FC2ブログ

ぐるめねこ

猫の食事について悩む人はまあまあいると思う。自分の気に入ったキャットフード以外は
受け付けない猫は、裏を返せば気に入ったものは食べるわけで、そうなると数多くある
種類の中でどれを選べばいいのか、実際に色々買って試しながら確かめてゆくしかない。
もし猫が自分で気に入ったものを選んでくれるとしたらどれだけ楽だろうかと思わなく
もない。


その点喋る猫を飼っているうちの場合は実に気持ち良く選ぶことが出来る。何せ、わざわざ
それぞれのキャットフードについていちゃもんをつけながら食べるので。今日も試しに
新しいキャットフードを食べさせてみたのだが、マロはちょっと口をつけてすぐにこう
指摘する。


「うわ…これは臭いが良くないですね。味はまあまあで、70点くらいですかね」


グルメなマロに食べさせるだけで品評会になってしまう。売れ筋をネットで確認して
みると需要と一致しているのでマロの舌はそこそこ信頼できる。マロの良いところは
多少口に合わなくても、家計の事情を分かってくれるからなのか一応全部食べてくれる
ところである。その代わり、キャットフードはマロが気に入ったものがマロの意見を
参考にして選ぶことにしている。今回与えたのは結構いい値段がするやつで、私と
しては奮発した方である。値段の事をそれとなく伝えると、


「ご主人。高いものが必ずしも良いものかというと、それは正しい認識ではありませんよ」


「まあ、そうだな」


マロのこういう知識はほとんど日中自由に見させているテレビの受け売りなのだが、物覚えが
良いのか自分で考えるのが得意なのか、一定の処世術は身につけている。まあ、だから
一緒に話してて面倒くさい奴だなと思ったりもするのだが、今回に限って言えばマロが正しい。
どちらかというと私の方が高いものを食べさせたら喜ぶかも知れないと思ったのが甘かった
ようである。


「ボクは値段よりも中身が大事だと思うのです。猫にしてもそうでしょう。ボクは血統書つきでも
何でもない猫ですが自分で言うのも何ですが素晴らしい猫です」



えへん、と胸を張って得意げに言ってみせるが、傲慢な性格が玉に瑕である。私はそれとは別に
マロにしか答えられないような質問を思い切ってぶつけてみたい欲望が湧きあがる。私はかねがね


『猫にとってキャットフードより美味しいものって無いんだろうか?』


という疑問を抱いていた。猫が美味しいと感じるかどうかは猫が答えるわけではないから、人間が
勝手に想像しているだけである。食べっぷりがいいから美味しいだろうとか、逆にいつも残すから
不味いのかも知れないとか。でも、キャットフードよりも食べたい、例えば人間で言ったらおやつ
とかの方が美味しいとか言った事は無いのだろうか?そう言う事をマロに訊ねてみる。


「そうですね…」


マロはちょっと思案したあと、まくしたてるように言った。


「そもそも猫というのは比較的雑食なのです。どうしてもそれしかなければ案外食べてしまうものです。ですが近年のペットブームによって、ペットにとっても良い食事というのが考案されて積極的に実践されるようにはなっていますが、やはりボクとしては原点に立ち返って肉とか魚とかそういうものが基本にあるべきだと思います。特にササミは、おやつとしては最適で、一日に何度も食べたいのですが、そこは栄養のバランスを考えて、そして家計にも少し配慮して一日一回のお楽しみという事で我慢しています


何を言いたいのかというと、もう少しササミを下さい」



何の事はない。これはテレビで知った内容と、自分の欲求を繋げた発言でしかない。他の猫の事は
分らないが、マロの場合はササミが好きなのだろう。答えになっているようないないような…


「あ、でも」


マロは続ける。


「キャットフードはやっぱり色んなのを食べてみたいですね」


「何で?美味しいのがあればいいんじゃないの?」


「美食家はゲテモノでも食べてみたくなるのですよ…ふふふ」


と言っている間に、さっき与えた70点のキャットフードをちゃっかり完食しているマロ。我が家の小さな美食家は、とりあえず家計には優しい猫である。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なんとかさん

Author:なんとかさん
ナンセンスな物語を書くつもりです。リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
普通のカウンター
投票
無料アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR