FC2ブログ

ATJ アナザー㉑

駄菓子屋からの帰り道、私と松木さんはお互いに微妙に話しづらい感じだった。気まずいというわけでもないし、非常に恥ずかしいというわけでもない。関係に変化があったのは確かだし、告白と同等の発言をしたので本来はもうその先にどうするのかを考えるべきなのだが、私の方ではその準備があまりできていないし、つまりそれは実感が無いという事を意味していた。


「何か変な感じですね…」


松木さんの方も多分同じ気持ちなのだろう。実際問題、関係に進展があったからと言って、これから続けてゆく事には変わりはないわけだし、接し方が激変するわけでもないような気がする。言うなればさっきの事は、心のうちに秘めていた事をお互い確認し、より親密になったというだけの話なら、程度の問題であって今までの延長線上である。そうではなく、特別な関係になるという意味なら、私から何かするべきなのだろうか?


「あの…Nさん?」


「は、はい。何でしょう?」


松木さんは静かになってしまった私を見て不安に思ったのだろう。何かを確かめるように彼女は言う。


「私達って、その…何というか付き合っているという事になるんでしょうか?」


私は少し考えた末こう答えた。


「そういう事になると思います」


「ですよね…。あのちょっと変なこと訊いていいですか?」


「何でしょう?」


「いつから交際ってスタートするんでしょうか?」


「普通は「付き合って下さい」に対して、「はい」って言った瞬間からじゃないですかね」


意外にも冷静な自分。他人事のように思えてしまう。松木さんは首を傾げながら言う。


「私達、まだ確認して無かったように思えるんですけど。けじめというか…」


松木さんが『私達』と言う毎に、私は彼女の事を近く感じてゆく。それまでと違って一人の女性として見てあげなければいけないのだなと思う。あまり意識はしていなかったが、彼女は私の目から見て可愛い。守ってあげたくなるようなタイプである。多分、そう感じる事は男として自然で、むしろ同じ人間の一人として見ていたのが珍しいことだったのかも知れないと今では思う。彼女は一人の女性で、しかも私よりも若い。「素直にそう思っていいのだな」と理解した時、「特別」とはどういうことなのか、分ったような気がした。



「松木さん、いえ可奈さん」


「はい、なんでしょう?」


私の口調が変わったからなのか松木さんは少し驚いている様子だ。それはそうである、私もそこまで積極的になれるとは思っていなかった。


「私と付き合って下さい」


一瞬何かを確かめるようにそわそわして、少し俯いた後、再び顔を上げる松木さん。その目には力が籠っている。


「こちらこそ、よろしくお願いします!!」


そう云うと松木さんは少しおどけて、意地悪をするように続けた。


「ところでNさん。私の事好きですか?」


自分らしいといえば自分らしいのだが、バカップルのようにいちゃいちゃするのは躊躇われたし、意地悪には意地悪で返す事にした。


「ここで『好き』って言ったら負けなような気がするので、たとえ『好き』だとしても私は素直には言いませんよ」


すると松木さんはニヤニヤして、


「へぇ~Nさんって本当はそういう人だったんですかぁ。『素直じゃない』。メモメモ…」


と私をからかう。私の返事に対しては満更でもなさそうである。こうやって自分のあまり見せない一面を見せてゆく事もこれからは自然に出来るのだと思う。私達の新しい関係はまだ始まったばかりだし、多分もっと松木さんの事を知れるのだと思う。むしろスタートなんだなとさえ思える。


「『可奈ちゃん』も遠慮ない人だったんだね。メモメモ…」


「え…『可奈ちゃん』…」


私も私で遠慮しない。松木さんは『可奈ちゃん』と言われてとても恥ずかしがっている。俯いて耳を赤くしている姿を見て、多分こっちの方が松木さんの素なのではないかと私は思ったりする。


「Nさんはズルいです…」



そうしている間に、駅が見えてきた。空は出会った日の帰り道と同じような赤い夕焼けだった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なんとかさん

Author:なんとかさん
ナンセンスな物語を書くつもりです。リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
普通のカウンター
投票
無料アクセス解析
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR