっての事なのだ。


模様のない白の丸皿にはランチプレートのような仕切りなど存在しないのに、見事なまで半円だけに偏っていて、カレーライスの主役とも言える黄色い液体ですら目に見えない中心線を境に流れ出そうともしない。それは中心寄りのご飯に皿の淵からカレーをかけたのではなくて、並盛があるとしたら、そのご飯の部とカレーの部を横切って線が引かれているのである。


こんな名人芸とも言うべき盛り方は、私への嫌がらせであろうか?ところが、私には差別される謂れもないし、客としての態度だって批判に遭うレベルでは一切ない。自慢ではなく事実として述べれば、私は注文のミスも笑って許せる人間だし、食堂を出るときには『どうもご馳走さま』と一声掛ける人間である。


待ちたまえ。量の少なさをわざと強調した嫌がらせと邪推するより先に、瞠目しなくてはならない事実がある。それは、このカレーライスの奇妙な状態はどのようにして保たれているかである。この点がどうにも不可解であり、何よりも初めに考察されるべきではないのか。



では、どういった可能性が?ここでは意図的であるか偶然の産物であるかに焦点は絞られる。意図的であるとしたら、この技術を見せびらかしたいとしか考えられない。偶然ならそれだけなので、意図的でないと断言できるまで私は『誰かが何らかの目的の為に見せびらかしている』と構えているべきであろう。



誰が?それは主人か、或いはどこかで私を見ている超能力者とでもいうのか。
何の為に?単純に嫌がらせの一環として驚かせる為で目的は無いのか、それとも私という人間を掴まえてビジネスの話でもしようというのか?



ここで私が急に席を立って主人に問いただすのは、あまりにも直接的過ぎる。かと言って、見逃してしまえば奇妙な話で進展がない。もしかしたら、相手はこの異変に気付くかどうかを試しているのかも知れないのに。では、ウェイトレスを呼び、それと無くこの異様さを仄めかしてみるのはどうだろう。そうすれば、主人の仕業ではない場合でも、私がこの技術に勘付いたという告知くらいにはなる。さすれば、この告知を聞き及んだ超能力者が私にアプローチをかけて来るかも知れない。何度でも言うが、偶然で片付けてしまうのは簡単だが、それでは一見何でもない芸の裏に隠された事実はいつまでも明らかにされないだろう。


私の腹は決まった。


私はウェイトレスを呼んだ。彼女が言う。


「どうなされました?」


「よく考えてみたら、後少しでお昼休み終わっちゃうし食事する時間ないんで、すいませんお皿下げてください。」


「いいんですか?」


「ええ、よろしく。」



私は会計を済ませて、食堂を出た。結局あのとき私は厄介な事実から逃げ出そうと決心したのである。何故なら、午後に大事な会議が控えていたからで、巻き込まれてはならないと悟ったからである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

気にしないで食っちゃえば良かったのに

 そこで必要なのはカレーのレシピである。
 牛は一辺5cmの角切りにしてフライパンで表面に焦げ目がつくまで焼く。返してはいけない。焦げ目が付いて初めて裏を焼くチャンスが訪れるのだ。勿論側面も焼く。表面がよく焼けたら湯を張った鍋へぽい。1時間程煮込んだら火を止め、冷ます。油が固まったら網で取り除く。残す事は許されない。総て取る位で丁度いいのだ。次!
 たまねぎはざく切りにしてフライパンで焼く。多少焦げても構わない。というか、ちょっと位焦がした方が後々良い色に仕上がるので気にしない。あめ色にする必要は無い。あれは無駄な労力。先程の鍋にぽい。次!!
 ニンジンは1cmの角切りにしてフライパンで軽くいためる。気持ち程度でよい。これも先程の鍋へぽい。次!!!
 プチトマトを湯向きして、例のごとく先程の鍋へ好きなだけぶっ込む。はい次!!!!
 缶詰のマッシュルームをお好みで。生は高いのでここは缶詰で目をつぶろう。
 なべが煮えてきたらコンソメ少々、お茶葉二つまみ、カイエンヌペッパー適量にガラムマサラ、インスタントコーヒー一つまみ、バジルとオレガノをその時の気分でぽいぽい。あとは暫くほっとく。
 ジャガイモは良く洗ったら皮ごと別の鍋で煮る。煮えてきたら熱いうちに皮を剥がす。手ごろな大きさに斬ったら手ごろな容器へぽい。塩コショウとコンソメ少々。刻んだパセリを振りかけて蓋。よく振る! 蓋を半分ずらして後は放置。
 先程の鍋、程よく煮込んだらカレーをぽい。適量入れて溶けたら火を止める。
 30分ほど放置して、再度加熱。焦げないようによくかき混ぜる。
 白い皿の上にご飯の土手を造り、別に作ったいもを乗せ、カレーを中央のくぼみに注ぎ込む。山盛りのご飯にちょろっとのカレーに見えるだろう。だが、スプーンによる攻城が始まると、以下にそのカレーが凄いカレーかを身を持って知ることになるだろう。
 さて、どうだい、会議に遅刻した気分は。

Re: 気にしないで食っちゃえば良かったのに

こ、こんにちは。

たまねぎを飴色にする必要はないですね。そこは重要です。こんなにコメントをいただいたので特別に彼が会議に遅刻した時の言葉を書いてみましょう。


「あぁ、カレーは確かに美味しい。カレーに罪はない。私が罪深かったのは美味なカレーを、大した事のない会議の為に無駄にしようとしたことだろう。盛り方なんてどうだっていいじゃないか、たとえそれが宇宙人の手製のカレーだったとしてもカレーはレシピがあってカレーになるのだ。


そう、宇宙の始まりにもカレーがあったという。そしてカレー世紀になってリンゴもはちみつもカレーに入っている世界で、私は世にも下らない会議に遅刻するのだ。


遅刻したらやっぱり怒られるかな・・・やだな・・・」

プロフィール

なんとかさん

Author:なんとかさん
ナンセンスな物語を書くつもりです。リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
普通のカウンター
投票
無料アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR