FC2ブログ

流れるもの

某アニメの影響で、プラモを蒐集し始めてかれこれ35年になるという父。我が家の一室がプラモの為に割り当てられている。雰囲気作りが大切だという事でその部屋のBGMはかけっぱなしの当時のレコード。僕は小さい頃からそれに慣れ親しんできたためか、アルバムごと諳んじれるけれど、カラオケで歌う気にはなれない。ちなみに僕は手が不器用なのでプラモは作れないし、ロボット(と言うと父は怒るけど)の名前は一通り知ってはいるけど、良さがよく分かっていない。

「俺の好きなものは、お前の好きなもの。お前の好きなものは、知らん」

ジャイアニズムが霞んでくるほど、父は押しつけがましい。そういう父親を持った子が割り切らないといけない事は結構ある。例えば、アニメのネタを当然の知識として身につけていないといけないとか。


「そんな父に比べれば僕の趣味なんて可愛いもんだ」

僕は友人に言った。


「いや確かに可愛いよ。だけど基本的に系統とか方法とか規模は一緒じゃね?」


「全然違う。親父のは、ごついけれど、僕のは柔らかい。僕のはワールドワイドだけれど、父のは比較的ジャパンだ。一体どのあたりが一緒だというのかね?」


「この部屋に所狭しと並べられているぬいぐるみと、この部屋に来るといつも流れるBGMとか…」

「どこが?僕が好きなものは、みんな好きだし。君の趣味は知らないけどね」

「いやその理屈はおかしい」


僕は父との違いを強調するが、今まで誰も納得してくれたためしはない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

同じ穴の狢、もとい、違う穴の同類項

ロボットがぬいぐるみだろうが、絵画だろうが、焼き物だろうが、彫刻だろうが収集家って奴はアホばっかりです。本人以外に価値なんぞ有りません。価値の無いものを大量に集めて悦に浸っているだけです。しかしそのアホが増殖して一大勢力になってくると恐ろしい。価値の無いものに何百万、何千万の価値が生まれてしまう。笑うのは無価値と知って売り飛ばしている人達。
 わたし?懐中時計が・・・はい、アホです。

Re: 同じ穴の狢、もとい、違う穴の同類項

こんにちは。

収集癖があるのはある程度理解できます。本とかもシリーズものを集めたいという気分になってきて、コンプリートするとなんか充実するみたいな。今はネットがあって昔ほど集めるのに苦労しないのですが、集める事が目的になってしまうと中身はどうでもいいみたいな感じになるのは勿体ないと感じますね。

懐中時計は・・・ちょっと欲しいかも。
プロフィール

なんとかさん

Author:なんとかさん
ナンセンスな物語を書くつもりです。リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
普通のカウンター
投票
無料アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR